「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック」は、ハリー・ウィンストンと“中屋万年筆”とのコラボレーションという、異色で魅惑の話題作である。中屋万年筆といえば、万年筆づくりに40年以上の経験を持つ職人たちが中心となって、1999年に設立された名人芸集団だ。熟練の職人がすべての工程で手作りする万年筆はオーダーメイドのみ。得意とする漆塗りの特別注文も受け付けていて、蒔絵や螺鈿(らでん)、小生が研究テーマにしたいと目論んでいる琉球堆錦(ついきん)まで、さまざまな技法を華麗に駆使している。その奇跡的な職人たちが、ハリー・ウィンストンのニューヨーク五番街本店の形象を織り込みながら、蒔絵と螺鈿を交えた漆の技法を凝らして、ニューヨークの夜空を見事に描きあげたのである。

ハリー・ウィンストン「HW ミッドナイト・ヨゾラ オートマティック」

あまりにも有名なハリー・ウィンストンのニューヨーク五番街本店が、マザー・オブ・パールの象嵌で描かれた。弾けるような光のきらめきはプラチナとパラジウムの蒔絵によるもの。

 9層にも漆を塗り重ねたインクブラックのダイヤルに浮かびあがる五番街本店のアーチは、マザー・オブ・パールの象嵌による螺鈿細工である。そこからプラチナとパラジウムの蒔絵で、輝きが放射する。その漆黒の夜と花火のようなきらめき、闇と光彩のコントラストとダイナミズムを日本の伝統芸が眺め、解釈し、表現する。ニューヨーク近代美術館がなくてはならないのと同様、ニューヨークにはハリー・ウィンストンが不可欠だろう。生粋のニューヨークっ子であるブランドのルーツとアイデンティティの主張を、極東の職人たちがもう一度確認させる。1932年に創業した世界屈指のジュエラーとは、お互いに敬意を払い、存在を認めあうように見える。

文字盤に凝らされた日本の伝統芸が、スイスメイドの腕時計が誇りとする綿密な仕上げと切り結ぶ完成度には、一部の隙もない。
91 個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドが文字盤を取り巻くレディスモデル。本物の価値を知っている、大切な女性への贈り物におすすめだ。

 日本の美意識がニューヨークを描くのか、ニューヨークが日本の美意識を選ぶのか。見ているだけで吸い込まれそうになる美景は、腕時計がもちえた芸術性のひとつの点景だ。中屋万年筆とハリー・ウィンストンが手を携えたニューヨークの夜空は、かくも魅力的なのである。

名門ジュエラーと日本の伝統が放つ品格

メンズ・レディスともに同モチーフの中屋万年筆とセット。職人の手作業によって仕上げられる貴重な組み合わせは、一対になって最大の価値を持つ。左:●ケース径42mm ¥8,000,000・右:ケース径39mm ¥8,500,000/共通:●自動巻き ●18Kホワイトゴールド ●パワーリザーブ72時間 ●アリゲーター革ストタップ ●3気圧防水 ※それぞれ限定10セット ※税抜価格、2020年1月発売予定

 スイス製の自動巻きムーブメントを搭載した高級機械式腕時計で、男性用モデルは42mm、女性用は39mmサイズ。シースルーのケースバックには、中屋万年筆のロゴが入る。12時位置には、ブランドの象徴であるエメラルドカット・ダイヤモンドが煌めく。ダイヤルと同じデザインの中屋製万年筆とセットで、万年筆用のスタンドとしても使用できる竹製の特別なボックスに収め、販売される。それぞれの価値を高め合う、最良の組み合わせではないだろうか。

問い合わせ先

この記事の執筆者
桐蔭横浜大学教授、博士(学術)、京都造形芸術大学大学院博士課程修了。著書『腕時計一生もの』(光文社)、『腕時計のこだわり』(ソフトバンク新書)がある。早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校・学習院さくらアカデミーでは、一般受講可能な時計の文化論講座を開講。