プレシャス世代を虜にする本格派、乗馬パンツ

プレシャス世代の間でひそかなブームを巻き起こしているスポーツ、それは乗馬です。と同時に「素敵なウエアが見つからない」という声も。そんななか、注目したいのが今回ご紹介するラヴァリエールです。

ブランドのディレクターであるKYOKO SHIMADA YAMAJIさんは、ファッションデザイナー島田順子さんのお嬢さんで、ご自身もライダー。幼いころからチュイルリー公園でポニーに乗り、その後本格的に乗馬を始め、競技にも出場していましたが、着たいと思える乗馬服がなかったのだそう。

そんなとき、自分でデザインした乗馬ジャケットを順子さんのアトリエでつくってもらったのをきっかけにブランドがスタート。2017年からは、乗馬服からインスパイアされた、タウンでも着られるフルアイテムも発表しています。

今シーズンのテーマは、1940年代のクラシックな乗馬パンツからヒントを得て、バラシャなど、上質で伝統的な英国生地を使用したスポーティー&フェミニンな英国的エレガント。機能美に優れたウエアは、乗馬をする人はもちろん、しない人も魅了する、必見のラインナップです!

乗馬パンツ各¥120,000(ジュンコシマダインターナショナル〈ラヴァリエール〉) [Precious2018年11月号159ページ]

私たちが求めていた究極の乗馬パンツ!

バラシャというウール100%の上質な英国の生地を使用。斜子(ななこ)織りのなめらかなタッチが特徴で、英国の騎兵将校の制服にも使われている機能美に優れたものです。厳しい馬術の世界でも通用する、シンプルで計算されたデザインに。遊び心あふれる裾部分や馬のマークなど、洗練されたディテールもポイントです。

  • Detail馬蹄モチーフをさり気なくバックルに取り入れた遊び心のあるディティールです。

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
佐藤 彩