ドレッシーな「黒靴」がカジュアルにも合う理由!

「黒靴」には、色調が充実した「茶靴」と同様に幅広い着こなしが楽しめる、秘めた力があります。実は、モードな雰囲気から洒脱なカジュアルまで網羅できる靴なのです。

ショートブーツ × レザーブルゾン

「ハードな印象のレザースタイルをノーブルなブーツで品のいい着こなしに」

限りなく黒を感じさせる、深みのあるグリーンを使った、しなやかなラムレザーのブルゾン。フロントのダブルジップ仕様やフードが付いた、上質で機能的なスタイルを表現する。そんなラムレザーのブルゾンに対して、重厚感があるうえ、メゾンの起源を彷彿させるメタルのアクセントが効いたブーツが、ハードかつエレガントなバランスを巧みにつくり出す。やわらかくもコシのあるウールフランネルを使った、今季注目したい、ややワイドシルエットのパンツが、足元のブーツの存在感を際立たせる。カシミア×シルク素材を用いた、モノトーンの幾何学模様のスカーフが、クールなアクセントとなる。全身、ダークカラー主体の着こなしにあって、ショートブーツが強烈な存在を放っている。ブルゾン・ニット・スカーフ・パンツ・靴(エルメスジャポン)※参考商品

まず、レザーブルゾンを中心とした着こなしには、少しハードな雰囲気の「黒」のショートブーツが好相性。ハーネスを思わせるブーツの金具が品のいいアクセントとなり、上質な着こなしに導きます。 

プレーントウ × ピーコート

「ネイビー×ホワイトを強く印象づける『黒靴』によるハイコントラストがシック!」

名品アウターのひとつ、ピーコートはトレンドに左右されることなく、伝統的な大人のスタイルをつくり上げるために欠かせないアイテムだ。バージンウールとカシミア混の素材によって、エレガントで快適な着用感を実現。基本色のネイビーを使ったピーコートと、ホワイトデニムによるネイビー×ホワイトの組み合わせは、イタリアの洒落者も好む正統的なカラーコーディネート。抑制が効いたなかに、その強烈なコントラストによって、華やかさも同時に表現する。ピーコートのネイビーとつながるように、黒のプレーントウでトラッドな雰囲気を演出するのが正解だ。アーガイルのソックスを合わせ、ポイントのある足元をつくり出したい。コート・ニット・シャツ・パンツ(ダンヒル) ソックス(アルソーレ〈パンセレラ〉) 靴(ラコタ〈オールデン〉)※参考商品

定番アウターのピーコートには「黒」のプレーントウを。軽快なピーコートに合わせるため、ややカジュアルな外羽根を選びました。白いデニムとの対比も美しく見えます。

チロリアンブーツ × M-65

「注目のブラウン×ブラックを都会的でスポーティなスタイルで演出する」

M-65タイプのジャケットは、起毛した味のある紡毛生地を使うことで、スポーティでありながらも、より大人の雰囲気をかもし出す。そんなジャケットには、ウールのパンツを合わせ、ファーをあしらったブーツとの組み合わせがよくなじむ。さらに、色彩の面では、ブラウンのジャケットに対して、濃いチェック柄を加えたやや明るいブラウンのパンツと、ブラックのブーツがつながり、ブラウンの色調が美しく表現できる。加えて、黒の帽子を合わせれば、上下に配置したバランスのいい黒の分量となる。注目のカラーコーディネートをモダンに楽しみたい。ジャケット〈スティレ ラティーノ〉・ニット〈ジョンスメドレー〉・靴〈パラブーツ〉/以上ビームス 六本木ヒルズ パンツ(トゥモローランド〈ピーティーゼロウーノ〉) 帽子(ボルサリーノ ジャパン)※参考商品

ブラウンで構成したアイテムと「黒靴」は、案外似合うという好例。ダークブラウンのジャケットに、少し色調の明るいブラウンのチェックパンツを合わせます。チェックに織り込まれたこげ茶の色と「黒靴」をつなげるのがポイントです。 

ローファー × ステンカラーコート

「英国トラッドを意識した男の洒脱なスタイルは、ローファーで」

ボタンを開けてゆったりとはおるステンカラーコートは、軽やかさを表現したトラッドなスタイルで臨みたい。フェアアイルのニットに、グレーフランネル生地のリラックスパンツを合わせれば、力の抜けた、余裕のある大人のスタイルとなる。さらに、靴はブラックレザーのローファーを。スエードではなく、スムースレザーを選ぶことで、決して軽くなりすぎず、紳士のスタイルを見事に保つのである。鮮やかな色合いのマフラーやソックスをアクセントに。コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム〉) ニット〈サンモリッツ〉・シャツ〈エリコ フォルミコラ〉・マフラー〈ピアチェンツァ〉・パンツ〈ベルウィッチ〉・靴〈ジョージ クレバリー〉/以上ビームス 六本木ヒルズ ソックス(アルソーレ〈コーギー〉)※参考商品

ステンカラーコートのスタイルに「黒」のローファーです。フェアアイルニットを合わせた英国トラッドのなかに、緑のマフラーや赤いソックスを差すことで、モダンな表情に。洒落者のポール・ウェラーのたたずまいも意識しています。

「黒靴」は、ドレススタイルだけには留まりません。カジュアルでも楽しめるのが「黒靴」なのです。(談)

※2018年冬号掲載時の情報です。価格はすべて税抜です。

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 淳(パイルドライバー/静物) 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)