レディース夏のTシャツコーデを雑誌『Precious』からピックアップしました。白Tシャツや黒Tシャツを使った、大人の女性にぴったりなおしゃれな着こなしばかりです。スカートやパンツとの合わせ方を参考に、ぜひ夏のおしゃれに役立ててください。

【目次】

レディース夏のTシャツコーデ


【1】白Tシャツ×カーキジャケット×ブルー柄パンツ

ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ベージュ、ブラウン、グレー系の服にきれいになじみ、着こなしをリッチに高めるグレージュ・ベルト。夏らしいプリントボトム&シンプルTシャツの装いも、上質カーフのグレージュ・ベルトでシックにクラスアップ。2か所の「ガンチーニ」バックルでつけ外しをするデザインが、モダンなかっこよさをプラスしてくれます。

【2】白Tシャツ×デニムパンツ×ストール

バッグ『モノグラム・サンローラン カサンドラ』・Tシャツ・デニム・シルクカシミアのストール・サングラス・ブレスレット(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ『モノグラム・サンローラン カサンドラ』・Tシャツ・デニム・シルクカシミヤのストール・サングラス・ブレスレット(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

Tシャツ&デニムという薄着の夏のシンプルカジュアルは、小物使いが洗練を左右するもの。モードなセンスと清潔さ、きちんとした印象をプラスできるバッグを、さりげなく肩がけして上品にまとめましょう。

【3】白Tシャツ×黒カーディガン×赤パンツ

パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、カーディガン(スローン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・ブレスレット(ミキモト) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、カーディガン(スローン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・ブレスレット(ミキモト) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

夏の太陽に映える、今季注目の鮮やか色をワードローブに加えたら、着こなしのハッピー感が大幅に高まります。こうしたインパクトの強い色は、シンプルな黒のカーディガンと白のカットソーに合わせるのが、大人のバランス感覚。辛口なバッグと時計が、フレッシュかつラフになりすぎない着こなしを完成します。

【4】白Tシャツ×白ワイドパンツ

Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(キートン)、ベルト (アマン〈アンボワーズ〉)TASAKIのパールネックレス・ペンダント・リング・TASAKIpor RELIQUIAEのバッグ(TASAKI)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(キートン)、ベルト (アマン〈アンボワーズ〉)、TASAKIのパールネックレス・ペンダント・リング・TASAKI por RELIQUIAEのバッグ(TASAKI)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

たっぷりとしたパンツのシルエットに加え、白Tシャツで上下白に統一することで得られるゴージャス感を、パールの重ねづけがさらに盛り上げます。細いベルトで、ほんの少し加えた黒が小粋な印象です。

【5】白Tシャツ×白パンツ×ストール

 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年
撮影/Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

流行のワイドクロップドをしなやかに着こなすミラノマダムは、「オール白」のリラックスカジュアルにトッピングした、小物使いの完成度に注目しましょう。サングラスから、足元のバイカラーまで、全身に小さくちりばめた黒の効果は絶大。そして、無造作にロールアップしたTシャツの袖に漂うこなれ感! ミラノ仕込みの着くずしテク、ぜひ参考に。

【6】白Tシャツ×白ジャケット×チェック柄パンツ

Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(イプセ)、ジャケット(東レ・ディプロモード〈ナインティーンセブンティ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、 靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(イプセ)、ジャケット(東レ・ディプロモード〈ナインティーンセブンティ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ミラノの街角で見かけた、カジュアル上手なマダムをお手本に、遊び心が光るメリハリ配色を楽しみましょう。大胆なブロックチェックのパンツは足首が見えるクロップド丈と程よいワイドシルエットが鍵。ベルト付きのデザインなので、白のTシャツをウエストインで合わせるだけで、とたんに旬の雰囲気が生まれます。ローファー感覚で楽しめるミニマルな白スニーカーを選び、快活なイメージを大切に。

【7】白Tシャツ×黒デニムパンツ

ヴァレンティノ ガラヴァーニの靴・サングラス・バッグ・ヴァレンティノのTシャツ・デニム(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
ヴァレンティノ ガラヴァーニの靴・サングラス・バッグ・ヴァレンティノのTシャツ・デニム(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

シンプルが心地よく、そして自信をもって楽しめるようになった大人の世代だからこそ、今また新鮮に映る、白Tシャツの潔さ。足元にキリッと輝くシルバー靴を選んだのは、コットンの清潔感を引き立てるため。あえて色を投入しないことが、夏のモノトーンを成功に導く鍵にな。ジュエリーのごとく光を反射する、辛口なスタッズが大人の迫力をもたらしてくれます。

【8】白Tシャツ×グレージャケット×デニムパンツ

定番白Tシャツ・ジャケット・デニム(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
白Tシャツ・ジャケット・デニム(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

マニッシュなテーラードジャケットに合わせるインナーは、首元がキュッと引き締まったクルーネック「定番白Tシャツ」が断然気分! シックなグレーに、目の覚めるようなクリアな白を合わせるとメリハリが生まれ、都会的な印象に仕上がります。

【9】白Tシャツ×ニット×白パンツ

Aライン白Tシャツ・パンツ・ニット・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
Aライン白Tシャツ・パンツ・ニット・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

Tシャツ×ドローストリングパンツでつくる休日の遊び着は、ピュアな白が心地よい緊張感をもたらして、リラックス感が漂いながらも美しい佇いに。裾に向かって程よく広がるAラインシルエットが上半身をコンパクトに見せるので、スポーツテイストのパンツもバランスよく着こなせます。

【10】白Tシャツ×ロングカーディガン×ベージュパンツ

Aライン白Tシャツ・カーディガン・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
Aライン白Tシャツ・カーディガン・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

「Aライン白Tシャツ」は、トレンドのボリュームトップスの流れをくんで、ゆったり着られるのが魅力です。ワイドクロップドパンツにウエストインすれば、今どきのカジュアルシルエットが生まれ、大人の余裕ある着こなしに。

【11】白Tシャツ×ロングジレ×ネイビーパンツ

5分そで白Tシャツ・ジレ・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
5分袖白Tシャツ・ジレ・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

夏のビジネスシーンでは、きちんと感がありながらも頑張りすぎず、肩の力が抜けた着こなしを。そんな理想をかなえてくれるとともに、程よいモード感まで演出してくれるのが「5分袖白Tシャツ」の魅力です。インディゴブルーの襟付きロングジレを重ねれば、凛とした緊張感が漂います。

【12】白Tシャツ×黒ワイドパンツ

5分そで白Tシャツ・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
5分袖白Tシャツ・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

すっきりと端正な印象の「5分袖白Tシャツ」は、ワイドパンツに合わせてエレガントに着るのが今年流。ロングスカートのようなボリューム感のあるパンツは、歩く姿を優雅に見せ、気負いのない、大人のラグジュアリーを演出してくれます。

【13】白Tシャツ×デニムパンツ

定番白Tシャツ・デニム(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
白Tシャツ・デニム(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ストレッチのきいたやわらかな肌触りと美しい光沢が格別な「定番白Tシャツ」。希少価値の高い超長綿を紡いだ生地は、強度にも優れ、毛羽立ちが最小限に抑えられています。また、後ろの襟ぐりにさりげなく並ぶ細いボールチェーンのあしらいも見事。細部にいたるまでブランドの矜持が感じられる一枚です。

Tシャツ×スカートコーデ


【1】黒Tシャツ×ベージュロングスカート

靴・バッグ・Tシャツ・スカート(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ネックレスとして着用したブレスレット『ジャックドゥ ブシュロン』内側から・ブレスレット『ジャック ドゥ ブシュロン』(ブシュロン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
靴・バッグ・Tシャツ・スカート(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ネックレスとして着用したブレスレット・ブレスレット(ブシュロン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

スリムなフラットシューズが抜け感を演出。パテントの黒にゴールドバックルが映える一足なら、華やぎも添えてくれます。

【2】黒Tシャツ×スエードスカート

ベルト・バッグ・ブレスレット・Tシャツ/ブローチ付き・スカート(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、サングラス(サラディストリビューション東京〈オリバーゴールドスミス〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・バッグ・ブレスレット・Tシャツ/ブローチ付き・スカート(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、サングラス(サラディストリビューション東京〈オリバーゴールドスミス〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ブラックTシャツとスエードスカートの着こなしにベルトを加えるだけで旬の表情に。トレンドアイテムに挑戦するときこそ、上質素材を見極めることが大切。スネークレザーの艶や、「ガンチーニ」のモチーフがシンプルな着こなしに迫力をもたらします。ベルトに付属した「AirPods」ケースやチェーンは取り外すこともできるため、着こなしに合わせてアレンジを楽しむことも。

【3】黒Tシャツ×リリー柄スカート

バッグ『シシリー 58』・スカート・Tシャツ・ブレスレット(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『シシリー 58』・スカート・Tシャツ・ブレスレット(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

クラシックな気品が香るフラップタイプのハンドバッグ『シシリー 58』は、フェミニンな着こなしとも好相性。黒のTシャツで気負いなく着こなしたピンクベースのリリー柄フレアスカートとバッグの色を、さりげなくリンクさせて。バッグが醸す上質モードな迫力が甘さを程よく抑えて、ドラマティックに華やぎつつ媚びのない大人の女性らしい佇いをかなえてくれます。

【4】バーガンディTシャツ×バーガンディスカート

Tシャツ(エイトン 青山)、スカート・ペンダント・リング・バングル/右手・左手(ファンエンパイヤ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
Tシャツ(エイトン 青山)、スカート・ペンダント・リング・バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

『パーフェクト ショートスリーブ』と名付けられた天竺Tシャツは、リピーターが後を絶たない定番名品。腕の収まりをよくするために、袖山を高く設計。着心地のよさにつながるうえ、丸みを帯びた大人の体型をカバーしてくれます。シックな色調のバーガンディカラーが洗練されたムードに。袖口を折り返してアレンジを加え、Tシャツと同色のスカートを合わせてワンピース風に着こなすと上品にまとまります。

【5】白Tシャツ×ベージュタイトスカート

スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、カットソー(ebure〈ebure〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、カットソー(ebure〈ebure〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

薄く、軽いゴートレザーで季節を問わず活躍する、スリムなスカート。一枚でさらりと着たいTシャツは、しなやかな薄手より程よく地厚なほうが、カジュアルでも着くずれせず、きちんとした印象に。そんなスポーティーな佇いには、レースアップのサンダルで、初夏の爽やかな抜け感をプラスしましょう。

【6】黒Tシャツ×黒スカート

Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

カジュアルなTシャツの着こなしをあか抜けて見せるには、小ぶりなジュエリーでは力不足。モチーフが連なった「アルハンブラ」のロングネックレスを2連にして、遠目から見てもわかる華やぎを加味しましょう。

夏のTシャツコーデの関連記事