スキンケアコスメのなかで今いちばん勢いがあるのは「メイク落とし」。機能性とともに肌当たりや仕上がり感などを左右する形状の種類も増え、テクスチャーも進化しています。

「自分の肌悩みに合った逸品に出合えば、美肌づくりの7割は成功したようなもの」と語る美容賢者たちが愛用しているのは、繊細な大人肌をいたわり、エイジングケア効果も備えたハイレベルなものばかりです。

今回は、ビューティエディターの入江信子さんが愛用する、「shiro」のクレンジングをご紹介いたします。

スルリととろける気持ちよさがやみつきに。摩擦レスで繊細な肌向き

実はエイジングケアのカギは「落とすケア」にあると思っています。というのも、摩擦がかかったり潤いをとりすぎたりと、落とすときの肌の負担はかなりのもの。その負担をいかに少なくできるかで老化の速度は遅くなるのです。

そこでこのクレンジング。まず感触が新しい。肌にのせた瞬間、固形のバームがスルリとくずれるのです! 「のせる→とろける」のアクションが楽しくて、それだけでも虜に。そして肝心なのは、とろける感触ゆえに肌に優しいこと。すぐにツルツル顔全体に広がってメイクとなじむので、摩擦レスなのです。

洗い上がりは、保湿感がありつつツルンとなめらかで、使うほどに透明感。その手応えは、オレイン酸やリノール酸を含むタマヌオイルや国産無農薬栽培のカンゾウといった植物が支えているのだとか。

ダブル洗顔不要だし、薬草っぽい香りもいいし、それに何よりあの感触を求めて、今日も私はこのバームに手を伸ばすのです。

日中に受けたダメージをケア。疲労肌を癒やしハリを育成!shiro「タマヌ クレンジングバーム」

ローレル shiro タマヌ クレンジングバーム 90g ¥6,500

古来より皮膚の健康や美容のために重宝されていたタマヌオイルをたっぷりと配合。さらに、農薬不使用にこだわった植物から抽出したエキスなど美容成分をリッチに詰め込み、シワも軽減、ハリ肌に変わります。

\shiro タマヌ クレンジングバームの使用感/

【テクスチャー】
肌になじませるとバームがまるでクリームのようにとろけて、毛穴の奥に入り込む。スピーディにメイク汚れも黒ずみも一掃。

【使用手順】  
500円玉大の量をとり、温めてから顔全体になじませて洗い流します。ダブル洗顔は不要。

【賢者の発見】
バーム=固くてのびが悪いと思っている人にこそ試してほしい、気持ちのいいとろけ感。毛穴の汚れもしっかり落とせます。

 

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
入江信子さん ビューティエディター
BY :
『Precious5月号』小学館、2019年 / 2019.6.17 更新
メーカー、出版社勤務後、1997年フリーに。美容誌、女性誌を中心に、広告などでも活動中。守備範囲はスキンケア、メイクを中心とする美容全般。自身の経験を基にした、わかりやすく、大人の女性の身になった記事を心がけている。 好きなもの:プリントの服、料理すること(特にグラタンをこよなく愛する“グラタニスト”)と食べること、旅(主に香港とフランスの田舎)、スポーツ観戦(ふだんはサッカー。ワールドカップやオリンピックの時期は寝不足でフラフラに)、深夜のひとり家呑み、海外ミステリー小説、グレージュのネイル、“メゾン フランシス クルジャン”のフレグランス、麻のベッドリネン、白い器、トニー・レオン、『ダウントン・アビー』 
PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)