カトラリーは極上のものを。自宅でどういう食生活をしているか。実はそこがジェントルマンの勝負所だ。 朗らかに、しかし端然と美しく食事をする男の姿はその家の文化のデフォルトになり、家風となって次世代まで伝わっていく。それには安物の食器やカトラリーではダメだ。 最高級のシルバーウエアを使えば、言われなくても背筋は伸び、手の動きもスムースになってくる。いや、そうしようと自然に努力するだろう。そうやってつくり上げた美しい食べ方には、いざという食事のときに他を圧する威厳がある。そして、それはわかる人にはわかるのである。

生活を豊かにするジョージ ジェンセンのフォーク&ナイフ

フォーク¥22,000・ナイフ(刃のみステンレス)¥25,000・スプーン¥27,000(ジョージ ジェンセン ジャパン)

1904年、デンマークのコペンハーゲンで創業したジョージ ジェンセン。実用性と美を融合した様々なプロダクツは世界中のセレブに愛され、デンマークとスウェーデンの王室御用達にも認められている。そのラインナップの中でも創業者のデザインによるシルバーカトラリー『コンチネンタル』は、ひときわ存在感があり、見惚れてしまうほどの美しきシルバーウエアだ。

こんな逸品を日常使いするのは贅沢に感じるが、実はそれこそがジェンセンがプロダクトに込めた思い。毎日使うことでジェントルマンのたたずまいが自然と身につく、という寸法だ。あなたにも、用の美を手にしていただきたい。

※価格は税抜です。※価格は2016年春号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
林 信朗 服飾評論家
BY :
MEN'S Precious2016年春号『東京ジェントルマン50の極意』より
『MEN'S CLUB』『Gentry』『DORSO』など、数々のファッション誌の編集長を歴任し、フリーの服飾評論家に。ダンディズムを地で行くセンスと、博覧強記ぶりは業界でも随一。
クレジット :
イラスト/緒方 環 撮影/熊澤 透(人物)、川田有二(人物)、篠原宏明(取材)、戸田嘉昭・唐澤光也・小池紀行(パイルドライバー/静物)、小林考至(静物) スタイリスト/櫻井賢之、大西陽一(RESPECT)、村上忠正、武内雅英(code)、石川英治(tablerockstudio)、齊藤知宏 ヘア&メーク/MASAYUKI(the VOICE)、YOBOON(coccina) モデル/Yaron、Trayko、Alban レイアウト/澤田 翔(H.D.O.) 文/林 信朗 構成/矢部克已(UFFIZI MEDIA)、鷲尾顕司、高橋 大(atelier vie)、菅原幸裕、堀 けいこ、櫻井 香、山下英介(本誌) 撮影協力/銀座もとじ、マルキシ