かつて霊山として修行僧の修験場だったという、脊振山系に抱かれた古湯温泉ONCRI/おんくり(以下、おんくり)。宿名は、「ちょうだいしたご恩を誰かに送る、そしてまた誰かが誰かに送る」という“恩送り”に由来するそう。いわば“感謝の気持ちの連鎖”です。

純温泉宿だった建物を、2012年にリブランド。“ジャパニーズ・コンテンポラリー”をデザインコンセプトに、和をベースにしたモダンで落ち着いたたたずまいが、周囲の自然の中に溶け込んでいます。

古湯温泉ONCRIのエントランス
デザインコンセプトはジャパニーズ・コンテンポラリー。感謝の連鎖である“恩送り”が名前の由来

別名“美人の湯”として古くから親しまれていた温泉郷、古湯温泉。おんくりは自家源泉を使用し、泉温は38度と少々ぬるめ。そのため、のんびりリラックスして湯を楽しむことができます。

15種類の温泉が楽しめる大浴場

大浴場の「SHIORI/しおり」
大浴場の「SHIORI/しおり」。ヒノキ風呂や岩風呂に加え、箱風呂などユニークなお風呂も

宿泊棟から少し離れた大浴場「SHIORI/しおり」は1日43トンもの湧出量を誇り、寝湯や陶器風呂、露天には打たせ湯や岩風呂、ヒノキ風呂、箱蒸し風呂など、15種類もの温泉がそろっています。あっちのお風呂、こっちのお風呂と湯殿巡りをするのも楽しみです。

砂風呂「天然砂むし温泉」
トルマリンやセラミックサンド麦飯石を温泉の蒸気で熱した砂風呂「天然砂むし温泉」

また、ユニークな「天然砂むし温泉」も体験できます(利用料¥2,000)。これは、遠赤外線効果などをもつトルマリンやセラミックサンド麦飯石を天然温泉の蒸気で加熱した、いわゆる砂風呂。黒い砂に横たわっていると、ほんの数分でじわじわと汗をかき、15分後には滝のような汗でびっしょり。入浴後(?)は、すっきり爽快な気分です。

6階建ての宿泊棟と離れに客室は44。そのうち、おすすめしたいのはふたつの個性的なスタイルのお部屋。

テラスのテントで自然の音に耳を澄ませる

グランピング体験もできる「ONCRIソノテラス」
グランピング体験もできる「ONCRIソノテラス」。アウトドアリビングのような使い方を

宿泊棟の3階にある「ONCRIソノテラス」(2食付き¥22,000~/泊)は、ホテルルームに加え、テラスに「ノルディスク・アルガルド」社製のパオ型テントを装備。高さ2メートル、たくさんのファブリックで彩られたテント内は、まるでリビングのようにくつろげます。名前に“音”を意味する“ソノ”がつくとおり、カンバス一枚を通して嘉瀬川のせせらぎや山峡を渡る風、虫の大合唱など、自然が奏でる音がすぐそばに。

グラインダーで引いた豆でコーヒーを淹れる様子
部屋に用意されたグラインダーで豆を挽き、時間をかけてコーヒーを淹れる。贅沢な味わい

ソノテラスでは夜がハイライト。正面にそびえる勝打山の稜線をなぞるように月が移動し、見上げれば満天の星空。大自然の只中で、部屋に用意されたコーヒーグラインダーで挽いたコーヒーやシャンパン、ワインをいただき、冒険気分を味わったら、睡眠は部屋に戻って心地よいベッドで。ホテルの居住性の高さとアウトドア気分、どちらも味わえる滞在です。

客室の半分が浴槽。温泉三昧できる離れ

「離れ JIBOH」の浴室
「離れ JIBOH」には、時間を忘れる(時忘)、自然と自分を慈しむ部屋(慈房)、ふたつの意味があります
「離れ JIBOH」のベッドルーム
「離れ JIBOH」のベッドルーム。温泉が浴槽に注がれる水音が響いています

もうひとつ、「離れ JIBOH」(2食付き¥22,000~/泊)は温泉をたっぷり満喫したい人にとって、まさにパラダイス。かつての家族風呂を客室にリノベート。部屋の半分をバスタブが占め、いつでも温泉に浸かれるシチュエーションになっています。

昔ながらの梁や煙突穴、壁のひび割れも金加工で模様に仕立てた、レトロとシャープさが共存したデザイン。一日中、温泉が注ぐ水音に包まれながら、坪庭からの外光を受けて半露天気分で湯浴みをする贅沢。部屋から一歩も出たくなくなるかもしれません。

レストラン&バー「SEBURI/セブリ」
レストラン&バー「SEBURI/セブリ」。カウンターの向こうには勝打山の緑が

バー&レストラン「SEBRI/セブリ」は、玄海産の魚介類や地元の契約農家から届く、季節の旬な食材をおいしくひと皿にまとめたナチュラルイタリアン。ディナーのコース料理を目当てに訪れるゲストもいます。そして翌朝のビュッフェのラインナップも豪華。ちなみに、カレーと小松菜ジュースが人気です。 

彩り豊かなビュッフェ
朝食は種類豊富なビュッフェ。食を楽しみに訪れるゲストも多いそうです

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子