伝統が香る、英国調のツイードで華麗な一足に

時代を超えて美しいと称されるマノロ ブラニクの靴。一過性のトレンドに左右されない、普遍的な靴づくりの秘訣は、タイムレスな美を愛するデザイナーのセンスの賜物なのです。

パリで舞台デザイナーとしての経験を積んだのち、1971年にロンドンに移り、本格的に靴づくりに専念し始めたマノロ氏。その後、チェルシーに1号店をオープンさせ、靴デザイナーとしての輝かしいキャリアをスタートさせることに。

マノロ氏にとって英国は、エレガンスの真髄が根づく魅力的な場所。ウールやツイードなどの上質素材を代々受け継いで楽しむという、英国独自のファッション文化に魅了されたのです。

マノロ氏自身も、日ごろからツイードで仕立てたスーツを愛用中。英国に魅せられたデザイナーにとって、特別な素材のひとつといえるのです。古きよき時代の面影が残るツイード素材は、どこか知的な雰囲気が漂うのも魅力。英国文化が宿る「ツイード靴」を足元に添えて、タイムレスなおしゃれを完成させましょう。

英国テイストを足元から、エレガントに!マノロ ブラニクのツイードパンプス3選

靴[上・手前]「VAZZA(ヴァッザ)」¥162,000【ヒール:7cm】・[上・奥]「HANGISI(ハンギシ)」¥148,000【ヒール:1cm】・[下]「HANGISI」¥154,000【ヒール:9cm】(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) [Precious2018年11月号334ページ]

[上・手前]デザイナーのこだわりが凝縮した、極上のオリジナルツイードを使用。水色のスエードパイピングが上品なアクセントになります。

[上・奥]アイコニックな「ハンギシ」がツイードをまとって、優しげな表情に。

[下]ライトグレーの糸にオレンジやブルーが混ざり、美しいニュアンスが生まれるのです。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
唐澤光也(RED POINT)