注目の日本ワインと春の滋味を至高のペアリングで提案

日本の食の世界で、成長株として注目されている日本ワイン。食文化に精通した“マスター”の知識や技術を生かし、季節ごとに展開しているパーク ハイアットのグローバルプログラム「マスターズ オブ フード&ワイン」では、40階の「梢」にて九州地方の3ワイナリーをフィーチャーしたスペシャルメニューを期間限定で提供しています。

今回チョイスされたのは、宮崎、熊本、大分のワイナリー。いずれも地元でのブドウ栽培にこだわり、各種コンクールで高評価を得ている名ワイナリーばかりです。

パーク ハイアットで堪能できる3つの九州ワイナリー

■1:都農ワイン(宮崎)

「雨の多い宮崎はブドウ栽培に適さない」と言われながらも、工夫を重ね、生産したブドウを使った風味豊かなワインづくりをすべく1996年に第三セクターにより設立されたワイナリー、都農(つの)ワイン。ワインの専門家に「都農で良いワインなんか無理だ」と言われたスタートから、いまでは世界で賞を受賞するまでに成長。

豊富なラインナップのなかから、今回は「ソーヴィニヨンブラン プライベートリザーヴ 2017」と「牧内 マスカットベリーA プライベートリザーヴ 2013」をグラスとボトル、「ピノ ノワール プライベートリザーヴ 2013」をボトルでいただけます。

左から/「牧内 マスカットベリーA プライベートリザーヴ 2013」、「ピノ ノワール プライベートリザーヴ 2013」、「ソーヴィニヨンブラン プライベートリザーヴ 2017」
都農ワイン(宮崎)取締役工場長 赤尾誠二さん

■2:熊本ワイン(熊本)

こちらも国内外で多数の受賞歴をもつ熊本ワインが4本登場します。ワインの顔であるエチケットのデザインが日本酒のようなデザインで印象に残るボトル。あまりの人気にすぐ完売してしまうため、お目にかかったことがある人は少ないのでは? 日本ワインのなかでも特に入手困難なのが熊本ワインの「菊鹿ワイン」なのです。 

熊本県山鹿市菊鹿町にワイナリーがあることから、ワインに「菊鹿」と名付けたそうです。「菊」の字の冠部分が鹿の角のようなデザインになっているのもポイント。

今回は「マスカットベリーA 樽熟成 2016」「菊鹿 シャルドネ」をグラスとボトル、「菊鹿 シャルドネ 樽熟成 2013」と「菊鹿 シャルドネ セレクション五郎丸 2014」をボトルでオーダーできます。

左から/「マスカットベリーA 樽熟成 2016」「菊鹿 シャルドネ」をグラスとボトル、「菊鹿 シャルドネ 樽熟成 2013」と「菊鹿 シャルドネ セレクション五郎丸 2014」
熊本ワイン(熊本)製造部部長代理 西村 篤さん

■3:安心院葡萄酒工房(大分)

大分県の安心院葡萄酒工房からは、「スパークリングワイン 2017」と「アルバリーリョ 2018」をグラスとボトル、「諸矢 テンプラニーニョ 2015」と「メルロー イモリ谷 2004」をボトルでラインナップ。

「安心院 スパークリングワイン 2017」はまだ販売前のため、こちらが初解禁! グレープフルーツのような締まった酸味がある1本です。2018年には新しいワイン畑が誕生し、さらなる未来が期待されるワイナリーの味をぜひ体験して。

左から/「スパークリングワイン 2017」、「アルバリーリョ 2018」、「メルロー イモリ谷  2004」、「諸矢 テンプラニーニョ  2015 」
安心院葡萄酒工房(大分)工房長 古屋浩二さん

ただボトルを取り寄せるのではなく、「梢」の料理長 大江憲一郎さん自らが当地を訪れてワインをテイスティング。ワインが生まれた風土を肌身で感じたうえで、さらに九州の食材も吟味して至高のペアリングメニューをつくり上げたそうです。いずれも東京はもちろん、現地でもなかなか入手できないレアワインばかり。ワインラバーを名乗るならば、このチャンスを逃さないで!

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子