寒い冬をしばし忘れ、灼熱の太陽が降り注ぐドバイへ。創業から変わることなく旅を愛し、その魅力を追求してきたルイ・ヴィトンの理想のワードローブで、ハイエンドなドバイ滞在を楽しみましょう。

日本からドバイへと旅立つときのコーディネートは?

ブルゾン¥550,000・ニット¥89,000・パンツ¥259,000・バッグ[シグネチャーハンドル付き]¥247,000・靴¥112,000(ルイ・ヴィトン)

機内でくつろいで過ごせるように、コンフォートな服選びを。パーカのようにはおれる軽やかなファーブルゾンが旅に重宝。

ニット / パンツバッグ『ルイ・ヴィトン ニューウェーブ チェーンバッグ MM』 / 靴『ステラー・ライン スニーカー』の詳細はこちら(ルイ・ヴィトン公式サイト)

飛行機の機内で活躍する有能なセットたち

左/なめらかなシルク素材。ストール『ショール・モノグラム ブラーリーグラム』¥84,000[142.5×142.5㎝]・右上/マチがあるので収納力もあり。ポーチ『ポシェット・コスメティック』¥40,000[縦12×横19×マチ6㎝]・右下/イニシャルやラベルをあしらい、オリジナリティを出すことも。パスポートケース『クーヴェルテュール・パスポールNM』¥35,000[縦14×横10×マチ2.5㎝](ルイ・ヴィトン)

ストール『ショール・モノグラム ブラーリーグラム』 / ポーチ『ポシェット・コスメティック』 / パスポートケース『クーヴェルテュール・パスポールNM』の詳細はこちら(ルイ・ヴィトン公式サイト)

アクティブな街歩きに必須なアイテムは?

左から/帽子のリボン代わりにも。スカーフ『バンドー・トランク』¥21,000[縦120×横7.5㎝]・トランクを再現。アイフォーンケース『アイ・トランク IPHONE X & XS』¥138,000[縦15.4×横8×マチ2㎝]・バングル『バングル アンプラント LV』¥675,000[イエローゴールド]・¥3,820,000[ホワイトゴールド×ダイヤモンド]・華やかな手元に。時計『タンプール ムーン ディヴァイン PM』¥646,000[ステンレス・スティール×ダイヤモンド、ケース径28㎜、アリゲーター ストラップ](ルイ・ヴィトン)

スカーフ『バンドー・トランク』 / アイフォーンケース『アイ・トランク IPHONE X & XS』  /  バングル『バングル アンプラント LV』[ホワイトゴールド×ダイヤモンド]バングル『バングル アンプラント LV』[イエローゴールド]時計『タンプール ムーン ディヴァイン PM』の詳細はこちら(ルイ・ヴィトン公式サイト)

気分があがるアイテムと、ホテルの部屋でリラックス時間

左から/愛用の香水は専用のケースに入れて。香水『レ・パルファン ルイ・ヴィトン オードゥ パルファン/ルジュール・スレーヴ 100ml』¥31,500・トラベルケース¥55,000[縦13.5×横7.5×マチ7.5㎝] ・心ときめく、ミンク素材×モノグラム柄のコンビネーション。ファースリッパ[ポーチ付き]¥178,000・愛らしい猫が描かれた「キャットグラム」柄に遊び心が光る。パジャマトップ¥222,000・パジャマパンツ¥206,000(ルイ・ヴィトン)

香水『Le Jour Se Lève (ルジュール・スレーヴ) 100ml』香水用『トラベルケース』  / ファースリッパ『LV スイート・ライン ミュール』[ポーチ付き]  / パジャマトップ / パジャマパンツの詳細はこちら(ルイ・ヴィトン公式サイト)

プールサイドで気ままに過ごすときのお供たち

左上/きらりと輝く、繊細なメタルフレームで艶やかな表情に。サングラス¥73,000・左下/足に優しいフッドベッドサンダルは、リラックス旅に欠かせない。サンダル¥95,000[ヒール5㎝]・右/メゾンのアルファベットが映える、爽やかなスイムウエア。ボディラインを美しく見せるワンピースの背中部分には、大胆なカッティングが施されて。水着[ケース付き]¥97,000(ルイ・ヴィトン)

サングラス『ミッドナイト・イン・パリ』  / サンダル『ボンディア・ライン ミュール』 / 水着[ケース付き] の詳細はこちら(ルイ・ヴィトン公式サイト)

煌びやかなドレスで、ドバイの夜景が広がるレストランへ

煌びやかなドバイの街へと出かける夜は、スパンコールで幾何学模様を表現した、ラグジュアリーなドレスを選んで。近未来のビル群が放つネオンに負けない程のオーラを放つ一枚で、非日常のおしゃれを楽しみたい。ドレス¥1,295,000・サンダル¥250,000(ルイ・ヴィトン)

ドレス  / サンダル『ブラックバード・ライン サンダル』 の詳細はこちら(ルイ・ヴィトン公式サイト)

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

ルイ・ヴィトンとアラブの旅の関連記事

問い合わせ先

PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー)
STYLIST :
小倉真希
EDIT&WRITING :
川口夏希、中村絵里子(Precious)
RECONSTRUCT :
安念美和子