「ベージュのコート」を使った、40代・50代女性におすすめのコーデを、雑誌『Precious(プレシャス)』より30スタイル、ピックアップしました。

ロングベージュコートコーデや、ベージュコートに合わせたいインナーコーデ、ベージュコートにぴったりなバッグの色など、おしゃれな冬の着こなしをたっぷりとご紹介します。

【目次】

レディース冬のベージュコートコーデ


【1】ベージュファーコート×ベージュブラウス×プリーツスカート

【1】ベージュファーコート×ベージュブラウス×プリーツスカート
コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、コートのスカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ラメが輝くプリーツスカートと、はちみつ色のミンクファーで華やかにまとめたスカートスタイル。淡い色調のショート丈のミンクファーは、フェミニンスタイルによく似合うアイテムです。洗練されたクリーム配色でまとめたら、モードな香りが漂う大ぶりピアスで、旬のアクセントを。

【2】ベージュトレンチコート×ヒョウ柄ワンピース×黒スカート

【2】ベージュトレンチコートコート×ヒョウ柄ワンピース×黒スカート
トレンチコート・スカート・ヒョウ柄ワンピース・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、タイツ/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

トレンチコートにひざ下スカートのエターナルな着こなしが、今っぽいムードに昇華されているのは、スカートのスエード素材が醸し出すこなれ感と奥行きゆえ。色もデザインも極限までそぎ落としたスカートだからこそ、極上の素材のもつ表情が生きてきます。

【3】ベージュ柄コート×チュールスカート

【3】ベージュ柄コート×チュールスカート
コート・スカート・チョーカー・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

シックな2色使いが特徴的な18世紀フランスの古典柄に、野生動物を描き込んだ現代版「トワル ドゥジュイ」。自由で大胆な伝統の再解釈を、緻密なプリントと染色で、絵画のように美しいテキスタイルに昇華。

この新しい迫力美に満ちた「トワル ドゥジュイ」が、ディオールらしいフェミニンシルエットのトレンチ風コートに、神秘的な陰影と迫力を授けています。

【4】ベージュコート×黒トップス×黒スカート

【4】ベージュコート×黒トップス×黒スカート
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、靴『BボーディンモッドORDINMOD』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ピアス・リング/2個セット(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、トップス・スカート・タイツ/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

上質なベージュのコートと薄手のタートルニット、Aラインのかわいらしいスカートを合わせた、黒が主役のエレガント・コーディネート。足元に極上の「黒ブーツ」があれば、寒空の下でも心が高鳴って。控えめなレースアップが、足元のアクセントになり、ラグジュアリーな冬のコートスタイルに奥行きが生まれます。

【5】ベージュコート×ベージュカーディガン×ベージュスカート

【1】ベージュコート×ベージュカーディガン×ベージュスカート
ニナリッチのウールストレッチコート・スカート・カシミヤのカーディガン・ベルト・黒×ベージュのバイカラーのバッグ・パンプス・アントニーニのピアス(コロネット) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

凛として知的なたたずまいが人気のチェスターコートが、ゆったりとしたシルエットで断然、今年らしい雰囲気に。この美しくて程よいボリューム感は、後ろ身ごろにあしらわれた構築的なカッティングによるもので、後ろ姿でも魅せる一着。カシュクール風にウエストマークしたカシミヤカーディガンが、まろやかな女らしさを添えてくれます。

【6】ベージュコート×白Tシャツ×ベージュパンツ

【2】ベージュコート×白Tシャツ×ベージュパンツ
コート(クルチアーニ 銀座店)、Tシャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ピアス・ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

軽やかに整えられた上質シェアリングムートンで楽しむ、表情豊かなグレージュスタイル。繊細な濃淡を効かせたグレージュ小物使いでさらに洗練された印象に仕上げましょう。

【7】ベージュコート×ネイビーワンピース

【3】ベージュコート×ネイビーワンピース
ワンピース(キートン 銀座店)、コート(ebure)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

クラシックなテイストのワンピースに合わせて、きちんと感のあるコートをプラス。ダークな色味のワンピースに、優しい女性らしさが加わってエレガントです。端正なハンドバッグで、さらに絵になる着こなしに。

【8】ベージュファーコート×白カットソー×デニムパンツ

【4】ベージュファーコート×白カットソー×デニムパンツ
リバーシブルコート(三喜商事〈アニオナ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

清潔感、知的なニュアンス、心地よい贅沢さ…。グレージュの魅力をぎゅっと凝縮したような、モンゴリアンファーのコート。袖口にカールした毛を用いたラグジュアリーな一着を、この冬はTシャツとデニムに合わせ、さらりと着こなして。

【9】ベージュコート×デニムパンツ×ファー

【5】ベージュコート×デニムパンツ×ファー
コート(モンクレール ジャパン)、デニム(Theory〈JBRAND for Theory〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

フォックスファーのトリミングが分量感たっぷりに配されたダウンベストのライナーに、ダッフルコートをレイヤード。今季豊富な、付属のライナーにファーが付いたアイテムも、コンテンポラリーにファーを楽しむ選択肢のひとつです。シンプルな王道アウターにも、ハッとさせるドラマティック感が生まれます。

【10】ベージュコート×ネイビーストライプワンピース

【6】ベージュコート×ネイビーストライプワンピース
ワンピース(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、コート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のワンピースはメンズライクなピンストライプ。トップスは縦、スカートはバイヤス風に配した柄が、視覚効果でメリハリ感をアピールします。トレンチコートは袖を通さず、さりげなくはおるのが気分。コンサバにならないよう、旬の小物をチョイスするのが、今年らしさのカギになります。

【11】ベージュコート×ベージュニット×ベージュパンツ

【7】ベージュコート×ベージュニット×グレーパンツ
ニットコート(コロネット〈アバティ〉)、ニット(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、カシミヤのストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

黄みグレージュのコートを主役に、赤みのモカグレージュや、辛口のグレーを加えた上級センスの着こなし。そんな多色使いも、ブロンズ小物の輝きで華やかにまとまります。

【12】ベージュファーコート×白ブラウス×グリーンパンツ

【8】ベージュファーコート×白ブラウス×グリーンパンツ
シルクのブラウス(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ファーコート(ステディ スタディ〈イヴ サロモン〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス(グローバルコーポレーション〈ミスイ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ショート丈のファーコートと深いグリーンの大人色パンツが、ブラウスの甘さを程よく抑え、エレガントな印象に導いてくれます。

【13】ベージュコート×白ニット×白パンツ

【9】ベージュコート×白ニット×白パンツ
ケープ・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ケープの前面は、シャツを思わせる襟が軽快なテントラインに凛とした表情を添えてくれます。横面は、肩からすっと落ちるシルエットですっきりと着やせがかなう。後ろは、体の動きに合わせてプリーツから見え隠れする白が優雅な後ろ姿を演出してくれます。

【14】ベージュコート×白シャツ×黒パンツ

【10】ベージュコート×白シャツ×黒パンツ
ヴァレンティノのコート・シャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのサングラス・バッグ(ヴァレンティノジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

オーソドックスなシルエットのトレンチは、前立てと裾に配されたピラミッド形スタッズがポイントに。まるで映画の主演女優のように毅然とした女性のオーラが漂い、白シャツ&黒パンツに合わせたベーシックな着こなしもクールに着映えます。

レディース冬のベージュロングコートコーデ


【1】ベージュロングコート×黒ニット×黒スカート

【1】ベージュロングコート×黒ニット×黒スカート
エナメルパンプス『ベル ヴィヴィエ』・バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ピアス(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉)、マックスマーラのコート・ニット・スポーツマックスのスカート・グローブ(マックスマーラ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

アイコニックなメタルバックルと、存在感のあるトランペットヒールに、心ときめく一足。シンプルな黒パンプスは、ヒールやトウのデザインで、センスに差がつくもの。ひるがえるコートからのぞく黒パンプスのシルエットは印象的で、さらに女っぷりを高めてくれます。

【2】ベージュロングコート×白ニット×白パンツ

【2】ベージュロングコート×白ニット×白パンツ
カシミヤのコート・カシミヤのタートルニット・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、バッグ(ブルガリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

今年らしい、ゆったりとしたシルエットが楽しめるダブルフェースカシミヤのコートを、とびきり洗練されたベージュで。うねを際立たせた上質な織り地だから、冬の陽差しにかすかな陰影が浮かび上がり、ベーシックカラーが表情豊かになります。フードカラーの立ち具合もマニッシュで、凛としたかっこよさを伝えてくれます。

【3】ベージュロングコート×黒ニット

【3】ベージュロングコート×黒ニット
コート ・ニット・バッグ・靴(ボッテガ・ヴェネタジャパン)、タイツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

肩のなだらかなライン、ウエストシェイプ、スカート部分にボリューム感をもたせた美しいメリハリシルエットに、大きめの襟やフラップポケットでアクセントを添えたダブルブレストコート。洗いをかけたフェルテッドキャメル地の、ヴィンテージライクな風合いもリュクスな表情です。コートからのぞく首周りと足元は、タートルネックニットとマットなタイツの黒で引き締めましょう。

【4】ベージュロングコート×グレーニット×デニムパンツ×ストール

【4】ベージュロングコート×グレーニット×デニムパンツ×ストール
ニット(yoshie inaba)、コート(wb)、デニム(showroom SESSION〈サージ〉)、ストール(サーキュレーション〈ミーアンドカシミヤ〉)、ピアス・ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ライトウォッシュのブルーデニムを使ったなじませ配色で着こなす新しい表情のグレージュ・カジュアル。モヘア混ニットのシャイニーなラメ感や、コートのアルパカシャギーの温かみのある素材を重ねて、質感でメリハリをつくることが成功の鍵です。

【5】ベージュロングコート×黒ニット×ベージュワイドパンツ

【5】ベージュロングコート×黒ニット×ベージュワイドパンツ
トレンチコート・ハイネックのニット・パンツ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力。トラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技! 肩を覆うほど広いラペルや、ゆったりとした袖などトレンドを重ねることで、ベージュ×黒の王道の洗練配色が、ひときわ新鮮に映ります。

【6】ベージュロングコート×黒ニット×黒スカート

【6】ベージュロングコート×黒ニット×黒スカート
コート・ニット・スカート・ベルト・サングラス・バッグ・ブーツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

1980年代のマックスマーラのアーカイブを現代に蘇らせたワイドラペルコート。アームを細めにし、体に沿うようなシンプルなシルエットは少しフレア感を足して今年らしくアレンジ。上質なアルパカに、伝統的なジベリン仕上げを施して、波打つような光沢を出したベージュがノーブルな雰囲気を醸し出します。

ベージュコートの中に着るインナーコーデ


【1】ベージュファーコート×赤ニット

【1】ベージュファーコート×赤ニット
コート(VINCE 表参道店)、ニット(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

落ち着きのあるグレージュと旬のオーバーサイズ感で、たちまちこなれて見えるムートンコート。ルージュのようなブラウン系レッドとのメリハリに華やぎが満ちています。

【2】ベージュコート×ベージュブラウス

【2】ベージュコート×ベージュブラウス
コート・スカート(ザロウ)、ブラウス(ラルフ ローレン)、バッグ・靴(トッズ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

温もりを感じるベージュ系のグレージュコートを主役にするときは、ぼやけた印象にならないように、小物で濃淡をしっかりつけて引き締めます。上質なレザーコートの光沢感を生かしたいので、小物はマットなクロコダイルを。

【3】ベージュコート×白ブラウス

【3】ベージュコート×白ブラウス
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、手袋(アマン〈アルポ〉)、ピアス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

柄もグラデーションに味わいを生むので、コートの襟元にさりげなくのぞかせて小粋に。スカートにはモカグレージュを合わせて、温もりのある女らしさを。こうして異なるニュアンスを合わせるときに、役に立つのが白。ブラウスを白にするだけで、さまざまな色がすっきりと整理され、絶妙なグラデーションに変わるから不思議です。

【4】ベージュコート×白ニット

【4】ベージュコート×白ニット
エストネーションのコート・ア ジョリのバッグ(エストネーション)、ニット(ビームス ハウス 丸の内〈ユリ・パーク〉)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

裾にかけてAラインに広がるロング丈のコートは、動くたび、美しく豊かなニュアンスを放ちます。優しいトーンから生まれる、こんなさりげないリッチ感こそ、「グレージュ・カジュアル」の本領です。

【5】ベージュコート×白ブラウス

【5】ベージュコート×白ブラウス
コート・ブラウス・サングラス・リング(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

しなやかなラムスキンのレザートレンチは、軽やかなひざ上丈。この秋は、ピーコートを思わせる軽快なシルエットの一着にあえてフェミニンなブラウスをのぞかせ、女らしさを香らせましょう。チャーミングに着映えるスクリーンの中のヘプバーンを気どってサングラスを合わせ、辛口に仕上げるのが素敵です。

【6】ベージュコート×黒ニット

【6】ベージュコート×黒ニット
コート・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ〉)、バッグ(シャッツィ・チェン)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ニット/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

カシミヤ素材のコートは、驚くほどしなやかな着心地。全体にハトメが配されたベルトが、ミリタリーテイストを感じさせる、上品なアクセントになります。

ベージュコートに合うバッグの色


【1】ベージュコート×イエローバッグ

【1】ベージュコート×イエローバッグ
コート・ニット・手袋(キートン)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、バッグ(マルベリージャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

くすみを帯びたペールイエローは、グレージュになじみがよく、表情を明るく華やいで見せる注目色。カシミヤを贅沢に使ったダブルフェースコートやケーブルニットの豊かな素材感が奥行きのある装いへと導いてくれます。マットゴールドのトートバッグやスエードのオックスフォードシューズなどの端正な小物を効かせた、軽快なカジュアルスタイルです。

【2】ベージュコート×グレーバッグ

【2】ベージュコート×バッグ
コート・スカート・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ニット(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クリーミーなサンドベージュのカシミヤコートは、襟元のグレージュファーが洗練の決定打! 個性の強いヒョウ柄さえ、グレージュトーンで、こんなにさりげなく着こなせます。青みが強めのグレージュバッグを投入すれば、より表情が引き締まって。

【3】ベージュコート×黒バッグ

【3】ベージュコート×黒バッグ
カシミヤコート(ebure)、ムートンファージレ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、カットソー(プチバトー)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、リング(TASAKI)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

コート下にジレをのぞかせた鮮度の高い装いを、カシミヤとファーの異素材ミックスでラグジュアリーに。ボトムと小物は黒で引き締めてシャープ感をプラスしましょう。

【4】ベージュコート×ブラウンバッグ

【4】ベージュコート×ブラウンバッグ
スカート(ebure)、コート(エストネーション〈アルマローザ ファー〉)、ブラウス(キートン)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス・ブレスレット(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年

最愛のベージュを使ったワントーンは、素材の上質感が決め手です。ウール、シルク、ファーが美しく溶け合った豊潤な印象に魅せられて。