冬の間中ずっと、黒を合わせていたベージュやキャメル。
日中の最高気温が15℃との予報で
冬のコートが少し暑く感じるような日は、
黒から白に、合わせる色をチェンジしました。

さらに季節が春に向かったら、靴も白に変えるつもりです。ニット/ユニクロ パンツ/ドゥロワー コート/ATON バッグ/Sans Arcidet ピアス/J.Crew 時計/カルティエ 靴/CHEMBUR

ただそれだけのことなのですが、
冬物のカシミヤニットパンツが、
春めいて見えるから不思議です。

さらに、あえてバッグをレザーではなく
かごタイプを選択しました。
とあるショップの方が、冬のさなかから
「かごバッグが売れている」とおっしゃっていましたが
確かにかごは、もはや通年アイテム。
しかも冬から春にかけての季節の変わり目は
飽きが着始める冬物に、鮮度をもたらしてくれます。

とがりすぎないアーモンドトゥとミドルヒールが履きやすい一足。肌色に近いヌーディなベージュには脚長効果も。靴/CHEMBUR

この日の足元は、以前ご紹介した
素足に見えるストッキング
ボトムと色をそろえたパンプスを合わせています。

このパンプスも、実は通年アイテムとして
活躍してくれている優秀な一足。
その理由は、ベージュのスエード素材にあると思います。
起毛感が冬にふさわしい暖かみがあるだけでなく、
適度なカジュアル感で、春夏にもぴったり。
ベージュがコンサバティブになりすぎないので
デニムの足元などにもちょうどいいのです。

この日はパンツがニットのジョガータイプと
カジュアル感の強いデザインだったので、
5.5㎝ほどのミドルヒールで
女性らしさを適度に加えてみたつもりです。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら