金沢唯一の傘づくりの匠松田和傘店に時代を超越した美意識を見た!

創業は1896年。福井県敦賀で傘づくりを習った初代の菊太郎さんが、金沢に戻り店を開いた。湿気が多く重い雪が降り、雨の多い金沢の気候風土に根差した強靭な傘は、生活に欠かせない必需品。「松田傘店」は、数十名の弟子や丁稚奉公を抱え、大きく商売をしていた。

傘の端に見える糸の縫製が「小糸がけ」。傘に強度を与える伝統的な技と美の結晶だ。
傘の端に見える糸の縫製が「小糸がけ」。傘に強度を与える伝統的な技と美の結晶だ。
3代目の重樹さんが工房の中央で仕事に集中する。
3代目の重樹さんが工房の中央で仕事に集中する。
竜や鳳凰など、自由な発想 で絵柄を決める。傘の「天井」に重ねた和紙が透けて見える。ハリウッドスターのトミー・リー・ジョーンズ氏が、車で乗り着けて傘を買いに来たこともある名和傘店である。
竜や鳳凰など、自由な発想 で絵柄を決める。傘の「天井」に重ねた和紙が透けて見える。ハリウッドスターのトミー・リー・ジョーンズ氏が、車で乗り着けて傘を買いに来たこともある名和傘店である。

現当主、松田重樹さんの父親、弘さんが二代目を引き継いだ。第二次世界大戦中、傘づくりに必要な機械を没収され、以後、弘さんはひとりでコツコツと傘をつくり続けてきた。昭和30年代を迎えると、軽くて携帯もしやすい洋傘が台頭しはじめ、和傘は一気に落ち目となる。弱気になり廃業の寸前にまで追い込まれた弘さんのもとに、ひとりの西洋人が現れて、こう言ったそうだ。「傘づくりは日本の文化です。やめてはならない。もし傘が売れなければ、私がすべて買い取ります」

まるで、アーネスト・フェノロサに日本美術の価値を見出されたかのようである。その言葉を励みに息を吹き返した弘さんは、仕事に誇りを持ち、今、私が目の前にしている金沢傘が奇跡的に残った。

金沢傘の美しさとは何か。真っ先に挙げられるのは「用の美」。厳しい気候に何年も耐えうる堅牢さに美が潜んでいる。金沢の雪は水気も多く重い。たいした雪でなくとも、傘に降り積もると十分な重量になる。そのため、分厚い和紙を使う。コウゾ100%で漉いた和紙に防虫防腐の効果がある柿渋を塗ることで強度が増し、これを傘の先端に近い「天井」と呼ばれる部分には4枚重ねる。そして、一子相伝のレシピで配合した油を塗り、漆で仕上げる。骨組みの竹の素材をつなぐ糸も太い。傘の周囲の縁は、糸を何度も結びつけた「小糸がけ」という技によって、強度を上げるだけではなく、繊細な糸の模様も美しく見せる。実用性から生み出された美の細工は、金沢傘の個性を映し出すものである。

強靭なつくりのうえに随所に組み込まれた美の細工!

店内に並ぶいくつかの傘は購入可能。
店内に並ぶいくつかの傘は購入可能。
蛇の目にうっすらと見えるのが本物の竹笹。「助六」という傘で¥70,000。
蛇の目にうっすらと見えるのが本物の竹笹。「助六」という傘で¥70,000。

傘を開いたときの内側もまた華麗だ。「千鳥がけ」と呼ばれる5色の木綿糸を編み込む技で、綺麗な円錐形をつくる。これも傘を強靭にするのが目的だが、赤・ピンク・白・緑・黄色の鮮やかな糸が目に飛び込み、激しい雨や雪でも決して憂鬱な気分にさせない、という傘職人たちの心意気が宿っているかのようだ。

傘の絵柄は、自由な発想で描き出されるのも面白い。伝統を頑に踏襲していると私は思っていたが、案外柔軟に絵柄を決めていることがわかった。伝統的な柄とモダンなデザインの傘が、店内で共存する。深い紫色で仕立てた重厚な「元禄蛇のの目め」は、市松模様で柄を組んだ粋な和傘。色柄ともにいかにも男らしい傘だ。京都の芸妓さんからの注文では、和紙の間に紅葉をしのばせた可憐な柄を表現する。ひとつひとつ手彩色で花びらを描いた傘には、優しさが浸み込む。

この店だけになった金沢傘の矜持!

5色の木綿糸で綺麗に編み込んだ「千鳥がけ」。
5色の木綿糸で綺麗に編み込んだ「千鳥がけ」。
工房の片隅で傘に花を描くお弟子さん。傘づくりは5本を1セットにして進行する。オーダーメイドの納期は、現在最長で1年半ほど。9割のお客さんが県外から訪れる。
工房の片隅で傘に花を描くお弟子さん。傘づくりは5本を1セットにして進行する。オーダーメイドの納期は、現在最長で1年半ほど。9割のお客さんが県外から訪れる。

3代目の重樹さんは、金沢傘をこう言い表した。「丈夫であり、美しい。差す人の魅力を引き出す名脇役です」

風雪に耐えるしっかりとした金沢傘。創業120年を超える「松田和傘店」に受け継がれてきたのは、丈夫さと美しさを兼ね備えた傘づくりだ。あらためて「元禄蛇の目」の細部を見れば見るほど、時を超えた、金沢傘の美が伝わってくる。

世界の要人にも金沢傘をつくってきた伝説的な2代目の傘職人、松田弘さんは高齢のため引退。3代目を務めるのが、子供の頃から工房で仕事を手伝っていた重樹さんだ。
世界の要人にも金沢傘をつくってきた伝説的な2代目の傘職人、松田弘さんは高齢のため引退。3代目を務めるのが、子供の頃から工房で仕事を手伝っていた重樹さんだ。

問い合わせ先

  • 松田和傘店 TEL:076-241-2853
    住所/石川県金沢市千日町7-4
    ​営業/9:00~17:00 不定休
この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2019年春号
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/篠原宏明(取材)構成/矢部克已(UFFIZI MEDIA)