「モカベージュ×春色」のリッチ配色レッスン

スタイリスト大西真理子さんが伝授、最愛の単色グラデーションにきれい色をトッピング

春こそ、私たちが愛して止まない「淡色グラデーション」の出番。特に今季はカフェオレ色やモカ茶など、ドライなモカ系ベージュが大西さんのおすすめです。

「ほんのり辛口なベージュの濃淡で奥行きが生まれ、繊細なニュアンスを演出してくれます」(大西さん)

ただし、この淡色グラデーション、大人を優しく見せる反面、膨張して見える、マンネリ化するという欠点も…。それを払拭するために提案するのが「きれい色」のトッピング。

「大人が色を取り入れる場合は、頑張りすぎないことが重要。あくまでも“いつものベーシック”という基軸をくずさずに、きれい色を効果的に投入しましょう」(大西さん)

■1:モカベージュ×白にミモザイエローを効かせてトッピング効果を狙う

コート¥288,000(ヘルノ・ジャパン)、ニット¥88,000(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ¥29,000(Theory luxe)、サングラス¥38,000(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ネックレス¥1,960,000(TASAKI)、バッグ¥216,000・ストラップ¥40,000(トッズ・ジャパン)、靴¥141,000(J.M. WESTON 青山店)

モカブラウンのトリミングを配したゴートスエードのコートは、それ自体に濃淡のグラデーションを備えた優れもの。そんな春らしいコートには、「ボトムをベージュ系でぼんやりなじませず、潔く白を合わせることが重要」と大西さん。さらにビビッドなイエローのバッグがアクセントとなって、メリハリのある「新トリコロール配色」が生まれます。

モカベージュに白を重ねてクリアに見せつつ、ワンポイントできれい色を投入。ミモザイエローはモカブラウンとも相性がよく、華やかでありながら、こなれた印象に仕上がります。

3Points

主役のモカベージュ:淡いグレージュのスエード素材。配色トリミングが印象的なコート。

抜け感のホワイト:ピュアな白のパンツが全体をクリアに見せる洗練効果をもたらしてくれます。

アクセントのきれい色:流行色ミモザイエローのバッグで春を意識。小さめが旬のバランスです。 

問い合わせ先

■2:モカベージュの濃淡にパウダーピンクのパンツで、全体をまろやかになじませる

コート¥970,000・ニット¥145,000・パンツ¥95,000・ベルト¥75,000・ストール¥110,000・バッグ¥219,000(三喜商事〈ア二オナ〉)、ネックレス/首元から¥925,000・¥1,320,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴¥80,000(JIMMY CHOO)

優しいカフェオレベージュのトレンチ風コートに、小物もモカベージュで統一。それに溶け込むように投入したのが、パウダーピンクのパンツです。

「ベージュとなじみのいいピンクを見極めるのがコツですが、全体をグラデーションでまとめているので、意識して質感の異なる素材を重ね、奥行きを出しています。異素材ミックスのコートが効果を発揮!」(大西さん)

春らしいピンクのパンツを投入しながらも、全体のグラデーショントーンをくずすことなくまとめたコートスタイル。ベルトやストールに少し濃いめのブラウンを差し、きりっとまとめるのがセンスアップの秘訣です。

3Points

主役のモカベージュ:メッシュ風のカシミヤニット×マットレザーのトレンチ風コート。

引き締め役のモカ小物:コートのレザー部分より一段濃いモカ茶のベルトでウエストマーク。

なじませのきれい色:ややベージュがかったくすみ系ピンクのパンツが優しさを演出します。

問い合わせ先


「きれい色」のもたらす幸せ効果を味方にして、いつものベーシックスタイルを今年らしく輝かせましょう!

※掲載した商品はすべて税抜です。 

PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー)
STYLIST :
大西真理子
EDIT&WRITING :
川口夏希、川村有布子、矢野絵梨佳・竹市莉子(HATSU)、喜多容子(Precious)