財布は1年に1度買い換えていくのが良いともいわれていますが、キャリアある大人女性としては、一生物を身近に置いておきたいと考える人も少なくないでしょう。では、そんな女性たちが本当に選ぶべきは、どんなブランドの、どんなスタイルの財布なのでしょうか。

それはきっと、サイズ違いでひとつずつ買い足していきたいと思わせる、HERMÈS(エルメス)の「SILK IN(シルクイン)」のようなもの。シックな表面のデザインからは想像できないほどユニークな魅力を内に秘めた定番コレクションは、長年愛されている名品のひとつです。

誰もが憧れるエルメスの名品財布「SILK IN(シルクイン)」とは?

HERMÈS(エルメス)の「SILK IN(シルクイン)」コレクション

お茶目な遊び心が愛らしいとファンを集めているのが「シルクイン」。幅広い層から支持されている理由は、ジップを開けた瞬間に目に飛び込んでくる内側のデザインにありました。

こちらはカードスロットやコイン入れを含む中身全面に「エルメスのスカーフ柄」が施されており、同メゾンならではの滑らかなシルク素材が、触れるたびに豊かな気持ちにさせてくれます。

今回は、人気シリーズの新作から、いつかはそろえて使い分けたいと思わせる3つのスタイルをご紹介します。

■1:仕事用には機能美に長けた「収納力の高い長財布」が大定番

財布「SILK IN(シルクイン)」【縦11.5×横20cm】¥138,000(税抜)

キャリア女性に必須なのは、毎日の仕事シーンでの相棒的存在ともいえる長財布でしょう。上質レザーの品格が際立つベーシックカラーを選ぶことで、高感度アップにも繋がりそう。まずは、どんなスタイルにも馴染みやすいスタンダードなタイプを選んでみては。

長財布の中身の仕様

シルク素材で仕立てられたやわらかな質感の中身は、機能性に長けた区画が支持されています。忙しい女性に必須のカード類もスムーズに収納することができるので、仕事効率化をバックアップしてくれそうです。

仕様メモ
・ジップポケット1
・フラットポケット2
・ガセットコンパートメント2
・カードスロット12

■2:ドレスアップシーンには「スリムな二つ折り財布」がヒット

財布「SILK IN(シルクイン)」【縦11.5×横9.5cm】¥89,000(税抜)

ジップアラウンドタイプの二つ折り財布は、スリムな手の平サイズながら機能的な仕様が人気を後押ししています。パーティーシーンをはじめ、オンオフともに、幅広いシーンで使えるのがこのタイプの特徴です。ふたつめに手に入れるなら、発色の良いビタミンカラーを選ぶことで、長財布と使い分ける楽しみが生まれそうです。

二つ折り財布の中身の仕様

こちらは、カード類や小銭など、必要最低限のものが品良く収まるコンパクトサイズです。レザーではなく布製なので、ほかのシリーズよりスリムに仕立てられているという点も、女性にはうれしいポイントです。

仕様メモ
・ジップポケット1
・ガセットコンパートメント2
・カードスロット6

■3:手ぶら気分で過ごしたい週末には「ミニマルなコインケース」が最適

財布「SILK IN(シルクイン)」【縦8×横8cm】¥54,000(税抜)

朝にウォーキングをしたり、車で近場まで出かけたり……。のんびりと過ごしたい週末のお供には、見た目以上に収納力の高いコインケースが便利。なんでもない日常が華やぐ洗練小物は、いつも頑張っている自分へのご褒美にもピッタリです。

コインケースの中身の仕様

ジップアラウンドタイプのコインケースは、小銭の出し入れがスムーズに行えるのが魅力的。どんなシーンでもさりげなく自分らしい個性を放つ小物選びで、同性から憧れられる大人の余裕を香らせて。

仕様メモ
・コイン入れ1

今回は、ひとつずつ手に入れながら歴史を刻んでいきたい、エルメスの定番財布「シルクイン」をフォーカスしました。見えないところまでこだわる、その精神性が、持つ人に自信を宿してくれます。所作まで美しく魅せてくれるエルメスの「シルクイン」を、ぜひ一生物の相棒財布として迎え入れてください。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.11.29 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
木村 慎
EDIT :
佐野有紀
EDIT&WRITING :
石原あや乃