品格、知性、華やかさ、余裕…。大人の女性の豊かな魅力=エレガンスの真髄を洗練シンプルな着こなしでいきいきと表現すること。それが、大人の仕事スタイルの理想です。

ラグジュアリーな美意識を満たす上質素材やつくりのよさを基本に、印象をアップデートしてくれるトレンド感も意識して、名品アイテムを選択! 多彩な仕事シーンを想定した主役コーディネートから活躍度を証明する着回し例まで…。ONタイムの「エレガント・スタイル」の深奥をお見せします。

今回は、かっこよさの際立つシクラスのジャケット&パンツを使った、スタイリッシュなお仕事スタイルをご紹介します!

これが「大人の仕事スタイル」の理想形!おしゃれで知的なジャケット&パンツの着こなし3選

■1:準備万端の社内プレゼン、スタイリッシュな男の装いなら説得力もアップ

ジャケット¥150,000・パンツ¥59,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス¥33,000(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、時計¥3,500,000・ペンダント¥2,350,000・リング¥2,770,000(ブルガリ ジャパン)

黒のジャケット&パンツが辛口になりすぎないように、キャメルのハイネックブラウスや大ぶりのジュエリー&時計を投入。女らしくてかっこいい印象に導きましょう。ジャケットはウエスト位置を高く見せる美シルエット。パンツは、ヒップ周をすっきり見せるパターンで、センターのピンタックステッチが脚線美を演出するテーパード。シンプルな黒アイテムは、絵になるディテールに注目するのが選びの鉄則です!

■2:品格のある艶ブラックのボウブラウスでレセプションに出席

ジャケット¥150,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス¥160,000・スカート¥110,000(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、バッグ¥260,000・靴¥74,000(JIMMY CHOO)

マット&シャイニーな質感のメリハリで、格も華もあるジャケットスタイルを演出

黒のノーカラージャケットは、インに合わせるアイテムで表情を変えられるのが魅力です。格も華やかさも必要な場では、幅広ボウの艶ブラックブラウス+セミマットな白のストレートスカートをコーディネート。ミックス素材のバッグとスエードのパンプスを投入して、端正なシルエットにモードな遊び心や洗練された色香をトッピング。ラグジュアリーな個性が香って、一目おかれる着こなしに仕上がります。

■3:モノトーンのレースブラウスでレストランでの会食へ

パンツ¥59,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス¥149,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、サングラス¥38,000(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ¥164,000(ピエール アルディ 東京)、靴¥91,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

華やぎレースと色香のある差し色小物で黒パンツを辛口フェミニンに導いて

パンツは後ろウエストがゴム仕様なので、トップスをインしても窮屈さを感じないのが利点。レースブラウスを合わせれば、辛口フェミニンなエレガントスタイルを快適に楽しめます。鮮やかレッドのチェーンバッグと透明素材×パテントのヒールパンプスで大人の女性らしいセンシュアルな魅力を加速させましょう。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
浅井佳代子(人物)、小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
大西真理子(ファッション)、Chizu(インテリア)
HAIR MAKE :
Tomo Tamura(Perle/ヘア)、川原文洋(UM/メイク)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)
EDIT&WRITING :
岡本治子、濱谷梢子(Precious)