「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」とは?

花田千絵「ほどけるとき」六甲オルゴールミュージアムに展示されています

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」は、六甲山の自然を感じながら、ピクニック気分で現代アート作品を楽しむ展覧会として2010年に始まり、今年で9回目を迎える神戸・六甲山の秋の名物イベント。

すばらしい眺望やオルゴールの澄んだ音色、高山植物や紅葉など、従来の施設の魅力を楽しみながら、ピクニック気分でアートにふれることができます。各会場間は、自家用車以外にも、六甲山上バス(路線バス:有料)の他、徒歩での移動も可能です。

秋の夜長を楽しむ!「紅葉×ライトアップ」3つの企画が新登場!

色とりどりの紅葉とライトアップが楽しめる六甲山へ、おでかけしてみませんか。

会期中10月19日からは、六甲山の木々が色とりどりの紅葉をむかえる時期にあわせ「六甲高山植物園」「六甲オルゴールミュージアム」が夕刻からライトアップされるほか、特別企画「ザ・ナイトミュージアム」も開催されます。

また、六甲ガーデンテラスの特別ライトアップ通常は鑑賞することができない日没後に、建築家・安藤忠雄「風の教会」に入場することもできるんです! 外観のライトアップだけでなく、昼とは異なるレアな空間でのインスタレーションなども楽しめますよ!

■1:ザ・ナイトミュージアム

「Summer Parasol Lighting」六甲ガーデンテラス。夏に行われたライトアップはこんな感じでした。

開催日程2018年10月19日(金)~11月11日(日)
時間:平日 17:00~18:30 土・日・祝日 17:00~19:30
料金:「六甲高山植物園」(大人¥620/小人¥310)「六甲オルゴールミュージアム」(大人¥1,030/小人¥510)※2施設共通券でも鑑賞可能 ※「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018 鑑賞チケット」で鑑賞可能
場所:六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム

移ろいゆく無数のあかりが煌めく中、ライトアップされた紅葉とアート作品が織りなす艶やかなシーンを楽しむことができそうですね。どこでなにを撮影しても、絵になりそう!

■2:六甲ガーデンテラス「自然体感展望台 六甲枝垂れ」夜間特別ライトアップ

ライトアップされた空間での限定展示や、無声映画上映などのスペシャルコンテンツも!

六甲ガーデンテラスではザ・ナイトミュージアム期間中の限られた時間のみ鑑賞可能な、スペシャルライティングを実施。期間限定のアート作品も登場するほか、無声の野外映画も上映予定とのこと。

時間:平日18:00~19:30/土・日・祝日 19:00~20:30
場所:自然体感展望台 六甲枝垂れ
料金:大人(中学生以上)¥300/小人(4歳~小学生)¥200
※「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018 鑑賞チケット」で鑑賞可能
※17:00~21:00の上記時間以外は、秋バージョン「秋は夕暮れ」のライティングを実施
※雨天の場合は営業時間を短縮する場合あり

8月の先行展示で好評だった「パラソルライティング」も、ザ・ナイトミュージアム期間限定で復活するとあって、無料で楽しめるエリアがあるのもうれしいですね。

「見晴らしの塔 Autumn Parasol Lighting」
時間:17:00~21:00 ※雨天強風の場合は、中止
場所:六甲ガーデンテラス内 見晴らしの塔
料金:無料

■3:安藤 忠雄「風の教会」夜間延長営業

「風の教会」

開催日程:11月3日(土・祝)4日(日)10日(土)11日(日)17日(土)18日(日)23日(金・祝)24日(土)25日(日)の全9日間
時間:10:00~18:30(18:00受付終了)※通常営業時は10:00~16:50(16:30受付終了)
料金:「風の教会」単館入場券 ¥500(大人・小人一律料金)
※「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018 鑑賞チケット」で鑑賞可能
場所:風の教会(神戸市灘区六甲山町西谷山)

ザ・ナイトミュージアムの特設サイトでは、夜間のライトアップ期間中におすすめの鑑賞プランや、交通アクセス、入場チケットなどの情報も詳しく解説されているので、お出かけの計画も立てやすそうです。幻想的な夜の六甲山を散策しながら、秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ザ・ナイトミュージアム特設サイトhttp://www.rokkosan.com/art2018/news/cat_info/3048/


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018|開催概要

会期:2018年9月8日(土)〜11月25日(日) ※会期中無休
開場時間:10時~17時 ※会場により17時以降も鑑賞できる作品あり
会場
六甲ガーデンテラス 
自然体感展望台 六甲枝垂れ 
六甲山カンツリーハウス 
六甲高山植物園 
六甲オルゴールミュージアム 
六甲ケーブル 
天覧台 
風の教会(グランドホテル 六甲スカイヴィラ含む) 
六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅) 
記念碑台(六甲山ビジターセンター) 
[プラス会場]TENRAN CAFE 
※プラス会場「TENRAN CAFE」の展示作品については、カフェのご飲食利用が必要です。

そのほか、詳しい開催内容や最新情報は、公式サイトにてご確認を。
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」公式サイトhttp://www.rokkosan.com/art2018/about/

公式Instagram(@rokkomeetsart)公式Twitter(@RokkoMeetsArt)のハッシュタグ「#六甲ミーツアート2018行ったよ」を見ると、どんなイベントになっているのか雰囲気もチェックできます。「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」の作品を撮影して、SNSにとっておきの写真や動画を投稿すると賞金や商品がもらえる「SNSフォトコンテスト」も実施中なので、ぜひ挑戦してみて!

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: