身に纏うだけでパッと明るくなる主役級の色、赤。この夏におすすめの大人の赤コーデをファッション誌『Precious』から集めました。気分も華やぐ赤を使ったコーデを、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

【1】赤スカート×Tシャツ

Tシャツ・スカート・ネックレス・サンダル(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・ネックレス・サンダル(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年

コットンポプリン素材で仕上げたマキシ丈のスカートは通気性がよく、シャリ感のある肌触りで夏旅に活躍。ほんのり丸みを帯びたエッグシェイプのシルエットが、モダンな雰囲気を表現。白のTシャツでコンパクトにまとめれば、スタイルアップもかないます。

赤トップスコーデ


【1】赤シャツ×パンツ

パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、シャツ(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、ネックレス(ピアジェ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈ティファニー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、シャツ(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、ネックレス(ピアジェ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈ティファニー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

イエロー系ブラウンの「シナモン」は、白・黒・ネイビーとも相性はいいけれど、今季はスパイスカラー同士で着るのが大人っぽく上級者風。×レッドチリブラウスで、明るくポジティブな着こなしに昇華しましょう。シナモンと同系のゴールドジュエリーやタンカラーのバッグ&靴が、装いをより奥行き豊かに。オフィスでスタンダードに活躍するシナモン色のスティックパンツ。クリーンなシルエットが聡明な印象を授けてくれます。

【2】赤ブラウス×スカート

ヴァレンティノのブラウス・スカート・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、イヤリング・ネックレス(カルティエ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ヴァレンティノのブラウス・スカート・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、イヤリング・ネックレス(カルティエ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

身ごろから袖までたっぷりととったプリーツが、仕草に沿って美しく揺れる姿は、惚れ惚れとするほどドラマティック。円形の生地を型とともに放射状にプレスしてプリーツをつくった、「プリゼ ソレイユ」はヴァレンティノの新たなテクニック。透け感のあるシルクジョーゼットがボルドーを軽やかに見せてくれます。

【3】赤カーディガン×ブラウス

カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

淡いベージュを着こなしに投入し、品よく健康的な美人効果を満喫。赤のカーディガンは手作業によるリンキング(ニットの接ぎ合わせ)によって型くずれしにくいデザインです。

赤ワンピースコーデ


【1】赤ワンピース×サンダル

ドレス・サンダル(エトロ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ドレス・サンダル(エトロ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年

水平線まで青が広がる風景を背に、選んだのはフラワーやペイズリー柄が舞う鮮やかな一枚。まるで南国に咲く大輪の花のようなオーラが、旅の高揚感をもたらしてくれます。マーメイドラインの美しいフォルムや、軽やかなシルク素材が、風に揺れるたびにエレガントなニュアンスを生みます。

【2】赤ワンピース×カゴバック

ワンピース(showroom SESSION〈サヤカ デイヴィス〉)、その他/本人私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ワンピース(showroom SESSION〈サヤカ デイヴィス〉)、その他/本人私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

ハイビスカスを思わせる鮮やか色のワンピース大ぶりアクセサリーをつけるのは今の気分ではないので、クオーツのネックレスのみ。そのぶん、ジュエルバッグで華やかさを加味しましょう。

赤の小物を使ったコーデ


【1】赤バッグ×鮮やかコーデ

シャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(エリオポール代官山〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
シャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(エリオポール代官山〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

例えば、友人とレストランを訪れるシーンなどでは、ピンク色のスティックパンツを合わせて溌剌と。ともすれば躊躇しがちなきれい色のアイテムこそ、品のある白シャツと合わせれば、気おくれする心配もありません。

【2】赤バッグ×上品コーデ

バッグ・バングル・ジャンプスーツ/ベルト付き(シャネル) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ・バングル・ジャンプスーツ/ベルト付き(シャネル) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ツイード地があしらわれた白のジャンプスーツに、クロシェ編みのストライプ柄バッグで夏らしい、楽しげなムードを漂わせて。肩にかけて収まりがいいバッグは、ロープをざっくりと編み込んで仕上げたショッパー風と、やわらかなラムレザーのアウトポーチを重ねたデザインです。

きれい色のバッグはそれだけで視線を集めるものだからこそ、ジュエリー使いは控えめに。ボリュームバングルを手元にひとつ添えて、ヨーロッパマダムのように辛口なアクセントを加えましょう。

【3】赤バック×パーティコーデ

バッグ『エルメス・クリックH』・ブレスレット『カヴァルリ』・コンビネゾン(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ『エルメス・クリックH』・ブレスレット『カヴァルリ』・コンビネゾン(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

夜のシーンこそ、暗がりに映える美しい赤を取り入れて、印象に残るおしゃれを楽しみましょう。上質なカーフレザーを用いたバッグは、ラッカー仕上げの「H」をさりげなくサイドに施すだけに徹した、ミニマルなデザインも魅力です。ブラックのコンビネゾンに、艶めく赤のバッグを添え、コントラストのきいた色合わせで夏の夜を盛り上げて。

【4】赤バッグ×リゾートコーデ

カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

リネンのシャツワンピースに、カーディガンを重ねて、シックな街並みに似合うカラートーンに。アクセントに、旅のワクワク気分を盛り上げる、カラフルな赤のバッグを携えて。

【5】赤スカーフ×リラックスコーデ

ワンピース(エリオポール代官山)、スイムウエア( アマン〈トゥーシー〉)  プレインピープルのパンツ・イヌイトゥーシュのストール・サン アルシデのバッグ(プレインピープル丸の内)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サンダル(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ワンピース(エリオポール代官山)、スイムウエア( アマン〈トゥーシー〉)、プレインピープルのパンツ・イヌイトゥーシュのストール・サン アルシデのバッグ(プレインピープル丸の内)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サンダル(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

シャツワンピースのボタンを開け、水着の上からガウンのようにはおれば、劇的に印象チェンジ! 

夏の赤コーデ関連記事