昨今、ラグジュアリーファッションの世界で、よく耳にするのが「カンファタブル(=comfortable、快適さ)」というキーワードです。

見た目の美しさは当然のこととして、それだけではなく、いかに極上の着心地を実現できているかが、高級ブランドの洋服には不可欠だ、と考えられるようになっているのです。そのため、世界のトップメゾンは厳選された最高級の素材を世界中から調達し、最高の職人による縫製で洋服を仕立てることに、心血を注いでいるのです。

快適の面で重要なファッションアイテムに、ランジェリーやアンダーウエア、インナーウエアがあります。”直接肌に触れる”ものなので、その着心地に最上を求めるのは当然といえるでしょう。

直接肌に触れるからこそ、最上級のものを選びたい。おすすめしたいのが、ワコールのランジェリーやインナーウェア4選

もっとも重要になるファッションアイテムとは、なんでしょう? それは、直接肌に触れるランジェリーやアンダーウエア、インナーウエアにほかなりません。ランジェリーやアンダーウエアに最上級の着心地のものを選ぶことは、究極の快適、究極のラグジュアリーといえるでしょう。

もうひとつ、働く女性たちの間で最近関心の高まりを見せているのが、いかに「心地よい眠り」を実現するかということ。ストレスフルな現代社会にあって、リラックスして心を開放し、美容や健康に直結する睡眠の精度を高めていくことへの研究、商品開発が盛んになっています。

就寝時に唯一、身につけるものだけに、どのような素材のどのような肌触りのアンダーウエアやインナーウエアを選ぶかは、睡眠の質に大きく影響するといわれています。

ロングスリーブ¥5,900~(ワコール<スゴ衣 洗えるシルク>)

そこで今回ご紹介するのが、ワコールによる天然素材のシルクを使用したアンダーウエア、インナーウエアです。

シルクは肌に優しく、水分の吸放湿性に優れているため、睡眠中の体温調整や発汗にも対応してくれる、実に優秀な天然素材。そしてなにより肌すべりがよく、見た目にも優雅なのも、ラグジュアリーな気分を盛り上げてくれます。

ワコールには、シルク100%のアイテムを始め、さまざまな種類のシルク製のアンダーウエア、インナーウエア、ルームウエアがラインアップされており、その機能や用途も多種多様。

そんな豊富なラインアップの中から、大人の女性のライフスタイルやオケージョンに合わせて厳選した、最高にカンファタブルなインナーウエアやアンダーウエアは、かけがえのない時間=Precious timeをもたらしてくれるはずです。

■1:「シルクを着る贅沢」を実現!働く女性の超必携インナー『スゴ衣   洗えるシルク』シリーズ

各キャミソール¥4,900~(ワコール<スゴ衣 洗えるシルク>)

見た目にも優雅で、肌ざわりがよく、機能性にも優れた天然素材、シルク。一方で、洗濯などのケアが面倒、と思う人も少なくないはず。その問題を一気に解決したのがワコールの『スゴ衣  洗えるシルク』シリーズです。

その名のとおり、家庭用洗濯機でも洗えるように開発された特殊加工のシルク混素材を使用。混紡素材で、洗ってもシルク特有のやわらかな生地感が長く楽しめます。一年中愛用可能で、細部のデザインも秀逸! まさに、大人の女性のために誕生したインナーウエアといえるでしょう。

Point!肩ひもの調節が可能なアジャスター仕様

微調整可能なアジャスターは、フィット感の要。

キャミソールでは珍しく、本格的なアジャスターを装備。ずれ落ちたり、窮屈だったり…そんな肩ひもの位置を心配することもなく、美しく着こなせます。

Variation!デザインは全4型、カラーは3色からセレクト!

左/タンクトップ¥5,200~・中央/ショートスリーブ¥5,500~・右/ロングスリーブ¥5,900~(ワコール<スゴ衣 洗えるシルク>)

タンクトップ、ショートスリーブ、ロングスリーブ、そしてキャミソールの4型、カラーは3色。肌をぱっと明るく見せる上品な光沢と、シンプルなデザインが特徴。ちらっとみえても、下着っぽく見えないのもうれしい。

ワコール『スゴ衣』シリーズ (外部サイト)

■2:快適と洗練を両立!最高級素材を惜しみなく使った究極のアンダーウエア『グラッピー』のシルクニット

三分そでトップ¥12,500~(ワコール<グラッピー>)

絹のもつツヤ、美しさ、着心地をとことん追求した100%シルクのアンダーウエアです。脇に縫い目がないので肌あたりが優しく、極上の着心地を約束。一度身につけたらやめられない、なめらかな着心地!大人の女性の強い味方になりそう。

Point!ツヤツヤ、滑らか!シルクならではの魅力が満載

ラグジュアリーな気分を盛り上げる、繊細な光沢感ととろけるような手触りは、天然繊維ならでは。

波打つように光を反射するシルクは、繭からつくられる天然繊維。しなやかな肌触りはまるで第二の皮膚のよう。一度使用すると、手放せない魅力のとりこに。

Variation!冬のアウターシーンを想定したアイテムも!

左/八分そでトップ¥15,000~・右/足首たけボトム¥11,000~(ワコール<グラッピー>)

ロングスリーブなど冬に活躍するアイテムもそろいます。シルク100%なのでアウターの滑りがよく快適。特にボトムの場合は、もたつかず美しいシルエットに。

ワコール『グラッピー』シリーズ (外部サイト)

■3:快適な眠りに誘う極上の肌触り!女優気分になれるナイトウエア『睡眠科学』のシルクサテン パジャマ

左/ワンピース型パジャマ¥17,000・右/パジャマ¥18,000~(ワコール<睡眠科学>)

そでを通すだけで夢見心地。映画のヒロインのような気分になれるシャイニーなパジャマです。吸放湿性のあるシルク100%の生地が、心地よい眠りへと誘います。素肌に直接身につけるものだけに、その気持ちよさは何にも代え難く、リピーター続出の人気アイテムです。

Point!ボタンホールの向きで寝姿を考慮した仕様に

寝ている間にはだけておなかがポロリ…なんて恥ずかしいシーンも防止

ワイシャツ同様、一番下のボタンホールだけを横向きにして、外れにくい仕様に。就寝中の姿勢変化を考慮して快適な寝心地を実現する、細やかな配慮が。

Variation!パジャマのカラーは8色!ワンピースタイプは4色展開

左/パジャマ¥18,000~・右/ワンピース型パジャマ¥17,000(ワコール<睡眠科学>)

セパレートのパジャマのほかに、ロング丈のワンピース型も。ともに、肩と腕のラインに自然に沿う『睡眠科学』オリジナルのパターン設計で、快適な着心地。

ワコール『睡眠科学』シリーズ(外部サイト)

■4:素肌がよろこぶ!シルク×カシミヤの極上リラックスウエア『NUONE(ヌワン)× グラッピー』

九分そでトップ¥16,000~(ワコール<NUONE×グラッピー>)

シルク×カシミヤの混紡は、有名ブランドのストールやカーディガンなどのファッションアイテムに使用される最高級の素材。カシミヤのもつやわらかさ、暖かさと、シルクのもつツヤ、輝きを同時に実現します。

この高級素材を、ワコールでは贅沢なニットウエアに採用。縫製も、国内最高峰の「島精機製作所」の編み機で編まれたホールガーメントにこだわっています(このホールガーメントは縫い目のない編み方なので、とても着心地がよい)。

インポートのブランドにも匹敵する着心地は、働く女性のインナーウエアとして、ルームウエアとして、さらには通常のファッションアイテムとしても定番的に愛用したい、名品中の名品です。

Point!編み方を変えた様子が一目瞭然!

より自然なフィット感を目指して、途中で編み方を変えているのがわかります。

女性のボディラインを熟慮して編まれた、ホールガーメント。暖かさとフィット感をアップさせるために、編み方を途中で変更。ディテールにまでこだわり尽くした製法です。

Point!ホールガーメントのタグつき!

継ぎ目をなくすことで、肌あたりが優しく、見た目にもスッキリ仕上がるホールガーメント。

ニット製造機の名門、島精機製作所の編み機でつくられたホールガーメント(無縫製)のニット。それを証明するタグが誇らしい。

Variation!使い勝手のいい色が4色!休日もラグジュアリーに

グレーのほか、ネイビー、グリーン、パープルの4色展開。各トップ¥16,000~(ワコール<NUONE×グラッピー>)

​ ベーシックなデザインにグレー、ネイビー、グリーン、パープルの4色展開。デニムスタイルなどにコーディネートしやすく、大人色がそろいます。

ワコール『NUONE(ヌワン)× グラッピー』シリーズ (外部サイト)

以上、大人の女性におすすめしたいワコールのインナーウェアやアンダーウェアを4アイテム、ご紹介しました。

日本人女性の身体に、長年にわたり真摯に向き合い、膨大なデータとそれに基づいた研究・開発を経て、快適なインナーウエア、アンダーウエアを提案し続けているワコール。

その最新の技術が注ぎ込まれた、ワコールのシルクのインナーウエアやアンダーウエアの数々。エステや高級コスメと並んで大人の女性の肌を癒す、手放せない存在となるはずです。

ワコールスタイル『シーンを着こなす喜びを。2018 至福のシルク』(外部サイト)

※掲載している商品の価格は、すべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
小池紀行・新垣隆太(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
菅野悦子
RECONSTRUCT :
安念美和子