書斎の名品と言えばモンブランを思い浮かべる方も多いだろう。万年筆やボールペン、ビジネスツールとしてのステータスも高く、男が常に憧れるブランドだ。無骨であり繊細な表情を持つモンブランのアイテムを紹介する。

あなたの机上はモンブランで完成する

親から子へ世代を超えて受け継がれるモンブランの万年筆

マイスターシュテュック ジオメトリー ソリテール ル・グラン プラチナ万年筆 ¥165,000(モンブラン コンタクトセンター)

文化人や政治家など名の通った著名人がこぞって愛用するのがモンブランの万年筆だ。ズシリと重みがある1本にブランドの歴史を感じることだろう。世代を超えて受け継ぐ万年筆を親から子へ贈ってみてはどうだろうか。込められた想いの分だけ重さが増すことだろう。

ビジネスマン必携のボールペン

マイスター シュテュック ソリテール ブルーアワー ミッドサイズ ボールペン ¥109,000(モンブラン コンタクトセンター)

手帳を開きペンを取りメモを取る。少し前までは当たり前のことだったことが、スマホの普及により過去のものになりつつある。重要なことをメモするのはいいことだが、楽して身につかないものだ。どうせなら一流のもので有益な情報をメモすることが、あなたにとって有益な情報ではないだろうか。万年筆のように書く楽しみは半減してしまうが、持つステータスを楽しみつつ自慢気にメモを取るようにするのがいいだろう。

書く喜びを知るならモンブランのノートブックがおすすめ!

左/マイスターシュテュック オルガナイザー ¥71,000・右/ァインステーショナリー ノートブック ¥6,800(モンブラン コンタクトセンター)

手帳とは少し勝手が違う。あなた次第で無限の可能性があるのがノートブックだ。デザインソフトを使ってアイデアを可視化したり、写真でメモを取るなどさまざまだが、やはりアイディアを可視化するなら手書きがいちばんである。「書く」「描く」このふたつの欲を満たすのはモンブランだけだ。ビジネスに必要なオルガナイザーもモンブランにかかれば、男が惚れ込むデザイン変化する。年度ごとに新調するのも使う楽しみのひとつであるが、リフィルだけ交換して自分だけの歴史を刻んでみるのも楽しみでならない。

何気ない所作をスマートに魅せるモンブランのウォレット

マイ モンブラン ナイトフライト マルチカレンシー ウォレット ¥45,000(モンブラン コンタクトセンター)

多様化したカードサービスにより、一人当たりのカード所有枚数が増えている。スマートに1枚だけ持ち歩くことができればいいのだがそうもいかない。であるなら、スマートに収納できる財布を持つのが正解である。こちらのウォレットであれば、レザージッパーとプレスボタンが付いて出し入れやしやすく、クレジットカード用スロットが16か所もある。モンブランシールドテクノロジー(RFIDブロッキングライニング)で、万が一の時も安心だ。

※価格はすべて税抜です。

以上、男性へのギフトとしても喜ばれるモンブランのステーショナリーを紹介した。男の書斎に鎮座するのにふさわしいアイテムはモンブランを置いてほかにはないだろう。ビジネスの頼もしい相棒として選んでみるのもいいだろう。持つだけで気が引き締まる不思議な魅力がモンブランにはあるのだ。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
小林孝至(イタルスタジオ)
STYLIST :
水野陽介