英国のプロダクトには独特の趣がある。自動車ならば自動車の、オーディオならばオーディオの、本質をとらえた美しさや優雅さがあって、でも細部は荒っぽかったりもする。要するに「手の温もり」がある。そこが男を魅了し尽くすのである。

英国を代表する2モデル

歴史を感じさせるデザイン

上/【サヴィル ロウの丸眼鏡】 下/【オリバー ゴールドスミスのサングラス】※参考商品

そんな味わいを堪能できるのが、このサングラスと眼鏡だ。ともに職人によるフルハンドメイドである。「オリバー ゴールドスミス」のサングラスは、1960年代〜70年代に世界的大ブレークをしたデザインを復刻したもの。生地から削り出すため、職人により細部が微妙に異なり「一点生産」のような味わいがある。

Close-up!
「オリバー ゴールドスミス」には、オールハンドメイドとマシンメイドの2 タイプがあるが、こちらは正真正銘のメイド・イン・イングランドのハンドメイド製。

「サヴィル ロウ」の丸眼鏡は、かつて英国政府が無料配布していた眼鏡を製作していた工房が、当時のデザインそのままでつくったものだ。目や鼻の位置などを測り「ビ・スポーク」をすることもできることから、このブランド名がつけられた。

というように、どちらも純英国のプロダクト。英国好きには、ぜひ、おすすめしたい。

※2012年夏号取材時の情報です。

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
パイルドライバー