シャツの下には何も着用しないのが服飾のルールとされている。だが、体にフィットして、肌になじむ繊細な下着であれば別の話だ。逸品といわれる下着は、速乾性に優れた超長綿を使用し、極上の着用感を味わえるのだ。

肌着の官能性を知っている

よくにおいが記憶を呼びさますといわれる。感覚の記憶力というのはとてつもなくよくできているらしい。
 肌触りのよさも一度覚えたら忘れられない感覚である。ともすれば男性は服に機能を求める傾向があるが、たとえば肌着など直接身につける衣料は、肌触りも重要な機能である。しかも、ときに、その肌触りのよさを他人とシェアする場面もでてくるかもしれない。
 金融と時計の国スイスが意外や最高級アンダーウエアをよく産するというのも知っておきたい紳士的教養のひとつである。

タンクトップ¥8,400・ボクサーブリーフ¥6,600(伊勢丹新宿店〈ヅィメリー〉) Tシャツ¥14,500(ラペルラジャパン)

見えない部分にもこだわりを持つのが紳士のルール。女性と同じようにメンズ下着も突き詰めれば奥が深いもの。何を買おうかお悩みのあなたには、このラペルラの肌着をお勧めする。

 ※価格はすべて税抜きです。※価格は2016年春号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2016年春号『東京ジェントルマン50の極意』より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
イラスト/緒方 環 撮影/熊澤 透(人物)、川田有二(人物)、篠原宏明(取材)、戸田嘉昭・唐澤光也・小池紀行(パイルドライバー/静物)、小林考至(静物) スタイリスト/櫻井賢之、大西陽一(RESPECT)、村上忠正、武内雅英(code)、石川英治(tablerockstudio)、齊藤知宏 ヘア&メーク/MASAYUKI(the VOICE)、YOBOON(coccina) モデル/Yaron、Trayko、Alban レイアウト/澤田 翔(H.D.O.) 文/林 信朗 構成/矢部克已(UFFIZI MEDIA)、鷲尾顕司、高橋 大(atelier vie)、菅原幸裕、堀 けいこ、櫻井 香、山下英介(本誌) 撮影協力/銀座もとじ、マルキシ