ほどよく筋肉のついたしなやかなボディーは、健康的で美しいですよね。みなさん、さまざまなエクササイズを実践されていると思いますが、そのときのブラジャー選びはどうしていますか? 普段つけているワイヤー入りのブラジャーでは、動きにくかったり、カップがずり上がってきたり、肩ひもが落ちてきたり……エクササイズもやりにくく、集中できませんよね。

スポーツブラ(スポブラ)を着用するのがおすすめですが、ヨガやピラティスと違い、ランニングやエアロビクスなどのバストが上下に揺れる運動の場合は、ただ「動きやすいから」「楽だから」だけで選ぶのは、逆に危険という事実をご存知ですか?

その理由を胸とお尻の専門サロンを主宰し、セラピストとしてこれまで5,000人以上の女性の施術を行ってきた中村ひろ美さんに教えていただきました。

走るなら「ランニング専用のスポブラ」を着用すべき、その理由とは?

「激しいバストの揺れはクーパー靭帯を傷め、下垂を招く可能性があります」という中村ひろ美さん。スポーツとひと括りにいっても、走ることはヨガやピラティスとは差別化する必要がありそうです。今回は、その理由を教えていただきましょう。

中村ひろ美さん
 
中村 ひろ美さん
バスト&ヒップケアサロン「mamma spa」代表
(なかむら ひろみ)サロン勤務時代からトップセラピスト・トレーナーとしてセラピストの育成・女性のためのボディーケアメニューの開発に携わる。独立後、「mamma spa」を立ち上げ、女性らしい身体づくりに特化したサロンを運営する傍ら、各種メディアにおいて数々のバストケア監修や執筆を手掛け、「女性が自分の身体を愛し、女性としての人生を楽しむ」ためのパーツケアの普及に取り組む。変化の分かるボディーケアには定評があり、現在予約は3か月待ち。バストケアとヒップケア、女性ホルモンを専門分野とする。

ランニングなどによる「バストの上下運動」は要注意

その理由を知るために、まずはバストの構造からレッスンしましょう。

「バスト(乳房)の構造は脂肪と乳腺組織、結合組織(クーパー靭帯)でできています。なかでも、バストの丸みや形の要となるのがクーパー靭帯で、乳腺組織や脂肪組織を埋めるように網状に張りめぐらされ、乳房の丸みや位置をつくります。

ただ、靭帯は筋と違って伸縮するものではないため、負担がかかることで伸びたり切れたりしてしまいます。ランニングなどでバストが上下左右に揺れるとクーパー靭帯は伸びや損傷を受け、下垂にもつながります」

走ったり、飛んだり、跳ねたりの運動は、私達が思っている以上に、このクーパー靭帯に負担をかけているということ。

運動時は「専用のブラジャーを着用」することは必須

では、そのクーパー靭帯を守るために必要なことは?

「日々の生活でブラジャーを着用するのはもちろん、運動時は専用のブラジャーを着用して、バストを揺れから守ることは必須。また、栄養や酸素、女性ホルモンをバストへしっかり届けることも効果的」とのこと。なんとなく上半身を鍛えればバストにも良さそうですが……。

「バストの内部には筋肉や骨がないため、土台の大胸筋を鍛えても、バストを揺れから守ることはできません」

スポーツブラを選ぶ際は「4つのポイント」に留意を

意外に知らない、走る際に「専用のスポブラ」を選ぶ重要性とは?

1.運動内容・強度に合わせたサポート力のあるスポーツブラを選ぶ。

2.ヨガやピラティス、ゴルフなど、身体にひねりの動きが入るものは、ストラップが落ちてこないもの、素材の伸縮性に富んでいるものなど、動きやすいものを選ぶ。

3.ランニングなど上下運動を伴う運動では、バストをしっかり持ち上げて支えられるものを選ぶ。

4.バージスライン(バストの輪郭の下部分)や、乳房上部がサポートできるもの、脇が高いものはさらにサポート力が期待できる。

ヨガやピラティスを行うときとランニングのときでは、着用するスポブラに求める機能も異なるのですね。

ランニングにもおすすめの「スポブラ3つ」を厳選!

中村ひろ美さんのアドバイスを受けて、下着のプロである川原好恵さんが、ランニングにもおすすめのスポーツブラをセレクト。どれもバストの上下運動を抑え、美乳を守るためにつくられたブラジャーです。

■1:補整下着の「マルコ」がそのノウハウを活かしたスポーツブラを発売

マルコの「m-fit sports active」
スポーツブラ¥11,800/m-fit sports active(マルコ)

補整下着ブランドとして知られる「マルコ」が2019年4月に発売した、運動時の着用に特化したスポーツインナー「m-fit sports active」。補整下着での開発ノウハウを活かした独自構造で、既存の自社商品と比較して運動時のバストの揺れを約15%低滅(*)するブラジャーをつくりました。

身生地には吸汗速乾性に優れたクールマックス®︎ファブリックを使用し、肩ひもも5段階に調整可能。3Dサーキュラーワイヤーを使い、ワイヤー入りでありながら窮屈さはなくバストをサポートします。

(*)第三者機関(ユニチカガーメンテック)調べ

■2:スポーツブラの代名詞!ワコールが作る「CW-X」

ワコール「CW-X」
スポーツブラ¥5,600〜/CW-X(ワコール)

ワコール人間科学研究所の知見と長年にわたるデータに基づき、1991年に誕生した「CW-X」。トップアスリートからの支持が高いことでも知られるブランドです。さすがワコールのブランドとあって、スポーツブラの機能性の高さには定評があり、なかでもこのブラは、マラソン・ジョギング・球技等、走ったり跳んだりするスポーツ用に開発されたもの。

独自の5方向サポート機能を搭載してバストの揺れを軽減し、内蔵成型カップが丸くてきれいなバストシルエットをキープします。

■3:“美しくアクティブに”を叶える、トリンプの「トライアクション」

トリンプのトライアクションマジックモーションProブラジャー
トライアクション マジック モーション Pro ブラジャー¥5,900/トライアクション(トリンプ・インターナショナル・ジャパン)

“美しくアクティブにスポーツする女性たちの理想を叶えるスポーツランジェリー”をコンセプトとする「トライアクション」。下着メーカーならではの技術を活かし、バストの揺れを抑えつつ、美しいシルエットをキープするブラがそろいます。

このブラは、動いても食い込みにくいソフトワイヤー、アウターにひびきにくい立体成型モールドカップを使用。ストラップも調整でき、背中にフックアイがついているのでよりフィットしやすいつくりになっています。


今回は、スポーツの内容に合わせてスポブラを選ぶことの重要性を、胸とお尻の専門サロンを主宰し、セラピストとしてこれまで5,000人以上の女性の施術を行ってきた中村ひろ美さんと、下着のプロである川原好恵さんに教えていただきました。

美しくなるために運動しているのに、バストを揺らしてボディラインが崩れては本末転倒。専用のブラジャーを着用して存分にスポーツを楽しみ、ヘルシービューティーを目指してくださいね。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
文化服装学院卒業後、流通業界で販売促進、広報、店舗開発を約10年経験した後、フリーランスとして独立。下着通販カタログの商品企画などを経て、現在はランジェリーを中心に、雑誌、新聞、ウェブサイトなどで執筆・編集を行なう。モットーは「ラグジュアリーからプチプラまで」。国内外の展示会・店舗を幅広く取材する。
Instagram へのリンク
WRITING :
川原好恵
EDIT :
石原あや乃