銀座通りや路地裏に佇む老舗商店、マロニエ通りの高級ブランド店やバラエティ豊かなアンテナショップなど、銀座の楽しみが集中する銀座一丁目周辺。さらに足を伸ばせば、古き良き昭和の面影残る有楽町方面や、近年一層注目を集める日本橋に出られるなど、街を楽しむ拠点としても申し分のないエリアです。

そこでこの記事では、銀座一丁目のおすすめレストランをピックアップ。誰もが好きなイタリアンに絞り込み、注目の良店を厳選してご紹介します。

料理人の顔が見えるグルメ・レストランサイト『ヒトサラ』でシェフがオススメするお店、ラグジュアリーマガジン『Precious』が取材したお店、プレステージなレストランの予約を得意とする『一休.comレストラン』内の口コミ評価で評判の高いお店、以上3つのカテゴリーのなかから、おすすめのイタリアン・レストランを全18軒、選り抜きました。銀座一丁目周辺を訪れた際には、是非参考にしてみてください。

【目次】

ランチが人気|銀座一丁目イタリアン


【1】サーラ アマービレ (Sala AMABILE)

サーラ アマービレ (Sala AMABILE)

銀座一丁目駅から徒歩1分、世界的なファッションブランドの路面店が入る、銀座通りに面した高感度な商業ビル・銀座トレシャス。その12階、「サーラ アマービレ」は、「サーラ」=サロンをコンセプトにしたイタリアンレストラン。同フロアにある名店「アロマフレスカ」の新業態店舗です。

そこはまさに「銀座のサロン」と呼ぶにふさわしい風貌。店内は銀座にふさわしい洗練と高級感をまといつつ、大きく取られた窓からたっぷりと自然光が差し込み、明るさゆったりとした高級感を感じさせます。週末の夜にはグランドピアノが美しい旋律を奏で、日々の忙しなさから解き放ってくれます。都会で働く女性の隠れ家として押えておきたい、優雅な空間です。

サーラ アマービレ (Sala AMABILE)

この上質なサロンで堪能できるのは、レストラン「アロマフレスカ」の味。本店はコースを通してその世界観を築き上げていくのに対し、こちらのお店は「自由な気軽さ」が特色となっています。

たとえばディナータイムは、隣にある本店と共通のキッチンで調理されるメインディッシュを、その時の気分に応じたアラカルトスタイルで。またランチタイムは、コースに含まれるドリンクを、好きなだけいただきながら、一品一品小皿に盛られた愛らしい前菜たちを、自由気ままに楽しめます。

おすすめのランチプランは「【2時間飲み放題】季節の旬食材を使った前菜小皿8品+パスタ2品+デザート&カフェ少量多皿で愉しむ全11品 7,020円」。前菜小皿8品にパスタ料理2品、好みのデザートと、さらにドリンク飲み放題が付いた、欲張りな女性も納得のプランです。8品もの小皿料理を楽しめる前菜の内容は、たとえば、「季節野菜のバーニャカウダ」、「トウモロコシの冷たいカルボナーラ 」、「アジアの香りの車海老フライ」など。

問い合わせ先

  • サーラ アマービレ (Sala AMABILE)
  • 営業時間/11:30~15:00、17:30~23:00 日/12:00~15:00、17:30~21:00
    定休日/第一週月曜日
    予算/ランチ 5,000円~5,999円 、 ディナー 10,000円~11,999円
    席数/40席(個室1室)
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-3535-6669
    住所/東京都中央区銀座2丁目6-5 銀座トレシャス 12階

サーラ アマービレ (Sala AMABILE) の詳細・Web予約はこちら >>

【2】BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar(ブルガリ イル リストランテ ルカ ファンティン イル バール)

BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar
BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar 情報提供:一休.com

ブルガリ銀座タワー9階に店を構える「BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar(ブルガリ イル リストランテ ルカ ファンティン イル バール)」。イタリアの宝飾ブランドが手がけるイタリアンレストランは、洗練された大人の街・銀座にあって、まったく見劣りしないラグジュアリーな佇まいを見せています。

9メーターもの高天井が非日常感を醸す店内、床から天井まで伸びる大きな窓からの東京の眺望が、インテリアの一部のように店内を飾ります。イタリア人建築家アントニオ・チッテリオ&パートナーズよる内装デザインは、「ブルガリ・ホテルズ&リゾーツ・ミラノ」のレストランのインテリアを踏襲したもの。ブルガリならではコンテンポラリーな世界観に酔いしれましょう。

BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar
BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar 情報提供:一休.com

この贅沢な空間でいただけるのは、伝統的なイタリアンに現代的な解釈を取り入れた、五感を刺激する料理の数々。日本の食材にも貪欲に挑戦しながら、星獲得の総料理長ルカ・ファンティン氏がインスピレーションを発揮しています。

人気のランチプランは「【乾杯酒もしくはブルガリ特製ノンアルコールカクテル付き】ミシュラン星付き!ランチ4品コース 11,593円」。構成は前菜、パスタ、メイン、デザートの全4品。内容の一例として、「鮪 プッタネスカ ケッパー、オリーヴとアンチョビのクリーム」、「スパゲッティ・モノグラーノ・フェリチェッティ イカ墨 アオリイカ 」、「和牛 玉ネギ ブラザートソース 」、「ミルクのコンポジション グラニータ ジェラート 」。

問い合わせ先

  • BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar
  • 営業時間/11:30~14:00、17:30~20:30 日祝/11:30~14:30
    定休日/レストラン:1月~9月は毎週日月定休、イル・バール:毎週日は18:00ラストオーダー
    予算/ランチ 6,000円~7,999円 、 ディナー 15,000円~19,999円
    席数/54席(個室1室)
    喫煙可否/時間帯禁煙(レストラン:終日禁煙、イル・バール:17時以降喫煙可)
    TEL/03-6362-0555
    住所/東京都中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー9階

BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar の詳細・Web予約はこちら >>

【3】ヤマガタ サンダンデロ

ヤマガタ サンダンデロ
ヤマガタ サンダンデロ 情報提供:一休.com

「ヤマガタ サンダンデロ」は、山形県のアンテナショップ・おいしい山形プラザに併設されるレストラン。「山形産なんでしょう(山形産だんでろ)」という酒田弁を、イタリア語風にもじった店名もユニーク、その名の通り、山形県の食材を使用したイタリアンを提供し、同地の魅力を発信している空間です。

店内はホワイトをベースに、ナチュラルな木目をふんだんに取り入れた内装になっており、まるで木々に囲まれているかのように穏やかな時間が流れます。これはブナの林をイメージしたデザインだそうで、居るだけで山形の自然に身を置いているかのように、心癒されていきます。

ヤマガタ サンダンデロ
ヤマガタ サンダンデロ 情報提供:一休.com

豊かな最上川流れる山形県。一方は日本海に面し、内陸は奥羽山脈や出羽三山をはじめとする山々に囲まれるこの地は、自然の恵みの宝庫です。そんな山形県の素晴らしい食材をふんだんに使用し、イタリアンを通じて同地の魅力を紹介しているのは、奥田政行シェフ。食材の良さをそのままに生かす、シンプルで体に負担のかからない調理法で多彩なメニューを展開。老若男女誰もが気軽に山形を体感できる場を、ここ銀座で提供し続けています。

人気のランチプランは「【乾杯スパークリング付】山形県の新鮮な食材を味わう、選べるメインの全5品ランチ 4,800円」。たとえば「山形県からの直送野菜のバーニャカウダ」、「庄内浜からの鮮魚のカルパッチョ」、さらに選べるパスタとメイン、ドルチェと続く全5品のコースに、乾杯のスパークリングワインもしくは山形県産ジュースが付いたお得なプランです。パスタは「小松菜と庄内豚ベーコンのペペロンチーノ」や「山形県産きのことさくらんぼ鶏のボスカイオーラ」、メインは「庄内浜からの鮮魚の一皿」、「山伏豚のグリル」、「最高級ブランド”米沢牛”の一皿(+2,000円)」などの中から好きなものを一品チョイスすることができます。

問い合わせ先

  • ヤマガタ サンダンデロ
  • 営業時間/11:30~15:00、18:00~23:00
    定休日/月曜日・年末年始・お盆、 夏季休業
    予算/ランチ 4,000円~4,999円 、 ディナー 8,000円~9,999円
    席数/36席
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-5250-1755
    住所/東京都中央区銀座1-5-10 ギンザファーストファイブビル2F

ヤマガタ サンダンデロ の詳細・Web予約はこちら >>

【4】cucina del NABUCCO(クッチーナ デル ナブッコ)

cucina del NABUCCO
cucina del NABUCCO 情報提供:一休.com

老舗ひしめく銀座で、ひと際個性的な表情を見せる「MIKIMOTO GINZA2.」。その27階「cucina del NABUCCO(クッチーナ デル ナブッコ)」は、店で毎日手づくりするフレッシュチーズが評判のイタリアンレストラン。店内はやわらかなトーンでまとめられ、オープンな印象を与える造りになっています。オープンキッチンの活気も一層の開放感とくつろぎを演出。自慢のチーズを手づくりする様子も見ものです。

cucina del NABUCCO
cucina del NABUCCO 情報提供:一休.com

銀座のど真ん中で毎日手づくりするチーズ…同店を訪れたら、こちらをオーダーしない手はありません。本場カンパーニャのチーズ工房で、イタリア人に交わり修行をしたという鎌田シェフ。手掛けるチーズは、そのフレッシュさが段違い。イタリアンを代表する食材のひとつ・チーズのおいしさを、銀座に居ながらにして再発見させてくれます。

チーズ以外のメニューも、イタリアンの基本に忠実な本格派。BIOを中心にそろえられたワインとともに、肩肘張らず楽しみましょう。

人気のランチプランは「【乾杯スパークリング付】日の光を入れた明るい店内で、自慢のパスタが選べる人気のランチを堪能 2,500円」。乾杯ドリンクからスタートし、スープ、前菜、メイン、デザートの全4品を楽しめる、お手頃なプランです。前菜「NABUCCOカプレーゼ」でチーズのおいしさを再確認。メインは6種類のパスタ、もしくはグリル料理の中から好みのものを選ぶことができます。

問い合わせ先

  • cucina del NABUCCO
  • 営業時間/11:30~15:00、17:30~23:00 土日祝/11:30~23:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 4,000円~4,999円
    席数/58席
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-6631-1117
    住所/東京都中央区銀座2-4-12ミキモトギンザ2 7F

cucina del NABUCCO の詳細・Web予約はこちら >>

【5】LA BETTOLA da Ochiai(ラ ベットラ ダ オチアイ)

LA BETTOLA da Ochiai
LA BETTOLA da Ochiai 情報提供:一休.com

その店があるのは銀座一丁目駅、宝町駅より徒歩5分の好立地。白抜きの文字が映える、赤いオーニングが印象的な店構えは1997年のオープン当時のまま…「日本一予約が取れない」イタリアンとして今やお馴染みの「LA BETTOLA da Ochiai(ラ ベットラ ダ オチアイ)」。言わずと知れた有名シェフ・落合 務氏のお店は、今なお行列が絶えません。

名店と言えど、親しみやすい雰囲気も昔と変わらず。明るいくつろぎに満ちた空間は、デートや家族での食事はもちろん、ちょっとだけ贅沢したいお一人様ランチにもぴったりです。2部屋用意された個室は、記念日などにも申し分なし。肩肘張らずに、名シェフの味を楽しませてくれます。

LA BETTOLA da Ochiai
LA BETTOLA da Ochiai 情報提供:一休.com

「LA BETTOLA(ラ ベットラ)」の名は広く知られていますが、このイタリア語が意味するところは、”安酒場”や”大衆食堂”。誰もが気兼ねなく訪れ、たっぷり食べて満足できるお店…そんなイタリアンレストランを目指したいという、落合シェフの思いが込められているのです。リーズナブルな価格設定を守り続けている点はもちろん、そのメニューの多さにも驚き。選ぶ時間までもワクワクするような外食の楽しみを、思い出させてくれるようです。

おすすめのランチプランは「【プリフィクス】前菜・パスタ・メイン料理をそれぞれ選べる至極のランチコース! 3,240円」。前菜、パスタ、メインと続く、全3品のランチコース。全40種類以上のメニューから各1品、好きなものをチョイスすることができます。

プリフィクスメニューの例は、たとえばパスタなら「からすみのスパゲティ」、「新鮮なうにのスパゲティ」、「ゴルゴンゾーラチーズまたは辛いトマトソースのペンネ」、「牛ホホ肉 赤ワインソースのリガトーニ」、「ラザニア」などなど、思わず目移りしてしまうほどのラインナップです。

問い合わせ先

  • LA BETTOLA da Ochiai
  • 営業時間/11:30~14:00、18:30~21:30 土祝/11:30~14:00、18:00~21:30
    定休日/日曜日・月曜日
    予算/ランチ 3,000円~3,999円 、 ディナー 4,000円~4,999円
    席数/36席(個室2室)
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-3567-5656
    住所/東京都中央区銀座1-21-2

LA BETTOLA da Ochiai の詳細・Web予約はこちら >>

個室確約可能|銀座一丁目イタリアン


【1】DAZZLE(ダズル)

DAZZLE
DAZZLE 情報提供:一休.com

「MIKIMOTO GINZA2.」の8階と9階に広がる異空間「DAZZLE(ダズル)」。非日常的な開放感あふれる9メートルの高天井に、圧倒的な存在感でそびえる迫力のワインセラー。数百個のスワロフスキーをあしらったダイニングの、宝石箱のようなきらめきに、日々のせわしなさを忘れてしまいそうです。

茶色を基調としたシックなバーでは、食前酒や食後の葉巻とともに、優雅な大人のひとときをどうぞ。

DAZZLE
DAZZLE 情報提供:一休.com

店内の雰囲気とリンクするように、提供されるのはここでしか味わえない、コンテンポラリーキュイジーヌ。全国から集められた旬の食材を、活気あふれるキッチンで、ダイナミックかつ繊細にアレンジしてくれます。日本はもちろん、アジア各国のスパイスがアクセントになった一皿は、この店ならではです。

個室確約のプランはディナーコース「【個室確約】1日1組限定×シャンパンフリーフロー!バーエリア個室で愉しむシェアスタイル全5皿!8,000円」。料理の構成は「一口のお愉しみ」、「ハム盛り合わせ」、「鮮魚のカルパッチョ」、「シェフお任せパスタ」、「お肉料理のメインディッシュ」など全5皿。1日1組限定、シャンパンのフリーフロー付いた、カジュアルなパーティーなどに最適なプランです。

問い合わせ先

  • DAZZLE
  • 営業時間/11:30~15:00、17:30~23:30
    定休日/1月1日
    席数/90席(個室1室)
    喫煙可否/分煙(ランチ:全館禁煙 ディナー:メインダイニングは禁煙、バーにて喫煙可)
    TEL/03-5159-0991
    住所/東京都中央区銀座2-4-12 MIKIMOTO GINZA2.8-9F

DAZZLE の詳細・Web予約はこちら >>

【2】アルジェントASAMI(アサミ)

アルジェントASAMI
アルジェントASAMI 情報提供:一休.com

銀座・マロニエ通りに立つZOE銀座。路面に世界的なブランドが入るこのビルの8、9階にあるのが「アルジェントASAMI(アサミ)」。エレベーターを降りれば、銀座の中でもハイグレードな周辺環境にふさわしい、非日常の時間が迎えてくれます。

イタリア語で銀を意味する“アルジェント”。店内はシルバーをテーマに、重厚な木目やガラスを効果的に融合させ、モダニズムを貫いたラグジュアリーな世界がつくり上げられています。

2フロアにまたがる空間使いも贅沢の極み。ゴージャスなメインダイニングは記念日など、特別な日にも最適。食後は革張りのソファがあるバーラウンジへ移動し、ゆったりとくつろぎのひとときを堪能しましょう。一方、別のフロアには個室が配され、接待などにも申し分ない、よりプライベートなスペースを提供してくれます。また、100名程度が着席できるサロンは、大人数のパーティーにも対応可能です。

アルジェントASAMI
アルジェントASAMI 情報提供:一休.com

提供されるのは、この優美な内装とマッチする、繊細かつ独創的なイタリアン。「お客様に楽しんでいただきたい」…それを信条に、見た目のインパクトや美しさも重視した、ため息ものの一皿で、ひとときを華やかに彩ってくれます。

日常では出会うことのない、美しい空間と遊び心たっぷりの料理…銀座で過ごす特別な日が、深く記憶に刻まれることでしょう。

個室確約のプランはランチコース「【ラッキーdays】個室確約×乾杯スパークリング付!前菜・パスタ・肉料理など全4品堪能~ Luminosso~ 6,102円」。乾杯スパークリングから始まり、前菜、パスタ、肉料理、デザートと展開される全4品のランチコースです。

一例としてある日の料理の内容は、前菜「有儘の粒貝 氷温と凝縮した野菜の旨み」、パスタ「イタリア産″アーリオオーリオ″スパゲッティ 花山椒と鱧 雲丹と大葉」、肉料理「岩手県産 龍泉洞黒豚のアッロスト 珈琲とトリュフのピアット」、デザート「果実染まるサヴァラン ダークチェリーの装飾」。個室確約プランはディナータイムにも用意されています。

問い合わせ先

  • アルジェントASAMI
  • 営業時間/11:30~15:30、17:30~23:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 6,000円~7,999円 、 ディナー 15,000円~19,999円
    席数/ダイニング40席(個室4室あり)
    喫煙可否/全面禁煙 ※喫煙可能なラウンジあり
    住所/東京都中央区銀座3-3-1 ZOE銀座8F・9F

アルジェントASAMI の詳細・Web予約はこちら >>

銀座一丁目の一軒家イタリアン


【1】メルジェリーナ

メルジェリーナ
メルジェリーナ 情報提供:一休.com

「メルジェリーナ」は、ピッツァ職人が薪窯で焼く、本格ナポリピッツァをいただける、イタリアンレストラン。レンガ造りの一軒家はイタリアの街角のようで、レストランやショップが軒を連ねる銀座・並木通り沿いの中にあっても、ふと目を留めてしまう外観が目印です。扉を開けると迎えてくれるのは、シックでお洒落なダイニング。イタリアから輸入したインテリアが、本場の雰囲気を感じさせてくれます。

各フロアをシーンに応じて使い分けができるのも、一軒家レストランならでは。ナポリの港をイメージしたという水色の石窯が印象的な1階は、友人や恋人とカジュアルに。より落ち着いた2階フロアは貸し切りも可能で、パーティーなど大人数の集まりにも対応してくれます。

メルジェリーナ
メルジェリーナ 情報提供:一休.com

同店の自慢は、ナポリで修業を積んだピッツァ職人が薪窯で焼く、本場さながらのピッツァ。イタリアの窯職人が石を積み上げ造ったこだわりの窯を使い、500℃の高温で一気に焼き上げるナポリピッツァは28種と、種類も豊富で、何度訪れても飽きずに楽しめます。

また、もちもち食感の自家製生パスタも、人気メニューのひとつ。そのほか、厳選素材を使用した南イタリア料理を、約250種類のワインとともに、気軽に楽しむことができます。

おすすめのプランは、ディナーコース「【スパークリング・生ビール等飲み放題】銀座の一軒家イタリアンで窯焼きピッツアや生パスタ含む全5品 6,684円」。自慢のナポリピッツァをはじめ、パスタや牛肉料理、さらにデザートなど充実の内容を、飲み放題付きでじっくり楽しめるプランです。

問い合わせ先

  • メルジェリーナ
  • 営業時間/11:30~23:30 日祝/11:30~22:30
    定休日/なし
    予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 4,000円~4,999円
    席数/96席
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-3538-3361
    住所/東京都中央区銀座2-3-4

メルジェリーナ の詳細・Web予約はこちら >>

銀座一丁目のおすすめイタリアン


【1】俺のイタリアン TOKYO

俺のイタリアン TOKYO
俺のイタリアン TOKYO 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

その驚異のコストパフォーマンスで、グルメの間ではもはやおなじみの「俺の」シリーズ。銀座一丁目の大通りに立つ商業ビル・キラリトGINZA地下1階に構える「俺のイタリアン TOKYO」は「俺の」系列の、全席着席型のイタリア料理店。さらに19時以降の予約なら時間無制限でゆったりと、一流料理人の味を堪能することができます。また150席の大規模店であることも特徴で、予約なしで当日気軽に訪れることも可能です。

オープンキッチンが心地良く躍動する店内は、気兼ねなく会話を楽しめるムード。ステージではプロのミュージシャンによる生演奏がさりげなく、大人にふさわしいラグジュアリーを演出しています。キッチンを眺めるカウンター席やステージ前の2人用シート等、シートに合わせ楽しみ方もさまざま。1人で立ち寄るもよし、パートナーと距離を近づけるもよし、同僚や友人と親睦を深めるもよし…。多目的に使えるコスパ抜群のカジュアルレストランとして、是非押さえておきたい評判のお店です。

俺のイタリアン TOKYO
俺のイタリアン TOKYO 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

一流料理人の味をリーズナブルに味わえるとあって行列が行列を呼び、急成長を遂げた「俺の」シリーズ。こちらの店舗でも目を疑うようなコスパは健在で、フォアグラ、トリュフ、キャビアといった高級食材を使った本格イタリアンを、ほぼ3桁台で堪能できるというから驚きです。

たとえば人気№1の「殻付きウニのコンソメジュレ添え」。新鮮なウニに海老、トマトのムースとコンソメジュレを添えた贅沢な一品ですが、なんと980円!生演奏に呼応するようなリズミカルな色彩がまぶしい「豪華!たっぷりバーニャカウダ」なども880円と、お手頃価格で提供されます。

4桁になっても、たとえば「★牛・ フォアグラ・トリュフのミルフィーユ★」は1380円、ボリューム満点の「US産1ポンドステーキ~オニオングレービーソース~」も1980円と、1000円台で気軽にオーダーすることができます。

キッチンで指揮を執るのは、イタリア各地の伝統料理を得意とする、山浦敏宏総料理長。「オマールペスカトーレ カルトッチョ」や「オッソブーコ」など、まだ見ぬ郷土の味を安価に、幅広く体験できるのも、同店ならではの贅沢と言えるでしょう。

問い合わせ先

  • 俺のイタリアン TOKYO
  • 営業時間/12:00~15:00、17:00~23:00 土日祝/11:30~23:00
    定休日/不定休
    予算/ランチ 3,000円、ディナー 4,000円
    キャパシティ/157人
    喫煙可否/完全禁煙
    TEL/03-5579-9915
    住所/東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザB1F

俺のイタリアン TOKYO の詳細・予約はこちら >>

【2】アロマフレスカ

アロマフレスカ
アロマフレスカ 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

銀座トレシャスビル12Fに店を構えるのは、「フレッシュな香り」という意味の店名を持つ、イタリアンの名店「アロマフレスカ」。テーブルに給仕されたときに立ち上がる料理の香りを重視しているという、原田慎次オーナーシェフの思いを反映した店内は、まるで、香りを楽しむためのサロンのよう。広々とした空間に間隔を置いて配された丸テーブル。テーブルと椅子は、顔と皿の距離を意識した高さに設定され、さらに厨房の位置まで徹底的にこだわった配置になっているなど、香りを楽しむための配慮が徹底して貫かれているのです。

わずか20席のダイニングを穏やかに包みこむ、少し暗めの照明。自然と心が凪ぎ、五感が研ぎ澄まされていきます。

アロマフレスカ
アロマフレスカ 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

たとえばスペシャリテ「穴子の香草蒸し フレッシュトマトの香り」。こちらは、ディルやローリエといったハーブと穴子を交互に重ね蒸し上げ、裏ごししたフレッシュトマトとホワジャオ(花山椒)で風味づけをしたもの。試行錯誤の末誕生した、盛り付け・香り・味わいの三位一体を堪能する一皿です。

これに象徴される香り高い料理の数々は、調理時の温度や、皿の上での広がり具合などに至るまで考慮されており、運ばれてきた瞬間にふわりと、香気が鼻腔に届きます。

香り豊かなコースの一番最初に供される定番のアミューズ「最初の一皿」は鰻を蒸して桜のチップでいぶし、ジャガイモのフィルムを添えた一口メニュー。最初の一品にふさわしい、パリッと香ばしい食感とスモークの香りが、至福のひとときの始まりを告げます。

問い合わせ先

  • アロマフレスカ
  • 営業時間/17:30~23:00
    定休日/日曜日 ※毎月第1月曜日定休(第1月曜が祝日の場合は営業)
    予算/ディナー 16,000円、20,000円
    席数/20人
    喫煙可否/完全禁煙
    TEL/03-3535-6667
    住所/東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス12F

アロマフレスカ の詳細・予約はこちら >>

銀座一丁目のおすすめイタリアンバル、ワインバー


【1】GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL(グランブランギンザ ビアアンドグリル)

GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL
GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

銀座駅から徒歩3分、「GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL(グランブランギンザ ビアアンドグリル)」。こちらは、人気焼肉店・マルウシミートがプロデュースするレストラン。本店同様コスパの高さが魅力ですが、雰囲気の良さも抜群。スタイリッシュな店内に、感度の高い女性もきっと満足できるはず。しかも、屋上はビアガーデン、10階はバル風ダイニング、9階は個室と、用途に合わせた使い分けを叶えてくれるので、覚えておけば重宝すること請け合いです。

銀座最大級の広々とした空間は開放感たっぷりで、日々の忙しなさを忘れてしまいそう。個室はホテルのように上品なデザインで、普段よりちょっと優雅な気分に浸れます。

GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL
GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

こちらのお店は人気焼肉店「マルウシミート」が手掛けているため、料理のおいしさも折り紙付き。A4・A5ランクの肉とクラフトビールを、リーズナブルな価格で楽しむことができます。

中でも屋上ビアガーデンを使用する「GRAN BLANC ~GINZA ROOFTOP TERACCE~」はひと月に3組限定の人気プラン。銀座の一等地、夜空の下でいただくお肉とビールはまさに格別。しかも全11品4000円からというお値打ちな内容になっています。お得なコースですが、飲み放題付きで自慢のローストビーフも組み込まれており、また、肉の豪快なイメージを裏切るスマートなビジュアルも、女性を中心に支持を集めています。

コースはもちろん、グリル料理をはじめとしたアラカルトも充実。お店のおすすめは、シェフこだわりのマデラワインソースでいただく「リブロース芯」。サーロインと並ぶ最高級部位ですが、こちらももちろん、カジュアルな価格で展開されています。

問い合わせ先

  • GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL
  • 営業時間/17:00~23:00
    定休日/無休 ※年末年始休暇あり
    予算/ディナー 4000円
    席数/100人(宴会・パーティー時立席:100人着席:70人)
    喫煙可否/分煙(喫煙ブースあり)
    TEL/03-6228-6373
    住所/東京都中央区銀座1-5-10 銀座ファーストファイブビル9F・10F・屋上

GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL の詳細・予約はこちら >>

【2】オステリア バラババオ

オステリア バラババオ
オステリア バラババオ 情報提供:一休.com

同じく銀座トレシャス9階に店を構える「オステリア バラババオ」は、水の都・ベネチアの料理を楽しめるレストラン。味・雰囲気・価格など、あらゆる面において本場と同様の質を追求した同店は、イタリア政府から認定証「OSPITALITA ITALIANA」を贈られるに至っています。

たとえば店内内装は、床から天井までほぼ全て、イタリア直輸入の調度品を使用し、ベネチアの伝統的な居酒屋・バーカロの雰囲気を忠実に再現。立ち飲みエリアでローカルさながらにワインと惣菜を楽しんだりと、居ながらにして粋なバーカロ文化を満喫させてくれます。

オステリア バラババオ
オステリア バラババオ 情報提供:一休.com

料理を手掛けるのは、本場のバーカロで腕を磨いたシェフたち。彼らがつくり出す自家製ビーゴリなどのパスタ料理や、「仔牛レバーのヴェネチア風」といったメインディッシュに加え、バーカロに欠かせないワインも、ソムリエ厳選により120種をラインナップ。その味とコストパフォーマンスに、日本在住のイタリア人も足を運ぶほどです。

おすすめのプランは「【予約の仮申込】お席のみでのご予約 ~ご注文内容は当日お決めいただけます~」。席のみ予約で、当日の気分に合わせ自由に食事やワインをオーダーするプランです。アラカルトのおすすめは、たとえば前菜「干しダラのマンテカート 1100円」、パスタ「リガトーニ ”ペヴェラーダ”鶏レバーソース 1500円」、肉料理「丸鶏のバラババオ風 2500円」、デザート「ヴェネツィアのタルト “ニコロッタ” 600円」など。

問い合わせ先

  • オステリア バラババオ
  • 営業時間/11:30~15:30、17:30~23:00 土日祝/11:30~23:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 2,000円~2,999円
    席数/70席
    喫煙可否/全面禁煙 ※喫煙ルームあり
    TEL/03-3535-7722
    住所/東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス 9F

オステリア バラババオ の詳細・Web予約はこちら >>

【3】オステリア オルティージャ

オステリア オルティージャ
オステリア オルティージャ 情報提供:一休.com

そこはまるでワインの蔵の中。地下への階段を下り、扉を開けると、薄暗い照明の中に、色の濃いレンガの壁と黒のローカウンターが浮かび上がります。

「オステリア オルティージャ」は、まさに大人の隠れ家といった趣の小さなイタリアン。店内はわずか13席。カウンターの椅子は包み込むような心地の良さで、時間を忘れてくつろげそう。照明を落としたシックな雰囲気ながら接客はアットホームで、ワインの相談にも気兼ねなく応じてくれます。

ワインと食事の両方を楽しみながら、カウンターでゆっくりと過ごせる店は、都内でも貴重と言えるでしょう。

オステリア オルティージャ
オステリア オルティージャ 情報提供:一休.com

料理のモットーは素材重視のシンプルイタリアン。野菜、魚介、肉などいずれの食材も高品質なものを仕入れ、その特徴を活かすシンプルな味付けで提供されます。

たとえばメインディッシュ。厳選した魚や肉は炭火焼きで調理し、塩でシンプルに味付けするのが同店のこだわり。本来の旨み引き立つその味に、ワインもますます進んでしまいます。そのほか、ホワイトアスパラやポルチーニ茸、岩牡蠣、トリュフ、ジビエなど、イタリアンならではの季節の食材との出合いにも期待。地域性も豊かで、イタリア中部の極太パスタなど、多様な味を楽しむことができます。

ともにいただきたいワインは、100種を厳選して取りそろえ。好みを伝えれば5~6種を提案し、選ぶ楽しみを残してくれます。

人気のプランは、ディナーコース「【一休限定】スパークリングなど選べる3杯付!オマール・短角和牛など豪華ディナー 16,156円」。スパークリング、白、赤ワイン、ウーロン茶から選べるドリンク3杯付きのプランです。たとえば「本鮪赤身とホタテ貝のタルタル仕立て」や「ブルターニュ産オマール海老のグリル 有機レモンソースにて」、「岩手産 短角和牛のグリル 季節の有機野菜を添えて」など、厳選食材のおいしさをドリンクとともにじっくり堪能しましょう。

問い合わせ先

  • オステリア オルティージャ
  • 営業時間/18:00~22:30
    定休日/日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業)
    席数/13席
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-3516-6842
    住所/東京都中央区京橋3-4-1 TM銀座ビルB1

オステリア オルティージャ の詳細・Web予約はこちら >>

【4】Italian Dining & Bar VILLAZZA due(イタリアンダイニングアンドバー ヴィラッツァ ドゥエ)/ホテルサンルート銀座

有楽町駅より徒歩8分、銀座一丁目の路地裏に佇む「ホテルサンルート銀座」の1階、ガラス張りの開放感あふれるレストランが「talian Dining & Bar VILLAZZA due(イタリアンダイニングアンドバー ヴィラッツァ ドゥエ)」です。

店内は黒と木目を基調にしたシックなデザインながら、その開けたつくりが、明るくカジュアルなムードを醸します。大人の街・銀座にあって、普段使いできるおしゃれなお店です。

ホテルのオールデイダイニングということで、一日のいつ訪れても、あたたかく迎えてくれるのがまた魅力。たとえば朝食は京都から取り寄せたおばんざいなど、和、洋のビュッフェで活力をチャージ。ランチは、看板メニュー「ズワイガニのトマトクリームソース」など特製のパスタを、野菜&フルーツブッフェとともに。シェフの出身地である広島の新鮮な旬の野菜はこちらの自慢のひとつで、ブッフェでも好きなだけいただけます。

ディナーはしっかりと、厚切りアメリカンビーフの豪快なステーキを。種類豊富なワインとともに堪能しましょう。

人気のプランはランチコース「【タイムセール】乾杯スパーク付!広島直送野菜・フルーツブッフェにパスタ・本日のお肉料理も!豪華ランチ 4,200円」。広島直送の野菜14種をはじめ、フルーツ9種、プチドルチェなどを楽しめるブッフェ&ドリンクバー付きで、看板メニュー「ズワイガニトマトクリーム スパゲッティー二」やお肉料理などをいただける、ボリューム満点、コスパ抜群のプランです。

問い合わせ先

  • Italian Dining & Bar VILLAZZA due/ホテルサンルート銀座
  • 営業時間/7:00~10:30、11:30~15:00、14:00~17:00、17:30~22:00 日/7:00 ~ 10:30
    定休日/日曜日は朝食営業のみ ※月曜日が祝日の場合は日曜日を通常営業・月曜日を朝食営業のみ
    予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 5,000円~5,999円
    席数/43席
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-6264-4744
    住所/東京都中央区銀座1-15-11 ホテルサンルート銀座1F

Italian Dining & Bar VILLAZZA due/ホテルサンルート銀座 の詳細・Web予約はこちら >>

【5】Oysterbar&Wine BELON(ブロン) 銀座

Oysterbar&Wine BELON(ブロン) 銀座
Oysterbar&Wine BELON(ブロン) 銀座 情報提供:一休.com

充実したレストラン街を持つ銀座ベルビア館7階に構えるのは「Oysterbar&Wine BELON(ブロン)銀座」。エントランスにたどり着くと、その日入荷の生牡蠣が、アイスベッドにずらりと並んでお出迎え。もう一方にそびえる迫力のセラーには何本ものシャンパーニュが眠り、おいしい料理とアルコールに舌鼓を打つ、至福の時間への期待が一層高まります。

店内はプチビストロ風のお洒落な雰囲気で、木の温もりに自然とくつろぎが誘われます。ソファー主体のシートも、ゆったり食事を楽しむのに申し分ありません。店内奥の窓の向こうには、銀座の街。きらめく夜景を楽しみつつ、美味の登場を待ちましょう。

Oysterbar&Wine BELON(ブロン) 銀座
Oysterbar&Wine BELON(ブロン) 銀座 情報提供:一休.com

技術の進歩により、生牡蠣は季節を問わず、常時10種類以上取りそろえ。そのとき一番身入りの良い牡蠣が全国各地から直送され、店頭に並びます。真牡蠣は国産を中心に一年中、岩牡蠣は春の壱岐・春香から始まり、夏にかけては日本海や愛媛、茨城のものなどがお目見え。もちろん焼き牡蠣はじめ、パスタやリゾットなど、牡蠣料理も充実しています。

そのほか、旬の魚介や野菜を使ったイタリアンメニューもラインナップ。ワインも料理に合わせた幅広い展開で、シャンパーニュをはじめとした100種類以上を楽しむことができます。シャブリコレクションは牡蠣の専門店ならでは。この機会に是非ともマリアージュを楽しんでみては?

おすすめのプランはディナーコース「乾杯酒付き!旬の生牡蠣、生雲丹プリン、ブイヤベースなど全7品!8,000円」。「厳選 産地直送 生牡蠣 3種盛り合せ」をはじめ、名物「冷製 生雲丹のプリン キャビア添え」や、焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣のオイル漬けといった「牡牡蠣料理 3種盛り合わせ」、さらに「BELON風 牡蠣入りブイヤベース」や「牡蠣とルッコラのスパゲッティーニ カラスミがけ」など、とにかく牡蠣を味わい尽くせる内容です。

問い合わせ先

  • Oysterbar&Wine BELON(ブロン) 銀座
  • 営業時間/11:30~15:00 17:30~23:00、金・祝前/17:30~23:30
    定休日/ビルの休館日に準ずる
    予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 5,000円~5,999円
    席数/30席
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-6264-4538
    住所/東京都中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館7F

Oysterbar&Wine BELON(ブロン) 銀座 の詳細・Web予約はこちら >>

【6】イタリアン/ワインバー ヴィノリオ

銀座一丁目駅7番出口から京橋方面へ徒歩2分。この界隈に誕生した東京スクエアガーデンはまるで都会のオアシス。緑あふれる同ビルの地下1階に入るのが、「イタリアン/ワインバー ヴィノリオ」です。

地下にあるとはいえ、店内の大きな窓からは中庭を臨み、開放感抜群。夕方まではランチやティータイムをゆったりを楽しむカフェとして、夜は本場仕込みの料理とワインに舌鼓を打つカジュアルなワインバーとして、気軽に立ち寄ることができます。

たとえば人気NO.1メニュー「牛ハラミのビステッカ」をはじめ、シェフが修業したトスカーナ州の料理がメニューの主体。シェフが得意とする肉料理のほかにも、パスタやリゾット、前菜やワインに合うおつまみなど、アラカルトでも手頃な価格から楽しめるので、お酒もますます進んでしまいます。

ワインはイタリアで見つけた小規模の家族経営ワイナリーを中心としたこだわりのラインナップ。こちらもグラスからいただけるので、会社帰りに一人で、あるいは同僚と、普段使いで楽しめます。

おすすめのプランはディナーコース「【アップグレード】スパーク含む3時間飲み放題!ローマ風ピッツァにパスタにデザートまで堪能する全8品 5,500円」。シェフが現地で習得したローマ風ピッツァは、サクサクとしたクリスピー生地が特徴。そのほかパスタや肉料理など、飲み放題付きで気ままに楽しめるプランです。

問い合わせ先

  • イタリアン/ワインバー ヴィノリオ
  • 営業時間/11:30~16:00、17:00~23:00 土日祝/11:30~17:00、17:30~22:00
    定休日/日曜日 ※月曜が祝日の場合、日曜通常営業で月曜休
    予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 5,000円~5,999円
    席数/40席
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/03-5542-1923
    住所/東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1F

イタリアン/ワインバー ヴィノリオ の詳細・Web予約はこちら >>

『Precious.jp』掲載の銀座一丁目イタリアン


【1】Ristorante Kurodino(リストランテ クロディーノ)

「Ristorante Kurodino(リストランテ クロディーノ)」は、フィレンツェの3ツ星リストランテ「エノテカ・ピンキオーリ」の精神を受け継ぐ隠れ家的なお店。かつて銀座にあった「エノテカ・ピンキオーリ」にてスタッフとして働いた、黒田敬介オーナーソムリエと丸山孝一シェフ。ふたりは現在、同店で、フィレンツェ名門の味で発信し続けています。

写真のイノシシのソースと手延べパスタ・ピーチは、トスカーナ地方では定番パスタ。よけいな脂をとり、ハーブをふんだんに使うことで、クセのあるソースを軽い味わいに仕立てています。

問い合わせ先

  • Ristorante Kurodino
  • 営業時間/11:30~14:00、18:00~21:30
    定休日/日曜、第1・3月曜
    予算/ランチ 1,805円~、ディナー 5,417円~
    TEL/03-5579-9815
    住所/東京都中央区銀座3-4-17 銀座オプティカ6F

Ristorante Kurodino に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【2】GINZA LAZY(ギンザレイジー)

1985年、バブル期の真っ只中に六本木の芋洗い坂に誕生した「レイジー」。現在は銀座に場所を移し、「銀座 レイジー」の看板を掲げていますが、時代が変わり、世相が変わっても常連客がここを訪れるのは、ずっと変わらぬままいてくれるからなのでしょう。

銀座一丁目という立地ゆえ遅い時間まで賑わっていますが、一人の時間を堪能したければカウンター席へ。こじんまりとしていながら居心地がよく、客が引いた時間ならオーナーとの会話も楽しめる特等席です。着席すると、有田焼の皿と箸がセットされていることに気がつきます。今でこそ珍しくない「箸で食べるイタリアン」ですが、その先駆けと言えるのが、この「レイジー」なのです。

イタリア料理を主体にしつつ、近隣の地中海諸国の料理やオリジナルの料理など、個性的なメニューも目立ちます。これは「レイジー」誕生の1980年代に、“流行のイタリア料理店”にはしたくないと、オーナーの一戸希一氏とシェフの石川隆夫氏が話し合ったため。その精神は今も健在。メニューは本日のおすすめだけでも約30品と、見ているだけで楽しくなってしまうほど。

どれにするか迷ったら、たとえばゴルゴンゾーラチーズとパンのグラタン、ウニのクリームグラタンなど、「名物」と赤い目印を付けられたメニューをオーダーしてみてはいかがでしょうか?

問い合わせ先

  • GINZA LAZY
  • 営業時間/18:00~25:00、土祝/17:00~24:00
    定休日/日曜 (日曜が祭日の場合は、日曜営業、月曜休み)
    TEL/03-3538-3338
    住所/東京都中央区銀座1-4-8?銀座ビッグウェストビル7階

GINZA LAZY に関するPrecious.jpの記事を読む >>

※本記事で紹介したプランの価格はすべて税込です。
※本記事は2018年11月12日(月)時点での情報をもとに作成しています。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。