暑い夏に着るジャケットは何が最適か?それならばシアサッカーが良い。最大の特徴といえば芯地を極力減らし裏地のない一枚仕立ての軽い着心地や、凹凸した生地が肌への接触を減らし涼感を得る。そして何より見るものに清潔感をもたらす。暑いからといって半袖の汗だくでタオルを手にしている姿より、ジャケットを着た清涼感ある立ち振る舞いでポケットからハンカチを出す姿の方がよほど美しい。今回はそんな暑い時期にこそ必要なジャケットを紹介する。

夏ジャケットの大本命!シアサッカージャケット

初心者でも着やすい無地柄ジャケット

左/ジャケット¥103,000〈カルーゾ〉・ニット¥21,000〈カモシタ ユナイテッドアローズ〉・チーフ¥8,000〈フィオリオ〉/以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 右/ジャケット¥58,000(カヴァレリア〈ゼロノーべゼロノーべ〉)

シアサッカーをはじめて着るなら無地のものが良い。(左)丸みのあるピークドラペルが特徴的で落ち着いたカーキの配色が大人らしいカルーゾ。程よいラフさがあるため少し着崩したコーデをしてもいいだろう。(右)ゼロノーべゼロノーべのジャケットは、定番ネイビーのWブレスト。コットンにポリウレタンを混紡しストレッチ性が高く着心地の良さが魅力。定番ゆえオンもオフにも着こなしが可能なので、一着は手に入れておきたい。

シアサッカーの定番ストライプ柄ジャケット

左/ジャケット¥64,000(シップス 銀座店〈フガート〉)中/ジャケット¥128,000〈ザ・ジジ〉・ポロシャツ¥29,000〈フィナモレ〉/ともにアマン 右/ジャケット¥48,000(ビームス 六本木ヒルズ〈ラルディーニ〉)、ポロシャツ¥17,000(にしのや〈ティー〉)

シアサッカーの代表的なストライプ柄は清涼感だけでなく、洒落さも同時に演出できる一石二鳥のアイテムだ。(左)オフホワイトとグレーの落ち着いた配色が大人らしいフガートはシアサッカーの定番スタイル。ラペルにちょこんと配されたてんとう虫は、イタリアで幸せを運ぶ虫とされている。なんとも洒落の効いたブランドだ。(中)ネイビーに薄いグリーンのストライプが爽やかなザ・ジジのWブレストはナチュラルストレッチの効いた一着。チェンジポケットを施したイージーになりすぎない夏の正統派ジャケットだ。(右)太めの畝が大胆なラルディーニのジャケットは、胸ポケットや袖ボタンを除いたイージーな雰囲気で、シャツのようにサラリとした軽い着心地を楽しめる。

遊び心溢れるチェック柄ジャケット

左/ジャケット¥49,000(トゥモローランド)右/ジャケット¥57,000(インテレプレ〈アクアラマ〉)、ニット¥24,000(トゥモローランド〈トゥモローランド トリコ〉)

大胆なチェック柄は、シアサッカーの素材感もあいまって注目の的になること間違いなし。(左)コットン素材が主流の中、トゥモローランドのジャケットはシルク100%のテロっとした滑らかな肌さわりと微光沢が美しい。ダークトーンをベースに赤やイエローのチェック柄がモードな佇まいを醸し出す。(右)一枚仕立てでストレッチ性のあるストレスフリーなアクアラマのジャケットは、ピンク・ブルー・ホワイトの配色がキャッチーな一着。今期注目色のピンクのニットを合わせて爽やかな着こなしを楽しみたい。

以上、シアサッカージャケットを紹介した。夏の素材シアサッカーのジャケットはまさにこれからの季節にぴったりなアイテム。柄によって見え方が大きく変わってくるので、自分にあった着こなしの楽しめる一着をぜひ探していただきたい。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊