大人の女性におすすめの、ブルーのアイテムを使ったコーディネートに関するまとめ記事です。ラグジュアリーファッション誌『Precious』のこれまでの記事から、ブルーのニット、シャツ、ブラウス、ジャケット、デニム、ワンピースなどを使った大人の女性のための着こなしを厳選してご紹介。さまざまなブルーのアイテムをエレガントに使いこなしていきましょう。

【目次】

ブルートップスでつくるコーデ


【1】サルヴァトーレ フェラガモのブルーニット×ブルーデニムパンツ

【1】サルヴァトーレ フェラガモのブルーニット×ブルーデニムパンツ
ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

編み地に表情のあるブルーのニットは、ブランドの今季のキーカラー・ブルーに、メタルボタン付きレザーパイピングをのせた大人好みの一枚。「ジャスミン」の色名にエレガンス香るオフホワイトのバッグが、デニムコーディネートの清新な引き締め役になってくれます。

【2】セドリック シャルリエのブルーニット×白パンツ

【2】セドリック シャルリエのブルーニット×白パンツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(エストネーション〈セドリック シャルリエ〉)、パールネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、腕時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈スタウド〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ハリのあるコットンツイル素材のワイドパンツは、センタープレス入り。「きりっと感」のある白のパンツにブルーのボーダーニットを合わせたら、潔く、爽やかな印象に仕上がります。

【3】プラダのブルーシャツ×黒スカート

【3】プラダのブルーシャツ×黒スカート
シャツ・スカート・腕にかけたコート・ウエストバッグ・手に持ったマルチケース・ブレスレット・ストラップ付き白のトートバッグ・バナナ柄のトロリー・トロリーの奥に置いたトランク・スニーカー(プラダ ジャパン)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、その他/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

キャリアにとって機能的なギア選びはマスト。おしゃれもそのひとつ。きちんと感と快適さに、程よくモード感を備えた装いは、どんな都市にもフィットします。清潔感のあるブルーシャツ&タイトスカートに、足首を細く見せるボリューミーなスニーカーで、シャープな女らしさが際立ちます。

【4】ポール カのブルーシャツ×黒ワイドパンツ

【4】ポール カのブルーシャツ×黒ワイドパンツ
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

遠目にはスカートのようなネイビーパンツにブルーのシルクトップスと白ニットを合わせて、好感度の高い清涼配色をエレガントに。そこに、ひんやり輝くジュエリーや辛口ウォッチを効かせて、クール&ラグジュアリーに仕上げるのが大人の流儀です。パンツは薄くしなやかなレーヨン素材。右から左に向かって布を重ね、サイドでリボン結びするラップ仕立てがスカートライクな表情の秘密。ひざ上までは裏地を付け、下は透け感を生かして涼しげなボリュームを表現しましょう。

【5】ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカムのブルースストライプブラウス×ミントブルーパンツ

【5】ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカムのブルーストライブブラウス×ミントブルーパンツ
ブラウス(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バングル(チェルキ〈ヴェネツィア-ナ〉)、バングル(アマン〈アンボワーズ〉)、バッグ(セルジオ ロッシ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

正統派の気品が香るブルーストライプ×旬の華やぎディテールが調和したブラウスとミントカラーの足首見せパンツを合わせて。仕事シーンからエレガントな席にまで対応する「すっきり見せ」スタイルを完成させましょう。

ブルースカートでつくるコーデ


【1】マディソンブルーのブルースカート×ブルーシャツ

【1】マディソンブルーのブルースカート×ブルーシャツ
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、シャツ・スカート(マディソンブルー)、帽子(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ライトブルーの着こなしで爽やかに。自由を謳歌する日の着こなしに選ぶのは、パームツリーの「ジュエル靴」。おしゃれの冒険を楽しみながらも、手元にはソリッドなゴールドバングルを。どんなときでも、気品を大切に、リッチな輝きを添えるのも、大人のおしゃれの流儀です。

【2】ジル・サンダーのブルースカート×白シャツ

【2】ジル・サンダーのブルースカート×白シャツ
スカート・シャツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

知的な雰囲気が漂う、アシンメトリーブルーのプリーツのスカートには、限りなく白に近いパウダーブルーのシャツを合わせてフレッシュに。淡い色調をくずさないように、小物も白やベージュでまとめるのが正解です。やわらかな素材を組み合わせたフェミニンな着こなしでも、シャツの襟元に浮かぶ、Vラインが顔立ちをシャープに演出。スカートは風をはらんで軽やかに揺れる爽快なライトブルー。ウエスト部分から流れるように施されたプリーツ使いが、たおやかな雰囲気を醸し出します。

ブルーデニムでつくるコーデ


【1】ヤコブ コーエンのブルーデニムパンツ×ベージュトレンチコート

【1】ヤコブ コーエンのブルーデニムパンツ×ベージュトレンチコート
コート(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

コットンツイルのオーソドックスなトレンチを、ゆったりめの身幅や、やや前振りのショルダーラインの今どき感で絶妙にアレンジ。大胆なプリントブラウスで遊び心を添えたブルーデニムスタイルもシックに決まります。

【2】サージのブルーデニムパンツ×黒カットソー

【2】サージのブルーデニムパンツ×黒カットソー
ジャケット(wb)、カットソー(アングローバル〈イレーヴ〉)、パンツ(showroom SESSION〈サージ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フォレストグリーンのカットソーとブルーデニムの装いには、ボタンなしのジャケットをカーディガンのようにはおって小粋に。

【3】リーバイスⓇ ビンテージ クロージングのブルーデニムパンツ×黒ニット

【3】リーバイスⓇ ビンテージ クロージングのブルーデニムパンツ×黒ニット
デニム『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

華奢なウエストを強調するハイライズと、ヒップから太ももにかけてフィットするストレートなシルエットが特長。ワイドパンツの流行とともに、再び旬のボトムとして脚光を浴びています。リジッド(ノンウォッシュ)デニムならではの素朴なブルーの風合いも魅力。シンプルなニットのインスタイル、無造作なロールアップからのぞく足首の白さに野性味を帯びた女らしさが漂います。

ブルージャケットでつくるコーデ


【1】キートンのブルージャケット×白スカート

【1】キートンのブルージャケット×白スカート
ジャケット・ブラウス・スカート(キートン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フロントを開けると、爽やかなブルーにピュアな白が際立ってこなれ感がアップ。Vゾーンをシャープに見せる6つボタンなので、留めて着こなしてもかっこよく決まり、キートンの真骨頂である、体にしなやかに沿う、極上の着心地を堪能できます。

ブルーワンピースでつくるコーデ


【1】マートルのブルーワンピース×ブルーバッグ

【1】マートルのブルーワンピース×ブルーバッグ
ワンピース『マートル』・青のバッグ『アルテミスプティ』・靴(ロロ・ピアーナ 銀座並木通り本店)、その他/私物 撮影/石倉和夫 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

薄く、しなやかなストレッチ入りコットンデニムのブルーワンピース。コントラストカラーのステッチがボディーラインのメリハリを際立たせるようにあしらわれ、おなか周りを目立たせず、絶妙な位置から広がるプリーツでスタイルアップがかなう、大人にうれしい一着です。

春のブルーコーデ


【1】エルメスのブルーバッグ×白ワイトパンツ

【1】エルメスのブルーバッグ×白ワイトパンツ
スニーカー『チーム』・ピアス・ブレスレット・バッグ・スカーフ(エルメスジャポン)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

鮮やかブルーのアイテムを持ちたい日は、清潔感あふれるベーシックカラー方向に仕上げると、コーディネートがしやすくなります。選んだのは、心地よく足を包むメッシュ&レザーの白スニーカー。ソールのかかとに適度な厚みがあり、ワイドパンツとのバランスも良好。明るいネイビーを差し色にした、好感度の高い着こなしは、休日だけでなく、職種によってはオンタイムにも通用する知性ときちんと感を備えています。

【2】ジル・サンダーのブルーバッグ×ベージュニット

【2】ジル・サンダーのブルーバッグ×ベージュニット
バッグ・ニット・パンツ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス・シルバーの大ぶりリング・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

メキシコのツバ広帽を、たたんで仕立てたようなソン ブレロバッグのブルーバッグは、ジル サンダーの新アイテム。はっきりしたブルーの光沢レザーと相まって、明るくハッピーなムードを振りまきます。上部を留めるフックや巾着型のレザー内袋が、使いやすさをサポート。

【3】ドゥロワーのブルーパンツ×ベージュコート

【3】ドゥロワーのブルーパンツ×ベージュコート
バッグ(デルヴォー・ジャパン)、コート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カラフルなパンツに同じくカラフルなストライプとビジューのような装飾のバッグが、端正なブリヨンミニを愛らしくバージョンアップ。

【4】ユナイテッドアローズのブルーパンツ×グレーニット

【4】ユナイテッドアローズのブルーパンツ×グレーニット
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(カオス丸の内〈ザンチェッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは、鮮やかなブルーでも子供っぽくなりすぎない上品な色合いが秀逸です。ストレッチ素材のさらっとしたはき心地も抜群。ゴールドのジュエリーでよりリッチに仕上げましょう。

【5】ブルネロ クチネリのブルーブルゾン×黒スカート

【5】ブルネロ クチネリのブルーブルゾン×黒スカート
スカート・ブルゾン・カットソー・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

グラマラスな女らしさとは対極にある、今っぽさのあるスポーティーなタイトスカート。透け感のあるジップアップブルゾンを合わせて、さらなる「すっきり映え」を狙った着こなしは、スレートブルーとの配色でシックに仕上げましょう。

【6】M・filのブルーパンツ×白ブラウス

【6】M・filのブルーパンツ×白ブラウス
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(オールウェイズ〈M・fil 〉)、ピアス・ブレスレット・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ラエ フェザー〉)、靴(ロンハーマン〈カンフォラ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

花柄の凹凸が美しいジャカード織のトップスは、シンプルな着こなしに華やぎを加味。程よく厚手で、体型を拾わないのも、大人にはうれしいポイントです。

【7】ディオールのブルーバッグ×黒地ドットブラウス

【7】ディオールのブルーバッグ×黒地ドットブラウス
バッグ『マイ レディディオール』・ブラウス・パンツ・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ドット柄ブラウス+パンツのシック&エレガントな着こなし。そこに、ピンバッジでカスタマイズしたブルーのバッグで鮮やかな遊び心を演出。エレガンスもモードも心得た大人の余裕が香り立ちます。

【8】ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカムのブルーパンツ×黒ジャケット

【8】ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカムのブルーパンツ×黒ジャケット
パンツ(ストラスブルゴ〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ブラミンク)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(JIMMYCHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ネイビーとの落ち着きのあるトーン・オン・トーン配色で、明るいスカイブルーを大人っぽく洗練させましょう。くたっとした質感のスエードジャケットもこなれ感を後押し。パンツは上質な薄手ウールの生地は心地よい着用感。ウエストにシルバーメタルの飾り付きです。

ブルーコーデの関連記事

TAGS: