2018年までに20か国で出版されている『ゴ・エ・ミヨ』。素晴らしいレストランにはその地ならではの地元食材と優れたテーブルウェア、サービスが必要と考え、その背後にいるプロフェッショナルにも光を当てている。

日本の食文化を盛り上げる人たちを表彰した『ゴ・エ・ミヨ2019』出版記念の授賞式へ

フランスを代表するレストランガイド『ゴ・エ・ミヨ』とは?

授賞式の前にはゴ・エ・ミヨ インターナショナル代表 ジャック・バリー氏による挨拶が行われた。「グルメな日本で出版できるのが光栄」と、うれしいコメントをしてくれた

そのため『今年のシェフ賞』や『テロノワール賞』、『ベストソムリエ賞』などの様々な部門を設け、『ゴ・エ・ミヨ2019』出版記念授賞式では受賞者を発表した。

調査した店舗の中で才能を縦横に発揮し、最も斬新で完成度の高い料理を出した料理人に贈られる栄えある『今年のシェフ賞』は『日本料理 龍吟』(東京)の山本征治氏が受賞。

『日本料理 龍吟』の山本征治氏

自身のキャリアや料理哲学、店舗のコンセプトなどを持ち、新たな切り口で一歩を踏み出した料理人『イノベーション賞』は、『鮨人』(富山)の木村泉美氏、『天ぷら 成生』(静岡)の志村剛生氏。

『鮨人』の木村泉美氏(左)、『天ぷら 成生』の志村剛生氏

ワインの知識やワインリストの構成のみならず、卓越した接客技術を持ち、お客様重視の姿勢が手本となるソムリエに贈られる『ベストソムリエ賞』は『アピシウス』(東京)の情野博之氏が受賞した。

『アピシウス』の情野博之氏

特別メニューが登場したガラディナーも開催

『ゴ・エ・ミヨ2019』出版記念 授賞式の後は、受賞者やゲストたちによるガラディナーも開催された。

多くの関係者が歓談したガラディナー

ガラディナーのスペシャルメニューとして、昨年本国で『今年のシェフ賞』に輝いたジャン・シュルピスシェフが監修したフィンガーフードが登場。

そばのタルトレットーフレッシュハーブ(左)、カリフラワーのタルトレットーナツメグ(右)

フランスをはじめ、各国の優れた食のプロフェッショナルをつなぐ強力なネットワークを擁す『ゴ・エ・ミヨ』。日本の優れた食のプロフェッショナルもこのネットワークにのせ、食の国際的な相互理解と交流を強力に推進していくという。

『ゴ・エ・ミヨ』を通じた日本の食文化の拡大と深化に期待したい。

問い合わせ先

この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。