日本文化

日本文化のまとめページです。
メンズプレシャス(MEN’S Presious)は、本物のラグジュアリーを追求する、こだわりを持った男性のファッションWebメディア。コート、スーツ、ジャケット、パンツ、シャツから、靴、バッグ、ネクタイや帽子まで、男性に必要なアイテムと名品ブランドを紹介。ダンディなジェントルマンはビジネスでもカジュアルでも、春・夏・秋・冬、いつも洋服にこだわりたいもの。もちろん時計、クルマ、旅行、葉巻、カメラなど、メンズライフスタイルの最新情報も万全。イタリア、イギリス、フランス、アメリカ、日本などから世界の一流品を揃え、毎日アップデート!

LIFE STYLE2017.10.18

プレゼントの達人が選ぶのは、紹介制の名店…

プレゼントはコミュニケーションのひとつ。ここでは、どんな相手にも感謝が伝わるレアなクッキ…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
ギフト日本文化東京ジェントルマン50の極意
CULTURE2017.10.11

孤高のダンディズム烈伝|金子光晴|メンズ…

ダンディズムにとって最大の障壁、それは、おそらく精神の自由を縛る縄だろう。男は女に縛られ…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
伊達男日本文化
CULTURE2017.9.5

着物にジャケット? 現代の着物はここまで…

理想的な着物の佇まいに必要なのは、時がゆったりと流れ始めるような空間である。その境地に達…

TEXT :
林 信朗
TAGS :
日本文化東京ジェントルマン50の極意
CULTURE2017.9.2

松山猛、遥かなるシルクロードに魅せられて

紀元前より世界の東と西を結んだ交易路、シルクロード。その響きは、今もなお私たちのノスタル…

TEXT :
松山 猛
TAGS :
日本文化
CULTURE2017.9.1

オリンピックと万博を東京で同時開催するっ…

現在の東京に点在する戦前の建築物の数々。それらは、かつての帝都東京の華やかさを今に伝えて…

TEXT :
菅原幸裕
TAGS :
日本文化東京ジェントルマン50の極意
MASTERPIECE2017.8.30

恥ずかしくて三文判が押せない! 南部鉄器…

日本伝統の鋳鉄技法でつくられた「ババグーリ」の南部鉄器の朱肉入れ。使うほどに鉄肌の落ち着…

TEXT :
小暮昌弘
TAGS :
ステーショナリー日本文化
CULTURE2017.8.24

人間を鍛える書斎のつくりかた

長い年月をかけてつくられた書斎は人生や歴史や仕事や思想が透けて見えてくるもの。その人の個…

TEXT :
宇田川 悟
TAGS :
日本文化
CULTURE2017.8.19

夏目漱石、芥川龍之介から学ぶ、男の書斎の…

日本近代文学の父、夏目漱石、その親交を得た芥川龍之介から学ぶ男の書斎のあり方を、文筆家の…

TEXT :
中川 越
TAGS :
日本文化
FASHION2017.8.13

その着心地に中毒性あり?大麻布のオーダー…

麻世妙とは、薬理物質を含まない大麻布を使った新ブランド。奇跡の復活を遂げた、日本古来の大…

TEXT :
織田城司
TAGS :
スーツ日本文化
CULTURE2017.8.10

日本のジェントルマン第1号は一万円札のあ…

日本人第一号のジェントルマンは誰なのか? それぞれの時代に西欧へ渡り、ご当地仕込みのジェ…

TEXT :
菅原幸裕
TAGS :
日本文化東京ジェントルマン50の極意
MASTERPIECE2017.8.6

日独がコラボした究極のハサミを老舗刃物店…

ドイツの文具メーカーの製品には、思わず惹きつけられてしまう魅力がある。ファーバーカステル…

TEXT :
赤峰幸生
TAGS :
ステーショナリードイツ名品日本文化
CULTURE2017.7.25

麻の服に袖を通すとき、知っておきたいのは…

暑い夏を涼やかに過ごせる素材として、ジェントルマンに愛される麻。現代では軽やかな印象を与…

TEXT :
菅原幸裕
TAGS :
日本文化
CULTURE2017.7.16

銀座もとじのプラチナボーイって何だ?

世界最高のシルクは生産過程に秘密があった。オスの蚕から作られる絹糸は、メスの蚕に比べて、…

TEXT :
織田城司
TAGS :
日本文化日本名品シルク
MAGAZINE

LATEST ISSUE | 2017 Autumn 10月6日(金)発売

メンズプレシャス秋号

グレーは100の表情をもつ

RECOMMEND ARTICLE