20代、30代前半のころに比べ、体重はさほど変わっていないのに、服のある部分が窮屈に感じたり、シルエットが違って見えたり。それが、年齢を重ねた事による体型の変化だと内心わかってはいても、気付かなかったことにしたい、認めたくない……そう思うのが女ゴコロというもの。

「ただ、その変化に目を背けてばかりでは、対策を講じられないだけでなく、知らないうちに変化を加速させてしまうこともあります」と、下着のプロである川原好恵さん。「まずは勇気を出して、その現実に目を向けることから始めましょう!」

加齢によるバストの変化は、誰もが進む同じ道

加齢に伴うバストの変化をデータとして発表しているのが、1964年に設立されたワコール人間科学研究所。54年にわたり、述べ4万人もの人体計測を続け、さまざまな研究を行なっている研究所で、なかでも同じ女性を30年以上にわたって計測し続け、その変化を捉えてきた「時系列データ」は、他に類を見ない貴重なもの。これから紹介するのは、そのデータをベースに導き出された結果です。

ひと目で体形の変化がわかる「時系列データ」

バスト変化のイラスト
ワコール人間科学研究所による計測データより

年齢を重ねると、バスト上のデコルテ部分のボリュームが落ち、ハリがなくなっているのがわかります(STEP1)。次に乳頭が下向きになり、垂れている印象に(STEP2)。つまり、同じバストのサイズでも形が変化しているため、合うブラジャーが異なってくるということ。そのためワコールでは、同じサイズでも20代のバストを想定したブラジャーと、40代のバストを想定したブラジャーでは、パターンや仕様を変えてつくられています。

ブラジャーはデザインやサイズだけでなく、そういったつくりにも配慮して選ぶことが大切なのですね。ただ、見方を少し変えれば、やわらかくなったバストだからこそ似合うブラジャーもあるということ。インポートの美しい一枚レースのブラジャーなどはそのひとつ。それに、トップが少し下がったバストに、大人の女性の色気を感じるという意見も。そんな年齢に合った下着のお洒落も楽しむのもいいですよね。

加齢による体型変化を少なくするための3箇条

ランジェリー姿の外国人女性
美しいボディーラインを保つ秘訣を教えます!

加齢によってバストが変化していく順序は皆同じ。さらに、ヒップと違ってバストには筋肉がないため、鍛えてもいったん変化したら元には戻らないということです。ただ、変化が始まる年齢やスピードは人によって異なるのだそうです。ワコール人間科学研究所がその計測結果を分析し、加齢による体型変化が少なかった女性達にインタビューして特徴をまとめたのがこちら。

■1:運動

美しい姿勢や歩き方を心掛け、体をよく動かすなど、活動的な日常生活を送っている。

■2:食事

暴飲暴食をせず、規則正しい食生活を心掛けている。

■3:下着

体の変化に応じた下着をつけている。

つまり、心身共に健やかな生活を送ることが、体型維持のためにも大切だということ。加齢による体の変化を必要以上に悲観するのではなく、大人の女性の体に似合う美しい下着を身につけて、素敵に年齢を重ねていきたいですね。
(資料提供・取材協力/ワコール)

大人の女性のバストを美しく魅せるブラジャー3選

それでは、大人女性の体形に寄り添い、より美しく魅せてくれるブラジャーとはどんなものでしょうか? 今回は、3つ厳選してご紹介します。

■1:ワコールの「ラゼ」

先に紹介した「ワコール人間科学研究所」のデータにもとづいて商品開発されているブランドが「ラゼ」。「最近、こんなところが気になるのよね」に応えてくれる下着がそろいます。なかでも、この「着やせすっきりブラ」は、肉質がやわらかくなって段差がつきやすくなった背中をカバーする仕様です。

■2:トリンプの「フロラーレ」

40代後半から50代前半の新“大人女性”に向け、2016年夏にデビューしたトリンプの「フロラーレ」。見た目の美しさと、ボディーラインの変化への対応を両立させたブランドとして人気急上昇中。このブラは、センターを低くすることでワイヤーのあたりやそれに伴うストレスを軽減。サイドからバストをふんわりと寄せ、自然で美しい谷間をつくります。

■3:オーバドゥの一枚レースのブラジャー

いくつになっても女性として下着のお洒落を欠かさないフランスのマダム。そんな彼女達に愛されているブランドが「オーバドゥ」です。中でも、日本のブランドではなかなかお目にかかれない一枚レースのブラジャーがおすすめ。少しやわらかくなったバストを包みナチュラルなシルエットをつくります。気になるバストトップも、縫い目と重なって意外に目立ちません。

若づくりし過ぎない、自分の体形に合ったブラジャーを選んで、大人の女性の魅力を引き出してください。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
文化服装学院卒業後、流通業界で販売促進、広報、店舗開発を約10年経験した後、フリーランスとして独立。下着通販カタログの商品企画などを経て、現在はランジェリーを中心に、雑誌、新聞、ウェブサイトなどで執筆・編集を行なう。モットーは「ラグジュアリーからプチプラまで」。国内外の展示会・店舗を幅広く取材する。
Instagram へのリンク
PHOTO :
AFLO(Image)
WRITING :
川原好恵
EDIT :
石原あや乃