バストアップやバストのハリを取り戻すための食べ物、マッサージ、下着選びの方法を、育乳メソッドのプロに伺いました

年齢とともに、体のあらゆる場所に変化が見られるようになってきた、と感じたことはありますか? 肌にハリがなくなった、髪の毛がパサつき始めた、など、その悩みはさまざまですよね。

しかし、中でも多くの女性が実感する体の変化と言えば「バストのハリ」がなくなり始めた、という状態ではないでしょうか?

「年齢的に仕方がない」と諦めてしまう人も多いですが、実は何歳であってもしっかりとケアすれば、今からでもバストのハリを取り戻すことは可能なのです。

今回は、 「アイリーン式育乳マッサージ」の考案者であり、恵比寿にあるM-STYLEで多くの女性のバストケアをサポートしている神長 アイリーン ミシェルさんに、「バストアップに効果的な食べ物」「バストのハリを取り戻す正しいマッサージ方法」「バストの下垂やハリの低下を招くNGな下着選び」などについて、教えていただきました。

神長 アイリーン ミシェルさん
美容家
(かみなが あいりーん みしぇる)1983年生まれ。フェイシャルやボディなどトータルエステの技術も持ち、自身のコンプレックスをばねに研究を重ね「アイリーン式育乳マッサージ」を開発。大物芸能人や多くの著名人にもファンが多く<バストの女神>と称される。
M-STYLE

■1:人気の育乳メソッド開発者が力説、「バストアップに効果的な食べ物」とは?

まずは、「食べ物からアプローチするバストケア」について紐解いていきます。

バストの下垂やハリの低下は、なぜ起こる?

--神長さん、本日はよろしくお願いします! 年齢とともにバストが下がってくる、ハリがなくなる、という悩みを持つ人は多いですが、そういった現象はなぜ起こるのでしょうか?

神長 アイリーン ミシェルさん(以下、神長)「まず、バストの下垂やハリの低下が起こってしまう理由としては、クーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまうことです。クーパー靭帯とは、乳腺と筋肉や皮膚をつないでいる組織のことです」

--クーパー靭帯を切ったり、伸ばしてしまったりする原因はどういったものなのでしょうか?

神長「激しい運動や、ブラジャーを着けずに日常を過ごしてしまうだけでもクーパー靭帯を痛めてしまいます。

あとは加齢ですね。加齢によってクーパー靭帯を形成するコラーゲンの生成が減少することによって、バストが下垂していきます。サロンに来るお客様でも、40代以降の人の悩みとして『バストが下垂してきてしまった』という悩みを持つ人は特に多いですね。

バストアップ、バストケアと聞くと『単純にバストを大きくする』というイメージが先行しますが、実際、胸元のボリュームを出したり、ハリを出したりすることで下垂させないという効果が期待できます」

バストアップやケアに効く食べ物、飛びつく前に気をつけたいこと

バストに効く食べ物、今すぐにでも摂取したいところだけれど……。

--クーパー靭帯は、一度切れたり伸びたりすると再生することが難しい、という話をよく聞きます。

神長「そうですね。2〜3年前まではそのように言われていたのですが、最近ではカツオの心臓の横、動脈球というところから取れるグラマリズムエラスチンという成分が、クーパー靭帯の再生に効果を発揮するという、臨床結果が発表されています。私のサロンでも、グラマリズムエラスチンのサプリを販売しています」

--それは、何かほかの食べ物で代用することは可能なのでしょうか?

神長「他の食べ物でその成分が発見された、というのは聞いたことがないですね……。ただバストのケアを意識したときに摂取するのをおすすめしたい食材は、ほかにもいくつかあります。

しかし、『〇〇に効く!』と話題になる食べ物を摂取する前に、少し気をつけてほしいことがあるのです」

--そうなのですね。それはどういったものなのでしょうか?

神長「バストアップに効く、ダイエットに効くなど、何かの食材が話題になると、その食材ばかりを摂取していれば良いと考える人がいるのですが、それは間違いですね。

まずはバランスのとれた食生活を行なった上で、という前提を守って摂取することが大切になります。例えば、ビタミンCばかりを摂っていても、同時にカルシウムを摂取しないと体内に吸収されない、というふうに、しっかりと食べ合わせを考えてから、摂取していただきたいですね」

バストケアを意識したら、摂取しておきたい食べ物は?この4つ

バストアップと言えば、誰もが知るあの食べ物も!

--なるほど。たしかにそうですね。話題になるとスーパーからその食材ばかりが消える、という現象はよく耳にします。

神長「あくまで、しっかりとバランス良く健康的な食事をした上で、という中でいくつかおすすめの食材を紹介しますね」

■1:大豆製品

神長「お豆腐や納豆などの大豆製品を摂取することがバストアップに効果的という話はよく聞きますよね。

大豆の中に含まれるイソフラボンという成分が、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしてくれることで、乳細胞を増やしてバストの形成に効果を発揮してくれます」

--女性にイソフラボンの摂取が良いというのはたしかに聞くことが多いですね。

神長「イソフラボンはバストだけでなく、肌の状態を良くしたりハリを出したり、という効果もあるのでおすすめです。

実際に私も、以前はニキビに悩まされていたのですが、ソイプロテインを摂取するようになってから、ニキビがなくなり肌の状態がかなり改善されましたね」

■2:キャベツ

神長「キャベツもバストアップやバストのケアを意識した時にぜひ摂取して欲しい食材です」

--キャベツがバストに良いという話は聞いたことがある人も多いかもしれません。ただなぜ良いのか? という部分を理解している人は少ないですね。

神長「キャベツの中に含まれるボロンという成分が、エストロゲンの分泌をふやしてくれるのです。ボロンは熱に弱いので、できるだけ生で摂取することをおすすめします」

■3:セロリ

神長「皆さんがあまり知らない食材で言うと、セロリでしょうか。

血行を促進してくれるビタミンEが豊富に含まれています。血行を良くすることはいわゆる“胸こり”、バストのこりを取ってくれることにも一役買ってくれます。

また、ビタミンEは乳腺を発育してくれる効果もあるので、バストのハリがなくなってきたな、という時には意識的に摂取してみてください」

■4:マカ

神長「今はバストアップ系のサプリだとプエラリアなどが有名ですが、実は以前バストアップ系のサプリでよく出ていたのがマカですね。

マカはものすごく栄養価が高く、マカを栽培した後の土壌では何も育たないと言われるほど、その実の中に栄養を蓄えるのです」

--マカは今やサプリの定番になっていますよね。

神長「そうですね。ただ、女性ホルモンへの働きかけがかなり強いので、用法用量は必ず守って摂取することが重要です」

「体を形成するタンパク質などもバランスよく摂取することでより効果が高まる」と話す神長さん。

まずは、あれこれ試すよりも、当たり前のことを当たり前に行い、バストアップやハリを取り戻すための体の土壌作りが第一なのだそう。

バストのケアを考えた時に、最も大切なのは健康的な体づくり。しっかりと実践することで、バスト以外の部分にも良い影響を感じることができそうです。

■2:コツは「やりすぎない」こと!? バストのハリを取り戻す正しいマッサージ方法

最近バストのハリがない、垂れ下がってきた気がする……。鏡の前に立つたびにそうため息をついている人は多いはず。しかし、年齢的に仕方がないと諦めるにはまだ早いかもしれません。ここからは、多くの女性たちのバストケアをサポートしてきた神長さんが教える、効果的なマッサージ方法を伺います。

バストマッサージで意識すべきは「環境づくり」

美しいバストのためにはしっかりと土壌を整備することが大切!

--神長さん、続いてバストに効くマッサージについてお話を伺えればと思います。

神長 アイリーン ミシェルさん(以下、神長)「まず、バストのマッサージに対する考え方なのですが、育乳考えた際の『環境作り』と考えてもらえればと思います」

--と、言いますと……?

神長「バストに効くサプリも飲んでいるし、食べ物も摂取している、なのに効果が現れない! という方がいるのですが、それは育乳を行う土壌がしっかりと整えられていない可能性が高いのです。

例えば、コンクリートのように固まってしまった地面に、いくら栄養剤を入れても、植物は育ちませんよね? それと同じで、何をやっても効果がないという人は、胸の血流が悪く、肩こりのように乳線が凝り固まっているという場合が多いのです。筋肉と乳腺をつなぐ部分が癒着してしまっている、という状態ですね。私は『胸こり』と呼んでいます」

コツは「頑張りすぎない」こと

ただがむしゃらにマッサージするのはNG!

--なるほど。まずはバストそのものを、ケアするに適した環境に整えてあげないといけないのですね。そのためにマッサージが有効的だと。

神長「そうですね。とはいえ、ただやればいいというものではなく、バストのマッサージを行う際に気をつけてほしいポイントがあります。

よく、マッサージをすると、頑張りすぎてしまう人がいるのですよね。私のサロンでも初回の施術の時にかなり痛みを感じる人がいて、それを良しと思っている人がいるのですが、それは間違いです。

私たちは力任せに『痛い施術』をしているのではなく、胸こりが起こっているために、痛みを感じるのです。効いているかどうかの基準を『痛み』に置かないことが大切です」

--がむしゃらに、間違った方法でマッサージしてしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか?

神長「頑張りすぎてしまうと、クーパー靭帯という、筋肉と乳腺をつなぎバストを支えている部分を、傷つけてしまう可能性があります。クーパー靭帯が傷つくと、逆にバストを下垂させてしまう原因になりかねません」

簡単! 自宅でできるバストマッサージとは?

胸こりをほぐすことが育乳成功への第一歩!

--実際にバストのマッサージを行う場合、具体的にどのような方法があるのでしょうか?

神長「自宅でできる簡単な方法をお教えしますね。何度も言いますが、コツは頑張りすぎないこと、です!」

  1. 手のひら全体で胸を優しく包む
  2. つまむようにしっかり揉んでマッサージする

神長「ポイントはあまり強く力をかけず引っ張らないようにしながらも、しっかり行うことです。これが、胸こりを直接ほぐすためのマッサージになります。

また、胸こりをほぐすためにはリンパの流れを滞らせないことも大切ですね。バスト周りのリンパの流れを良くするためのマッサージは以下のように行ってみてください」

  1. 人差し指、中指、薬指、小指の四指を脇の下に入れる
  2. 親指を鎖骨の下あたりに添える
  3. やや力を入れて脇の下を揉み込むようにマッサージする

--こちらのマッサージは、力を入れてしまっても大丈夫なのですか?

神長「はい。この場所はクーパー靭帯がない場所なので、やや力を入れてマッサージしても問題ありません。リンパの流れが悪い場合は、最初は痛いと感じることもありますね。

ただ、リンパの流れが良くなり胸こりが取れてくると、この痛みも感じなくなってきます。あくまで『環境作り』と言いましたが、マッサージをすることで、女性ホルモンの分泌を促進する効果もありますよ」

--こういったマッサージは、生理中に行っても問題ないのでしょうか?

神長「生理中は胸が張るという人も多いですよね。マッサージしないほうがいいかな? と考える人も多いと思いますが、生理中にマッサージを行っても大丈夫ですよ。むしろ、胸が張るという人は、それをほぐすためにやったほうが良いですね」

--なるほど。本当に、気がついたときにいつでもできるマッサージなのですね。

神長「リンパにアプローチするマッサージだと、美容ローラーで鎖骨の下をコロコロするなどして、リンパを刺激したり、胸の横を拳でグリグリと押したり、といったものも良いですね。

バストそのものは優しくしっかり、リンパ周辺は痛気持ちいいと感じる程度の強さで行ってください」

何かアイテムを使用したマッサージかと思いきや、ふと気が付いた時にできるマッサージばかり。というのも、神長さん自身が「楽にバストアップや育乳にアプローチできる方法」を常に考えているからなのだとか。

サプリやクリーム、色々やってはみたけれど、なかなかバストケアに効果が見られないという人は「胸こり」が原因なのかも?しれません。

まずは自身のバストの状態をしっかり把握し、マッサージすることで、バストのケアに最適な環境を作っていきましょう。

■3:実は間違いだらけ! バストの下垂やハリの低下を招く「NGな下着選び」をしていませんか?

毎日を楽に過ごせるアンダーウェアが次々と発売される昨今。パッドが付いており、ブラジャーを使用せずともバストを保護してくれる、ブラトップ系のアンダーウェアを着用している、という人も多いのではないでしょうか? しかし、実はその楽さがバストのハリを損なわせてしまう原因になることも。

加齢によるバストの下垂が気になってきたときにこそ、しっかりと自分のバストにあった下着選びをすることが重要です。第3章では、バストのハリを保つために重要な、正しい下着の選び方について、引き続き神長さんに伺います。

下着の選び方は、年代によって変わるものではない!

バストの質が変化すると下着選びも変わる?

--神長さん、これまでにバストに効く食べ物、マッサージ方法などをお聞きしてきましたが、最後に下着選びについて伺います。最近カップの付いたベアトップやキャミソールが、たくさん販売されていますよね。育乳という観点から見ると、こういった下着はどうなのでしょうか?

神長「ブラトップ系のアンダーウェアは、締めつけもなく楽ですよね。実際に私もいくつか持っています。ただ、バストアップや育乳という観点から見ると、やはりホールド感が弱く楽な分、バストの下垂を促進してしまうという部分があるのが否定できません。ホールドされず、バストに重力がかかる、ヌーブラなどにも同じことが言えますね」

--年齢によって下着の選び方が変わる、ということはありますか?

神長「たしかに、20歳前後と40歳前後の女性ではそもそも肌質も違ってきますし、バストに対する悩みも違います。ただ、こと下着選びに関して言えば、年代によって変わるものではないですね。

これは先ほど話したブラトップ系を着用することにも同じことが言えます。20代の女性でも、そういったものを着用し続けることで、バストの下垂が起こるということは十分にありますし、実際に私のサロンにも若い人でそのような悩みを持って来られるお客様は多いですよ」

重要なのは下着のフィッティング!

重要なのは「サイズを把握すること」ではなかった!?

--それでは実際に下着を選ぶ際、気をつけるべきことはありますか?

神長「まず下着を選ぶ際、多くの人がサイズを測ってその上で、そのサイズ通りの下着を購入することが多いと思うのですが、『自分はこのサイズだから』と決めつけることなく、必ずフィッティングして購入することをおすすめします」

--たしかに、自分のサイズを把握していれば、フィッティングせずに購入してしまうという人も多いですよね。

神長「そうですね。必ずフィッティングして欲しいというのも、下着の形状やサイズ感はメーカーによってさまざまであるという点と、そもそもそのサイズが間違っている可能性がある、という点にあります」

--測ってもらったサイズが間違っている、ということがあるのですね!

神長「下着を着用する際、多くの人がしっかり脇肉などをカップの中に入れて、いわゆるバストメイクをすると思うのですが、重要なのはそのバストメイクをした状態なのです。

『バストが小さいから、自分はAカップでも隙間ができてしまう』という人は、そもそもワイヤーがバストの上に乗っかってしまい、上手にバストメイクができていないだけ、という可能性があるのです。

フィッティングしてみたら、実はCカップの下着の方が合っていた!なんてことも多いですよ。自分のバストのサイズを決めつけずに、あらゆるサイズ、形状の下着をフィッティングしてみて購入することが大切です」

下着選びで見るポイントは3つ!

3つのポイントを意識するだけでバストは変わる!

--実際にフィッティングする際に、見るべきポイントはあるのでしょうか?

神長「大きく分けて、ワイヤーの形、脇部分のワイヤー、肩紐の3つです。1つずつ説明していきますね」

■ポイント1:ワイヤーの形

神長「最近、締め付け感が気になるという人のために、L字型のワイヤーを使って左右の間を開けた下着などが販売されていますが、そうなると谷間部分がホールドされず、谷間のあたりに下垂が起こってしまいます。これだと、正面から見てバストの下部分が平らな形になってしまうのです。

ワイヤーの形はしっかりとU字型で、さらに谷間部分の左右のワイヤーの間隔が狭いものがおすすめです」

--谷間部分のワイヤーが当たって痛い、という人はどうすれば良いのでしょうか?

神長「そもそも、ワイヤーの間隔が狭いものでも、しっかりとバストの形に合った下着を着けていれば、痛いと感じることはないと思いますね。やはりその部分もフィッティングをしてみることで、見極めると良いですね。

あとは正面から見たときの体の幅と、左右のワイヤーの幅が合っているものを選ぶことが大切です。合っていないと、ワイヤーがバストの上に乗ってしまって、間違ったサイズを買ってしまう、ということが起こってしまいます」

■ポイント2:脇部分のワイヤー

神長「下着は脇の下にも一本ワイヤーが入っていますが、このワイヤーの縦の長さがあるものが良いですね。これは、しっかりとバストをホールドした状態で固定してくれるかどうか?という部分に関わってきます。

脇部分のワイヤーに長さがないと、どうしてもバスト全体のホールド感は弱くなってしまいます。同じように、ホックも3つ付いているものがおすすめですね」

■ポイント3:肩紐

--肩紐に関して、太めのものが良い、という感じでしょうか?

神長「肩ひもに関しては、しっかりと脇の下部分から延びているものを使用する、というのがポイントですね。

デザイン重視のものだと、どうしても肩紐の取り付け部分が内側寄りにあって、脇の下から間が空いてしまいます。そういった下着を選ぶことで、バストの脂肪が脇に逃げてしまい、徐々に二の腕の脂肪に変わっていってしまうのです。二の腕を太くしてしまう原因になります」

ナイトブラの選び方は?

サイズ展開の少ないナイトブラ、上手な選び方は?

--就寝時は下着を身につけないという人も多いですが、やはり寝ているときでも下着の着用はおすすめですか?

神長「そうですね、成長過程であればそれでもOKなのですが……。下垂やハリの低下を招きたくないのであれば、就寝時はナイトブラの着用はするべきです。血流を妨げないよう、きつくなく、ゆるくなく、谷間ができる程度のものが良いですね」

--しかし、ナイトブラはサイズ展開がそこまで豊富ではないぶん、MだときついLだとゆるい、というようなことが起こりがちですよね。

神長「そうですね。そこでいわゆるナイトブラというものではなく、スポーツブラをナイトブラとして使う、という方法がおすすめですね!

スポーツブラは、実際にスポーツをするという人以外は、あまり馴染みがないと思うのですが、サイズ展開も豊富で、普通の人が昼間に着用している下着に比べて、グッと締め付け感も抑えられます。

もちろん、スポーツブラを選ぶ際も、しっかりとフィッティングは行ってくださいね」

すでに自分のサイズを把握していると「思っている」からこそ、何気なく終わらせてしまいがちな下着選び。その「分かっているつもり」がバストの下垂やハリの低下を招いている可能性が大!

正しい知識のもと、正しく下着を選ぶことはバストのハリを取り戻す第一歩です。必ずフィッティングを行い、自分のバストの形に合った下着選びを心がけてみましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
Rina Onodera