2019年1月14日(月)、スイスはジュネーヴで、時計の祭典が始まりました!

ジュネーヴは、中央ヨーロッパで2番目に大きい湖・レマン湖の南端に位置します

SIHH(SALON INTERNATIONAL DE LA HAUTE HORLOGERIE)――カルティエを筆頭に、A.ランゲ&ゾーネ、ヴァシュロン・コンスタンタン、IWCといったリシュモングループに属するブランドのほか、オーデマ・ピゲ、エルメス、リシャール・ミルなどのラグジュアリーメゾンが、今年の新作を発表する催しです。

SIHH

Precious、MEN’S Preciousでは例年、6月発売の号で時計特集をお届けしていますが、Precious.jpではまず速報という形で、レポートを撮って出ししていきます。

2019年SIHH初日に出会った、A.ランゲ&ゾーネの「月刊時計」

SIHH2019の初日と2日目は、各ブランドのプレスカンファレンスが多く開かれ、それぞれ趣向を凝らしたプレゼンテーションを展開します。

本日まず最初にお伝えしたいのが、「A.ランゲ&ゾーネの『月刊 ランゲ1』(笑)です!

A.ランゲ&ゾーネのブース

『月刊 ランゲ1』??? 雑誌??? いえ、これは私が勝手に名付けてしまっただけなのですが、今年はブランド復興から、そして最大・最強のアイコンモデル『ランゲ1』が誕生してから25周年という節目の年。

それを祝って、なんと、2019年1月から10月まで毎月24日に、新しいモデルを発表すると高らかに宣言しました(発売日の24日は、1994年10月24日にブランド復興コレクションとして4つのモデルを発表したことが由来です)。

毎月、新発売!

これはA.ランゲ&ゾーネはもちろん、ほかの名門マニュファクチュールでもこれまでになかったあまりにもパワフルな試みで、プレスカンファレンスに集ったジャーナリストの間にもちょっとした衝撃が走りました。

「ランゲ1“25th アニバーサリー”」は世界限定250本

無垢のシルバー製ダイヤルにディープブルーでプリントされた数字とインデックス、日付の青い数字、そしてグレーステッチが施されたブルーのアリゲーターストラップがクールに調和。手を触れたら切れそうなシャープな輝きを醸し出すホワイトゴールドのケースとのコントラストも冴えわたる。

『月刊 ランゲ1』ならぬ、“25th アニバーサリー”シリーズの第一弾は、『ランゲ1“25th アニバーサリー”』として、世界限定250本のリミテッドエディションとして発売されます。

無垢のホワイトゴールド製で、裏側は蓋付きのハンターケースに。そこには、1873年に竣工したランゲ時計工房の図柄と、創業家4代目であり、ブランド復興の立役者であるウォルター・ランゲ氏と、彼とともにブランド復興に大きく貢献したギュンター・ブリュームライン氏の名前、そして「25 JAHRE LANGE 1」(ランゲ1誕生25周年)のレリーフ彫り文字が施されています。

左は蓋を閉じた状態、右はハンターケースの蓋を開けた状態。

ギュンター・ブリュームライン氏は2001年に、ウォルター・ランゲ氏は2017年に逝去。ドイツの東西分断によって休眠せざるを得なかったA.ランゲ&ゾーネを甦らせたふたりのレジェンドへのオマージュが込められたこの特別な『ランゲ1』のほか、発売10周年を迎えた『ツァイトヴェルク』からは初のデイト表示付きモデル、また、圧巻のコンプリケーション『ランゲマティック・パーペチュアル・ハニ―ゴールド』など、全部で5つのモデルを発表したA.ランゲ&ゾーネ。それぞれに物語を宿す名品たちが、新たな歴史を刻み始めました。

●時計『ランゲ1“25th アニバーサリー”』 ●予価 ¥4,890,000 ●ケース:ホワイトゴールド ●ケース径:38.5㎜ ●ストラップ:アリゲーター ●手巻き ※世界限定250本、2019年1月以降発売予定  ●ムーブメント/1994年の発表当時とほぼ同じ外観ながら、ムーブメントは進化。搭載されているのは、2015年に新開発された手巻きキャリバーL121.1で、瞬転式アウトサイズデイト表示と、ランゲ自社製の「フリースプラング式」という、ムーブメントの精度を高める特別なヒゲゼンマイが組み込まれている。

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。 好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿