今では現代紳士の必需品であるスニーカーだが、派手な装飾や行き過ぎたデザインのものを選ぶのは厳禁である。やはりシンプルなデザインであるのがいいが、上質な素材に加えて、ほんの少しの遊び心があるものがいい。エルメスのスニーカーであれば、そんなわがままを全て満たしてくれることだろう。

シンプルなスニーカーに魅力を感じるのは成熟した証!

シーンを選ばないシックなレザースニーカー「トレイル」

スニーカー¥127,000(エルメスジャポン)

上質なカーフの素材感を楽しむことができるベーシックなスニーカー「トレイル」は、シンプルな黒をチョイス。少し太めなシューレースとミッドソールのホワイトが、適度な軽快感を生み出している。デザインされたアウトソールには、エルメスの代表的なモチーフでもある「コリエ・ド・シアン」から着想を得たスタッズ型とメゾンの頭文字「H」のモチーフが施されたソールを採用した。

心地よいフィット感が魅力のソックススニーカー「トーキョー」

スニーカー¥115,000(エルメスジャポン)

大人が履くのにふさわしい洗練されたハイテクスニーカーとはまさにこのことだろう。アッパー全体を透かし編みのニットで覆い、足入れした時の吸い付くようなフィット感は極上そのもの。モノトーンで統一することで子どもっぽさは皆無、カジュアルながらも大人が楽しめるソックススニーカーとなった。バックステーには、メゾンを象徴するモチーフである「H」の文字をさりげなくステッチで。

以上、エルメスのスニーカーを紹介した。定番の黒スニーカーでも、「欲しい!」と思わせる魅力が詰まったスニーカーは、エルメスだからこそ。上質な素材だから映えるシンプルなデザインは大人ならではの楽しみ方である。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊