ラグジュアリーファッション誌『Precious』の読者アンケートはがきでは、毎号さまざまな質問を投げかけ、読者からの生の声をリサーチしています。

そのなかでも、その後の実際の誌面づくりの参考になっているのが、「今月号に掲載された商品のなかで、実際に購入したいと思う商品はありましたか」という質問です。

4月号(2019年3月7日発売)で見事1位に選ばれたのは、「『トッズ』春を呼び込む2大名品の洗練力」いう企画で紹介したバッグ「D スタイリング」でした。そこで、世界中のセレブリティーにも愛用者が多いこのバッグの魅力を分析し、これから購入できる新色を教えていただいたので必見です。

繊細な配色がセンスのよさを印象づけるトッズのバッグ「D スタイリング」

Precious創刊15周年記念コラボ商品。残念ながらこのカラーはすでに完売。「D スタイリング」スモール【縦18.5×横29×マチ14cm】¥236,000  撮影/小池紀行(パイルドライバー)

今季新たにリリースされたバッグ「D スタイリング」は、蝶から着想を得たモダンな構造と構築的なフォルムが際立っています。もともと故ダイアナ元妃や名立たるセレブリティーがアイコンバッグとして愛用していた「トッズ D バッグ」がさらにモダンに洗練され、2019年春夏コレクションに戻ってきたコレクションです。

「蝶のように華やかで繊細なラインは、羽を思い起こさせる上部の曲線となっていて、細部へのこだわりが込められたものに。いちばん目立つセンターのシームは、バッグ本体を形成するふたつの革がリブ、ピンチステッチで縫い合わされ、サイドの下部は裏側で縫い、ひっくり返されているなど、熟練した職人技が現代に受け継がれています。

素材には艶のある美しいスムースレザーの牛革が使用され、経年変化でしなやかなレザーの質感を楽しんでいただけるタイプです。

この「D スタイリング」シリーズは、久しぶりに復活したアイコンバッグのためか、発売開始からおかげさまで店頭での反応がとてもよく、バッグコレクションの中でも常にいちばん売れているバッグです。色違いや素材違い、サイズ違いでそろえるお客様もいらっしゃいます。

購入したいもの第1位に選ばれたこちらのカラーは、Precious創刊15周年記念で特別に発売された限定アイテムのため、同じものがございません。

現在もお問い合わせのお電話を度々いただいておりますが、発売から1か月を待たずして、早々に完売となりました。『上品な色使いと機能性の高さ、特にハンドルが黒で汚れも目立たなくていい』と店頭で評価がとても高かったと聞いております」とPR担当者よりコメントが寄せられました。

スタイリスト押田氏が素材と洗練カラーミックスをセレクト!

甘すぎない大人のニュアンス配色を、押田さんが提案して、コラボ名品が完成しました。

この限定アイテムは、スタイリストの押田比呂美さんが今の気分や装いに合うようにと、クールなグレーに春らしいピンクを効かせた配色を提案。スタイリッシュさがありながら、華やかさも漂う、特別感あるこだわりの配色が人気になった大きな理由ではないでしょうか。

取り外し可能なストラップによって、持ち方がチェンジできること、マチが広く収納力が十分なことなど、バッグ自体の使い勝手のよさも働く女性の心に響くデザインだったといえます。

それでは次に、現在発売している「D スタイリング」の人気定番カラーをご紹介しておきましょう。

美しい白が放つクリーンな印象が、最上級のラグジュアリーを約束

「D スタイリング」スモール【縦18.5×横29×マチ14cm】¥236,000

「D スタイリング」の3サイズ中、真ん中の大きさで、日常使いにちょうどいいスモール。知性があって、きちんと感もこなれたムードも両立したカーフレザーの白は、どんな着こなしにもよく似合います。

次にご紹介するのは、2019年5月22日(水)より発売となる「D スタイリング」のプレフォールコレクションの新色です。

今っぽさを感じさせる3カラーMIXなら、辛口モードが際立つ!

2019年5月22日より発売予定。「D スタイリング」ミニ【縦16×横24×マチ12cm】¥199,000

ブラウンからベージュへの3色のスパイスカラーがバランスよく組み合わされています。夏のサファリ風スタイルはもちろん、秋冬のウォーミーなトラッドスタイルまで幅広く活躍間違いなしです。いちばん小さなサイズなので、ショルダーストラップをつけてアクティブに斜めがけもできます。

4月号の購入したいもの第1位に選ばれたバッグ「D スタイリング」は、トッズを語るうえで欠かせない名品バッグです。上質なレザーをイタリアの熟練した職人が細部までこだわってつくり上げたフォルムやデザインから目が離せません。

ミディアム【縦22.5×横34×マチ16cm】、ミニ、スモールと3サイズ展開で、単色、カラーミックス、スネークスキンが施されているタイプなどバリエーション豊富なところも大きな魅力に。お好みのタイプを見つけて、バッグを新しく買い替える際の候補にしてみてください。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
佐野有紀