お金は使えば使うほど減ってしまうもの。ですから、お金を増やすためには、極力使わず必死に働く、というのが常識的な発想ですよね。

ところが、お金持ちの発想は正反対。お金は使えば使うほど増えるもので、上手にお金を使うためには、センスと知性が求められるのだと言います。

そう語るのは、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣』の著者である黒坂岳央さん。以下では、お金持ちが実践しているお金の上手な使い方を紹介します。本記事を参考に、お金を上手に使う技術を磨いてみてはいかがでしょうか。

成功者に近づくための「お金の使い方」5選

■1:「消費」「浪費」「投資」を見極める

「消費」「浪費」「投資」の違いについて

普段お金を使うとき、その出費によってどのようなリターンが得られるか、きちんと考えたことはありますか? おそらく、多くの人がそこまで深く考えてはいないはず。

ところがお金持ちの場合、支払いのときにそれが消費・浪費・投資のどれにあたるか自問するのだと黒坂さんは言います。

「消費とは、商品やサービスに対して同等の金額で交換する行為のことです。例えば、コンビニで100円を出して100円のおにぎりを受け取るのは、消費にあたります。お金持ちかどうかを問わず、日常生活を送るうえで必要不可欠です。

浪費は、買ったのに使わなかった場合や、そこから経済的価値を得られないギャンブル・スマホゲームなどの行為を指します。値引き品を買ったのに結局食べない・使わないという無駄遣いは、ついついやってしまいがちですが、お金持ちはこのような浪費をまったくしません。

投資とは、使った金額以上の価値やリターンを得られる行為です。資格を取得するために学費がかかったとしても、その結果として年収が大幅にアップして数年で元が取れたのなら、それは投資にあたります。すべてのお金持ちがほぼ例外なく実行しているのが、この投資です。

ただし、一見すると浪費にあたる行動でも、ある人にとっては将来リターンをもたらす投資にあたるケースもあります。たとえ同じ行動でも、各々の考え方によって浪費なのか投資なのかが変わるということを覚えておきましょう」(黒坂さん)

お金持ちはお金の使い方が合理的。まずは消費・浪費・投資を見極められるようになることが大切ですね。

■2:価格以上の価値を生み出すものを買う

買い物には、ベネフィット(利益)を求めましょう。

値引きやセールと聞くと、お得に買い物ができるチャンス、と思いますよね。しかし、お金持ちは「安いから買おう」という買い物はしません。ベネフィット(利益)を求めて、「高くても自分が真に求めるもの」を買うのです。

「例えば、800円のお刺身を半額の400円に値引きされてから買うことを、普通の人は賢い買い物と考えてしまいます。

ですが、お金持ちは『物』ではなく『ベネフィット』を買います。お刺身の例で言えば、ベネフィットとは『新鮮な味わいから得られる幸福感』という体験のこと。新鮮さを欠いた売れ残りのお刺身は、本来のベネフィットが失われているため、いくら半額でも購入するメリットは極めて小さいと言えます。

このように、お金持ちは何かを買ったり投資をしたりするとき、必ず『購入する金額以上の価値を生み出すものかどうか』を冷静に判断します。お金や時間という資産を、より価値の高いものへと交換する行為に転換しているのです」(黒坂さん)

何かを買うときは、安いかどうかではなく、自分が求めているものなのか、値段以上の価値を生みだすものかどうか、という基準で考えましょう。

■3:無形のものにお金をかける

「自己投資」と「資産運用」など、無形のものへ投資することが大切。

成功者はお金を使うとき、使った金額以上のリターンが得られる「投資」に重きを置くということは前述のとおりです。ここで意識したいのが、有形ではなく無形のものを買うこと。なぜなら、それは「自分を磨く」ことにつながるからです。

「自分を磨くと聞くと、エステで外見を綺麗にしたり、ブランド物を身につけたり、といった有形のものを思い描くかもしれません。しかし、リターンを考えると、無形のものにお金をかけるほうが、価値が高い投資行動と言えます。

無形のものへの投資は、『自己投資』と『資産運用』の2種類に分けられます。自己投資とは、情報や体験、知識、教育などにお金をかけること。資産運用とは、株や不動産、仮想通貨などの資産に投資することです。

ブランド品や高級車といった有形資産には維持費や保管場所の確保が必要ですが、無形資産は一度取得すれば劣化せず、維持費をかけなくても価値を得ることができます」(黒坂さん)

黒坂さんは、収入の90%以上を自己投資と資産運用につぎ込んでいるそうです。自分磨きのためにも、一生の財産になる無形資産に投資してみてはいかがでしょうか。

■4:時間をお金で買う

必要な時間は、お金を出して買いましょう。

浪費はとことん抑え、必要なものには躊躇なくお金を払うのが、成功者たちの習慣のひとつ。戦略的、合理的にお金を使う年収1億円以上の人たちは「時間をお金で買うことで、浮いた時間を将来、自分の利益になることに費やしている」と黒坂さんは言います。

「『時間を買う』というのは、例えば料理の時間を短縮するために通販や宅配サービスを利用する、掃除はロボット掃除機で済ませる、洗濯をクリーニングで済ませる、といった行動です。また、会社の近くに住むことも、通勤時間を節約する意味で時間をお金で買っていると言えます。

成功者は、時間の節約が大きなリターンをもたらすことを理解しているのです」(黒坂さん)

過去、会社員として働きながら起業をした黒坂さん自身、起業にあてる時間をお金で買っていたのだとか。将来の自分のために必要な時間は、お金を出して買ってしまいましょう。

■5:ワイン・高級腕時計に投資する

ワインは「おいしく飲んで、楽しく学べる趣味」

お金持ちの必須アイテムと聞いて、どんなものを想像しますか? 黒坂さんによると、億超えのお金持ちの共通点は、ワインと高級腕時計に投資しているということ。

「お金持ちはワインが大好きです。ワインは産地や収穫年、ブランドなどについて、調べれば調べるほど知識欲を刺激されるため、『おいしく飲んで、楽しく学べる趣味』として機能します。また、ワインの価格には天井がなく、数万円するビンテージワインも珍しくありませんから、お金に余裕がないと飲み続けられないというのもポイントです。

そして、高級腕時計はお金持ちであることがわかるアイテム。いつの時代も、お金持ちは腕時計に投資することが多いのです。なぜなら、同じお金持ちの相手に、身につけている腕時計で値踏みされるから」(黒坂さん)

これらをすぐに実践するのは難しいかもしれませんが、上流の成功者と仲良くなるには、ワインと高級腕時計に関する知識をもっておくとよいかもしれません。


学校ではほとんど教わらない、お金の使い方。年収1億円超えの成功者を目指すなら、お金の貯め方、稼ぎ方だけでなく、使い方もしっかり学ぶ必要があるのですね。

『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣〜“億超えマインド"で人生は劇的に変わる!〜』著=黒坂岳央 大和出版 ¥1,400(税抜)
黒坂岳央さん
経営者・ビジネスジャーナリスト
(くろさか たけを)ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。各種メディアにてビジネスジャーナリストとしても活躍している。著書に『中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!』(大和出版)がある。https://takeokurosaka.com/
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
上原 純
TAGS: