日中は17℃くらいで、陽が当たっているとポカポカなのに
朝晩は8℃前後と、冬の訪れを実感するほど。
そんな陽気に、ついに本格的なコートを出してみました。

スエット型のカシミアパンツで、少しカジュアル目にコーディネート。ニットの下に白Tシャツを着て、首元やすそに少しのぞかせると、全身2色でも着こなしが単調にならないようです。コート/ATON ニット/ジル・サンダー Tシャツ/プチバトー パンツ/ドゥロワー バッグ/Sans Arcidet 靴/グッチ

登場させたのは、昨年の秋冬に購入したもの。
ロング丈で、ややオーバーサイズのデザインが
2018年も十分に通用してくれる、頼もしい一着です。
買った当初も、やや毛足の長い素材に
こくのあるキャメルカラーが気に入っていましたが
今年は黒を合わせて、引き締まった印象に。

もともと黒とキャメルは相性のいい色あわせだと思います。
黒というクールな色は、気温が下がってくると
ひんやりと寒々しく、貧相に見えることがありますよね。
そんなときに赤やオレンジ、ピンクといった
いかにもな暖色を合わせるのではなく
ベージュの延長線上にありながら、
温もりを感じさせるキャメルを合わせると、
クールで知的な黒のイメージはキープしつつ
ウォームに、リッチに見せてくれると思うのです。

【関連記事:黒に合わせたい色…その1は「カーキ」!】

さまざまな色がミックスしたファースヌードが、フラットなニットの表情になって。暖かいだけでなく、着こなしにも効果を発揮。ニット/ドゥロワー ファースヌード/マックスマーラ

この黒×キャメル配色ですが、寒さが厳しくなったら
カシミアやファーの力も借りようかと思っています。
手持ちの黒のシガレットパンツに
カシミアのタートルニットとスヌードをプラス。
それだけで、ごくシンプルな黒パンツが
こくのあるリッチな着こなしに見えるから不思議です。

この着こなしのときは、小物にキャメルと相性のいい
金茶色を合わせるつもり。
バッグはクロコダイルのハンドバッグタイプ、
靴はスエードのローヒールパンプスがイメージです。
写真の黒×キャメルの着こなしはボーイッシュですが
合わせる小物によってはエレガントにもなる…
キャメルって懐の深い色だと思います。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら