レディース秋のカーキパンツコーデまとめ。カーキパンツを使った大人の着こなしを12選集めました。カーキワイドパンツコーデや、カーキパンツに合わせる靴の提案も! この秋は、ぜひカーキパンツを使って上品な着こなしにチャレンジしてみてください。

【目次】

レディース秋のカーキパンツコーデ


【1】カーキパンツ×白ブラウス×グレージュコート

【1】カーキパンツ×白ブラウス×グレージュコート
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ナッパ加工を施したスキン面と、短く刈ったシェアリングファー面の両方を楽しめるリバーシブル仕立てのコート。ラグランスリーブが女性らしい丸みのあるショルダーラインを形成。ファー面の襟裏にはボールチェーンの刺しゅうがあしらわれ、きらめくポイントになっています。ハイトーンのグレージュ色と、なめらかな手触りに魅了されるスキン面を表にした着こなしは、シックなカーキパンツを合わせてラグジュアリーに仕上げましょう。

【2】カーキパンツ×カットソー×グレーニット

【2】カーキパンツ×カットソー×グレーニット
パンツ(三喜商事〈ピアッツア センピオーネ〉)、ニット(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、カットソー(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、ファーストール(ストラスブルゴ〈マンツォーニ〉)、バッグ(サンモトヤマ 銀座本店〈ナンシー・ゴンザレス〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはハリのあるコットンストレッチが、気になるレッグラインをカバー。旬のロング丈ニットは、コンパクトボトムで引き締めましょう。

【3】カーキパンツ×黒ニット×ニットジレ

【3】カーキパンツ×黒ニット×ニットジレ
ニットジレ(三崎商事〈マロ〉)、タートルニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(ニール バレットGINZA SIX)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カーキグレージュのカシミヤニット×カーキブラウンのパンツ…、というカーキ系の濃淡に、引き締め役の黒タートルをレイヤード。渋い配色がむしろ心地よい大人のカジュアルが完成します。

【4】カーキパンツ×白ブラウス×イエローコート

【4】カーキパンツ×白ブラウス×イエローコート
ヴァレンティノのコート・ブラウス・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ネックレス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

上質なアルパカとヴァージンウールの混紡糸に特殊加工を施すことで、まるでファーのような光沢のあるシャギーパイルを実現したコート。裏地なしの一枚仕立てで、裾の両サイドを長くしたアシンメトリーヘムが軽快なモード感を演出してむれます。まろやかなイエローが、カーキのパンツスタイルの端正さを和らげてもくれます。

レディース秋のカーキワイドパンツコーデ


【1】カーキワイドパンツ×ゴールドベージュニット

【1】カーキワイドパンツ×ゴールドベージュニット
エス マックスマーラのニット・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ケイテン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキ色の優美なフレアパンツに、繊細なラメがきらめくゴールドベージュのニットをなじませた配色。「色合わせ」の妙が目を引くスタイリングは、ウエストインで脚長効果を強調しましょう。アイレット(鳩目)付きバッグやパテントパンプスは黒で統一して、全体をコンパクトに引き締めて。

【2】カーキワイドパンツ×ベージュブラウス×ストール

【2】カーキワイドパンツ×ベージュブラウス×ストール
ブラウス(VINCE 表参道店)、ストール(オルドス ファッションジャパン)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、ネックレス・ブレスレット(ケイテン)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュのニュアンスを含んだカーキを軸に全体を柔和な配色でまとめて。最愛のクリーミーグラデーションにクールなカーキが加わることで、ぐっと今っぽい装いにグレードアップします。

【3】カーキワイドパンツ×ブラウス×カーキジャケット

【3】カーキワイドパンツ×ブラウス×カーキジャケット
ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

わずかに光沢を浮かべたカジュアルな雰囲気のテーラードジャケットとセミワイドパンツを、茶系のニュアンスを含んだカーキで統一感をもたせた着こなし。グラデーションの色合わせの妙が、趣味のよさを漂わせます。やわらかなアイボリー色のブラウスで抜け感をつくるのもポイントです。

【4】カーキワイドパンツ×ネイビーニット

【4】カーキワイドパンツ×ネイビーニット
ニット(ブラミンク)、パンツ(Theory luxe)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ネックレス・バングル(TASAKI)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキの装いの幅を広げるネイビーとの色合わせが新鮮。ともにユニフォームカラーなので、知的できちんと感のある表情が手に入ります。アンバー(琥珀)が少々入ったような深みのあるカーキと濃紺が、こっくりと洒脱な雰囲気に。小物でパールホワイトやアイボリーカラーを差して、上品な軽やかさを演出しましょう。

【5】カーキワイドパンツ×白シャツ

【5】カーキワイドパンツ×白シャツ
シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、リング(TASAKI) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ややグレー味を帯びた深みのあるカーキに、シャツ生地の凛とした表情のホワイトが映える小粋なコントラスト。9分丈のタックパンツに、ブラウスのような趣のシャツを合わせたシンプルな着こなしも、センスの光る配色でおしゃれ感満載です。バイカラーのプレシャスレザーバッグやヌーディなサンダルなどモードな攻めの小物で盛り上げましょう。

【6】カーキワイドパンツ×白トップス×ニットジャケット×ストール

【6】カーキワイドパンツ×白トップス×ニットジャケット×ストール
パンツ(オンワード樫山〈ベイジ,〉)、ニットジャケット・ストール(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ノースリーブトップス(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ボルドリーン セレリア〉)、靴(DESPRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

落ち感が優雅なワイドパンツだから、カジュアルなカーキもエレガントな雰囲気! ハイゲージのニットジャケットも、仕事では応用力抜群です。

カーキパンツに合わせる靴


【1】カーキパンツ×カーキローファー

【1】カーキパンツ×カーキローファー
トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、カーディガン(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーディガンとパンツの、グレーみを帯びた濃淡カーキを繊細になじませるライトグレーのトップス。丁寧に色を重ねたカーキスタイリングは、大人の気品が香るようなたたずまいです。

【2】カーキパンツ×黒パンプス

【3】カーキパンツ×黒パンプス
ニット(クルチアーニ銀座店)、スカーフ(グローブ・トロッター 銀座)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)、バッグ『セラ』(トッズ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

黒の半袖ニット+カーキのパンツに、オレンジのスカーフをプラス。タンカラーの大きめバッグと調和して、大人の女性ゆえのこなれた華やぎと知的な迫力が香る着こなしが完成します。