ステーショナリー

ステーショナリーのまとめページです。
メンズプレシャス(MEN’S Presious)は、本物のラグジュアリーを追求する、こだわりを持った男性のファッションWebメディア。コート、スーツ、ジャケット、パンツ、シャツから、靴、バッグ、ネクタイや帽子まで、男性に必要なアイテムと名品ブランドを紹介。ダンディなジェントルマンはビジネスでもカジュアルでも、春・夏・秋・冬、いつも洋服にこだわりたいもの。もちろん時計、クルマ、旅行、葉巻、カメラなど、メンズライフスタイルの最新情報も万全。イタリア、イギリス、フランス、アメリカ、日本などから世界の一流品を揃え、毎日アップデート!

INFORMATION2018.3.16

凄みすら感じさせる日本橋三越本店の実力。…

日本橋三越本店本館7階催物会場にて国内外のブランド、20ブランド以上が一堂に会する万年筆の…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
ステーショナリー万年筆
LIFE STYLE2018.3.14

2018年をやり直したい! 4月始まり手帳で…

何かを始めるうえで春はいい頃合いだ。まっさらな手帳を前にし、そこへ文字が書き込まれる。そ…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
ステーショナリー
MASTERPIECE2018.1.10

【一気読み】読めば絶対欲しくなる「書斎の…

智の倉として、創造の拠点として、書斎は欠かせない場所だ。だから、少しでも居心地がよく、手…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
ステーショナリー
MASTERPIECE2018.1.1

2018年、開運の「ゴールド」をシックに装う…

運気アップへの願いとファッションは両立するのか? 金運をもたらすといわれる色「ゴールド」…

TEXT :
菅原幸裕
TAGS :
眼鏡ステーショナリー革小物
MASTERPIECE2017.12.16

【一気読み】銀座で買える「本当の名品」教…

インバウンド効果もあり、銀座界隈は常に混んでいる。百貨店やブランドの路面店もいいが、この…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
スーツグルメ日本文化日本名品バッグレザーステーショナリー帽子フォーマル革小物
MASTERPIECE2017.11.11

【保存版】必見! 使うほどに愛着がわく男…

ロシアの深海から200年ぶりに引き上げられた幻のロシアンカーフ。年齢を重ねた男だから対峙で…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
レザーステーショナリーアウターバッグジャケットインテリア
MASTERPIECE2017.10.25

石鹼、凌駕、憂鬱。きちんと読み書きできま…

字を書く機会が減り、ついには簡単な漢字さえも忘れてしまった! そんなことにならないために…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
ステーショナリーイギリス名品東京ジェントルマン50の極意
MASTERPIECE2017.10.5

ビジネスマンにこそすすめたい、お洒落なブ…

書類や書籍の重要な箇所に印をつけるのが付箋。一般的な付箋ではページ単位でしか印をつけるこ…

TEXT :
ガンダーラ井上
TAGS :
ステーショナリー
MASTERPIECE2017.9.26

nendo 佐藤オオキとクリストフルのコラボは…

シルバーウェアの代名詞、Christofle(クリストフル)が、日本のデザイン集団、nendoとコラボ…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
フランス名品ステーショナリー
MASTERPIECE2017.9.20

ルイ・ヴィトン抜きには語れない、男の書斎…

人目につきにくい、書斎という私的空間に置くものこそ、紳士のセンスが問われる。ディテールや…

TEXT :
石川英治
TAGS :
ステーショナリー
MASTERPIECE2017.9.14

ペーパーウェイトの逸品、サンルイを我が書…

男の書斎には、ふさわしい道具があって然るべきだ。ペーパーウェイトひとつをとっても、紙を押…

TEXT :
掘 けいこ
TAGS :
ステーショナリーフランス名品
MASTERPIECE2017.9.11

これでSNS厨にとどめを刺す! 封蠟と信書が…

エルバンはルイ14世在位時代にパリで誕生したシーリングワックスとインクのブランド。船乗りだ…

TEXT :
菅原幸裕
TAGS :
ステーショナリーフランス名品
MASTERPIECE2017.9.6

絶滅危惧種!モンブランのインクブロッター…

その昔、万年筆で文字を書いていた時代の必需品だったのがインクブロッター(インク吸い取り)…

TEXT :
名畑政治
TAGS :
ステーショナリーフランス名品
MASTERPIECE2017.9.5

悲願のオスカー! ディカプリオが欲しがっ…

グムンドはヨーロッパを代表する紙の名門、日本での知名度は低いかもしれないが、世界で広く知…

TEXT :
土居輝彦
TAGS :
ステーショナリードイツ名品
MASTERPIECE2017.8.30

恥ずかしくて三文判が押せない! 南部鉄器…

日本伝統の鋳鉄技法でつくられた「ババグーリ」の南部鉄器の朱肉入れ。使うほどに鉄肌の落ち着…

TEXT :
小暮昌弘
TAGS :
ステーショナリー日本文化
MASTERPIECE2017.8.6

日独がコラボした究極のハサミを老舗刃物店…

ドイツの文具メーカーの製品には、思わず惹きつけられてしまう魅力がある。ファーバーカステル…

TEXT :
赤峰幸生
TAGS :
ステーショナリードイツ名品日本文化
MASTERPIECE2017.8.5

書斎は男の小宇宙! 定規に関する「異常な…

使い慣れた文具は自然に手に馴染むから、常にフラットな気分で仕事と向き合うことができる。と…

TEXT :
小池高弘
TAGS :
ステーショナリーイギリス名品日本名品
MASTERPIECE2017.7.7

エス・テー・デュポン、ウォーターマン、パ…

ライター・小暮昌弘がおすすめする万年筆3本。1本目はウォーターマン『エクセプション ナイト&…

TEXT :
MEN'S Precious編集部
TAGS :
万年筆ステーショナリーフランス名品
MASTERPIECE2017.7.6

ラルフ ローレンのフォトフレームと置き時…

黒のレザーをまとった存在感のあるラルフ ローレンのフォトムレーム。クロックは黒のレザーと…

TEXT :
山下英介
TAGS :
ステーショナリー時計
MAGAZINE

LATEST ISSUE | 2018年4月6日

紳士よ、オーダースーツを纏え!

RECOMMEND ARTICLE