本記事は、雑誌「Precious」に掲載された、6月を快適でおしゃれに過ごすための、レディース最新ファッションコーデのまとめです本格的な暑さ前のお手本コーデを参考に、ぜひ6月もファッションを楽しんでみてください!

レディース6月最新ファッションコーデ


【1】ベージュジャケット×ベージュジレ×白パンツ

ジャケット・ベスト(キートン〈キートン〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バングル(エスケーパーズ〈TAPLEY〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・ベスト(キートン〈キートン〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バングル(エスケーパーズ〈TAPLEY〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ジャケットとジレを重ねたメンズライクなトラッドスタイル。辛口なアイテムだからこそ、なじませた配色にすることで大人の優しい雰囲気が加わります。

【2】白ワンピース×サンダル

ドレス(ザ・ロウ・ジャパン)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、靴(トッズ・ジャパン)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ドレス(ザ・ロウ・ジャパン)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、靴(トッズ・ジャパン)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

旬のスタンドカラーで、贅沢なボリュームとロング丈が魅力のコットンワンピースを、センスよく仕上げるには主役級の小物のパワーが必要不可欠。

例えば、ともすれば目立ってしまうようなエクリュカラーのサングラスも、ワントーンになじませると取り入れやすくなります。さらに、レザー素材のフェザーが付いたフラットサンダルも、白だとエスニックテイストに転ばず、大人っぽく仕上がるのです。

【3】白Tシャツ×ベージュタイトスカート

スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、カットソー(ebure〈ebure〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、カットソー(ebure〈ebure〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

薄く、軽いゴートレザーで季節を問わず活躍する、スリムなスカート。一枚でさらりと着たいTシャツは、しなやかな薄手より程よく地厚なほうが、カジュアルでも着くずれせず、きちんとした印象に仕上がります。そんなスポーティーなたたずまいには、レースアップのサンダルで、初夏の爽やかな抜け感をプラスしましょう。

【4】グリーンワンピース×バッグ

ワンピース(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(エストネーション〈カッツオランジ〉)、靴(ロンハーマン〈ジル・サンダー ネイビー〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(エストネーション〈カッツオランジ〉)、靴(ロンハーマン〈ジル・サンダー ネイビー〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

艶やかなグリーンのドレスは、ナイトシーンでも活躍する華やかさ。でもヌーディーでフラットなサンダルで、夏の昼下がりにさりげなく着こなしてしまうのが、上級センスの見せどころです。

この夏は背中の開きにも臆することなく挑戦したい。ラウンドネックに長袖、ロング丈というストイックさのなかに、大胆な背中の肌魅せは効果的です。

【5】白コート×カットソー×黒パンツ

コート・カットソー・パンツ・バッグ『ヴァリゼット』(ルイ・ヴィトン)、傘/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
コート・カットソー・パンツ・バッグ『ヴァリゼット』(ルイ・ヴィトン)、傘/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

傘を弾く雨音に耳を澄まして、心穏やかに過ごす日。日本でもフランスにいても、見かけたら手に取らずにはいられない紫陽花=オルタンシアは、この季節の定番です。

雨の日は清涼な着こなしを心がけたいもの。白のコートの襟元から、ライトブルーが効いたカットソーをのぞかせて。仕上げに「モノグラム・キャンバス」のミニバッグをアクセントにしましょう。

【6】白カーディガン×白ニット×白ワイドパンツ

パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(トラデュイール)、ネックレス/パール・ゴールド(太)(細)(アルテミス・ジョイエリ)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)靴(ebure〈ブラドール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(トラデュイール)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)靴(ebure〈ブラドール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

足元は、黒の靴で引き締めて。オールホワイトの装いは、濃い色を随所に効かせると切れのある着こなしに仕上がります。

【7】白レースワンピース×バッグ

ワンピース・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

うっとりするほど美しい、デイジーモチーフのレース素材。オフホワイトでフィット&フレアシルエットの甘めの一着は、小物のスパイスを効かせてかっこよく女らしく着こなすのが大人流です。きれい色のバッグやエッジのきいたサンダルを合わせて、小粋に夏のおしゃれを楽しみましょう。

【8】黒ジャンプスーツ×ブルゾン

ジャンプスーツ・スカーフ・手に持ったブルゾン・サングラス・時計・バッグ『オン・ザ・ゴー』・靴・カート内/トランク・帽子ケース・ポシェット(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャンプスーツ・スカーフ・手に持ったブルゾン・サングラス・時計・バッグ『オン・ザ・ゴー』・靴・カート内/トランク・帽子ケース・ポシェット(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

軽やかなウールギャバジンで心地いいジャンプスーツがあれば、フライト時間も快適。首元に添えたスカーフや時計、バッグで白を効かせて、初夏に似合う爽快なアクセントを加えましょう。

【9】白ブラウス×白パンツ

ブラウス・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

全身白のコーディネートを辛口に仕上げるなら、ときには肌見せのアプローチが有効。主役になるのは、しなやかなシルク素材のブラウスです。前から見るとシンプルだけど、背中が大胆に開き、リボンベルトが付いたドラマティックな一枚。

背中と腕でカリッとした肌を見せ、さらにコットンホワイトのパンツで、全体をクリーンなトーンでまとめれば、女らしいのに品よくこなれた印象の初夏の着こなしが実現します。

【10】エメラルドグリーンカーディガン×黒ワンピース

カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

王道のエレガンスが香る黒のワンピースに肩がけして、こなれ感を演出。ライトベージュのショルダーバッグで抜け感を演出するのが、今の季節らしい軽やかさの決め手です。カーディガンの肩がけしたときにも美しく見えるつくりに注目。ラグランスリーブは肩に自然に収まり、短めの袖丈はルーズに見えないポイントになります。

【11】白ブラウス×黒パンツ×ハット

ブラウス(エスケーパーズ〈NEHERA〉)、パンツ (Theory〈Theory〉)、ハット(アマン〈アルテサーノ〉)、バングル(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈K.JACQUES〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラウス(エスケーパーズ〈NEHERA〉)、パンツ(Theory〈Theory〉)、ハット(アマン〈アルテサーノ〉)、バングル(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈K.JACQUES〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

小物で白をさらにトッピングすることで、ラフィアやレザーなど、さまざまな表情の白がコーディネートに加わり、モノトーン配色でも堅すぎない雰囲気になります。

【12】白ブラウス×ベージュロングスカート

スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

前身ごろはフラット、バックシェイプはウエストからヒップにかけて立体感をもたせ、独自の細見えバランスを追求したAラインのマキシスカート。上質なコットンフィンクスを用いたオリジナルの高密度チノツイルは、ヴィンテージ加工を施して、こなれた風合いです。ドルマンスリーブのふんわりとしたプルオーバーをタックインで着て、女性らしいメリハリシルエットに仕上げましょう。

【13】カーキジャケット×白カットソー×カーキワイドパンツ

ジャケット・パンツ・カットソー(アマン〈アンスクリア〉)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・パンツ・カットソー(アマン〈アンスクリア〉)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

パンツは、独特のシャリ味やヴィンテージライクなウォッシュ感のあるテクスチャーのカーキベージュ。Tシャツを一枚合わせるだけで着こなしが完成するような、スタイリングの主役になる存在感を備えた一着です。パンツと共生地のVネックジャケットを合わせてセットアップに。白いカットソーで抜け感をプラスしましょう。

【14】ライトグレーカーディガン×白ブラウス×ライトグレーパンツ

カーディガン・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

精緻な刺しゅうトップスとナチュラルな風合いのパンツに、「モニーレ」(マイクロボールチェーン)を縦使いしたロングカーディガンをはおって。繊細な艶と輝きが調和したミルキーグラデーションが着こなしをラグジュアリー・モードに導きます。

カーディガンは薄く軽く、爽やかなタッチの編み地。襟周りから前立てにかけてアイコンの「モニーレ」を配したロング丈。両サイドのポケットが大人かわいいアクセントを添えましょう。

【15】ベージュコート×白Tシャツ×白デニムパンツ

バッグ『トロント モンテーニュ』・トレンチコート・Tシャツ・ホワイトデニム(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『トロント モンテーニュ』・トレンチコート・Tシャツ・ホワイトデニム(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ロゴTシャツ+デニム、コートインを白でまとめた爽やかなトレンチスタイル。そこにグリーンの『トロント モンテーニュ』バッグを投入してみずみずしい配色美を楽しんで。コートにボリュームがあるぶん、バッグはロングショルダーで縦ラインを強調。遠目にもすっきり軽やかな印象に仕上がります。

【16】カーキワンピース×ベージュサテンパンツ

ワンピース・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バングル(フレーク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バングル(フレーク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

サファリを連想させる流行色=カーキに、挑戦するなら、着こなしのどこかに女らしさを意識しましょう。例えば、このシンプルなワンピース、襟元を飾るボールチェーン「ルーチェ」が華やぎを添え、強撚のレーヨン素材が艶としなやかな落ち感を生み出します。サテンパンツと合わせて、軽快なスポーツ感覚で着こなすのが今の気分です。

【17】黒トップス×イエローパンツ

トップス・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
トップス・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

フラワー柄のジャカード素材でパフスリーブという甘めのデザインも、黒なら大人仕様。この夏、挑戦してみたいのが、鮮やか色のパンツを合わせる、小粋な着こなしです。意識的に色数を絞り、バッグ、靴、ジュエリーを黒&ゴールドでまとめると洗練された印象に。

【18】カーキワンピース×サンダル

ワンピース・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ひと目で上質さが伝わる、極上のサマーウールを用いたワンピース。カーキの色味も絶妙で、華やぎ力もノーブル感もこなれ感も授けてくれる一着です。

【19】白ノースリーブニット×白ワンピース

ブラミンクのニット・ワンピース・‘フラテッリジャコメッティの靴(ブラミンク)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラミンクのニット・ワンピース・フラテッリジャコメッティの靴(ブラミンク)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ノースリーブのコットンシルクのワンピースの上に、カシミヤタートルネックのニットをレイヤード。ニットは、背中が裾に向かって逆Vに開いているデザインなので、重ねて着ても軽やかです。

黄みがかったエクリュホワイト、パールの品のある艶、コットンのピュアホワイト…、さまざまな白を組み合わせることで全身を白でまとめてもニュアンスが生まれます。

【20】カーキブラウス×ベージュタイトスカート

スカート(ebure〈ebure〉)、ペンダント(ebure〈キャス〉)、ブラウス(Vince表参道店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ebureのスカート、キャスのペンダント(ebure)、ブラウス(Vince表参道店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

シックカラーのシルクサテンのブラウスは、ワイドなカフが優雅さを引き立てて、パーティーにも対応できる一枚です。チノ風のカジュアルなひざ下スカートでデイリーなワークスタイルにしたら、人気の厚底スニーカーを合わせて、ハンサムなコーディネートが完成。スカートも小物もベージュトーンでまとめれば、スニーカースタイルも上品に仕上がります。

【21】ストライプジャケット×白Tシャツ×ドローストリングパンツ

ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉 )Tシャツ(ebure〈ebure〉)パンツ(Vince 表参道店) ピアス(片耳用)・ネックレス右から・リング(シハラ ラボ)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、Tシャツ(ebure〈ebure〉)、パンツ(Vince 表参道店)、ピアス・ネックレス・リング(シハラ ラボ)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ややビッグシルエットのストライプジャケットは、はおりもの感覚で着られる一枚。端正でハンサムなジャケット×ラフなドローストリングパンツで、堅くなりすぎない軽やかな装いに仕上げましょう。

【22】ブラウンワンピース×ハット

ワンピース(コロネット〈エアロン〉)、帽子(タアトウキョウ)、バッグ(GALERIE VIE 丸の内店〈マリアラローザ〉)、バングル(SIRI SIRI) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース(コロネット〈エアロン〉)、帽子(タアトウキョウ)、バッグ(GALERIE VIE 丸の内店〈マリアラローザ〉)、バングル(SIRI SIRI) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

暑い夏でも端正にまとうシックカラーは、ひときわ洗練されて見えるもの。なかでもこっくりとしたテラコッタ色は肌なじみがいいから、タンクドレスに最適。ミモレ丈の縦長ラインなので、すっきりとスタイルアップして見えます。黒の帽子をクラシックに合わせて、小ぶりなかごバッグで遊び心を。

【23】グリーンジャケット×レザータイトスカート

ジャケット・スカート・ブレスレット・バッグ・スニーカー(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・ブレスレット・バッグ・スニーカー(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

涼やかな透け感を楽しむジャケットに、レザーのタイトスカートというモダンでフェミニンな組み合わせ。いつもならパンプスで仕上げるところを、今年はスニーカーを投入するカジュアルセンスが素敵です。インパクトのあるボリュームソールでも、肌なじみのいい上品なベージュトーンだから挑戦しやすく、脚も長く見えます。

【24】ベージュワンピース×バッグ

ワンピース・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

重ね織りになったやや地厚のコットン素材が、美しいフィット&フレアシルエットを演出。比翼仕立てのデザインもスマートなワンピースは、上品で清潔感があって知的な、好印象を約束する一着。下まで配されたフロントボタンをいくつか開け、カジュアル気分で着ても素敵です。

【25】白カットソー×白ロングスカート

カットソー(スローン〈スローン〉)、スカート(イーストランド〈コー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カットソー(スローン〈スローン〉)、スカート(イーストランド〈コー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

軽やかで涼しげな全身白のコーディネート。初夏のスタイルだけに、重く見えない程度に、部分使いでコクのあるキャメルを効かせるのが洗練のポイントです。

「6月のファッションコーデ」の関連記事