「なかなか太ももが細くならない!」そう悩んでいる人は多いはず。

太ももは、なかなかサイズダウンしづらい場所なだけに、長年にわたって悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

実は、太ももの太さの原因はたるみだけではない可能性もあるのです。

今回は、お腹周りヒップの引き締めに続いて、ボディメイクサロンBriller(ブリリー)オーナー、骨格メイクRe:style考案者の松 葉子さんに、上手な太ももの引き締めメソッドをお教えいただきました。

松 葉子さん
スポーツトレーナー/エクササイズクリエイター、株式会社ブリリー代表取締役、骨格メイクre:style method®︎考案者、一般社団法人 日本インナービューティーインストラクター協会 代表理事
(まつ ようこ)妊娠出産時に23kg増。運動の必要性を感じ運動でのボディチェンジを成功したことから有酸素系インストラクターになる。人気インストラクターとなるが、単なる運動だけでは、体重は減っても体形のアンバランスがでることと、痛みが出ることを実感し、YOGAやピラティスなどあらゆる資格を取る中で、骨格メイクRe:style method®を考案。お客様から絶大な支持を得るエクササイズとして、全国展開している。また、ボディーワーカーの過酷な仕事事情を改革すべく、彼らたちのトータルサポートをする日本インナービューティーインストラクター協会を設立。心と体の繋がりの講座や、ビジネス講座、ブランディング相談などを提供している。
ボディメイクサロンBriller(ブリリー)

太ももの太さの原因はたるみだけではない!

--松さん、今回は太もものたるみについてお聞きできればと思います。太ももがなかなか痩せないと悩んでいる人は多いですが、太ももがたるんでしまう原因というのはどういったところにありますか?

松 葉子さん(以下、松)「もちろん、たるみの原因というのは前回までにお話しした通り、『骨盤が正しい位置にない』『正しく筋肉を使えていない』というところにあるのですが、こと太ももに関して言えば、細くならない原因はたるみ以外に大きな原因があります」

--と、言いますと?

松「太ももが太くなってしまうのは、自分が使いやすい筋肉を使って生活してしまうことで、前側や外側の筋肉がついてしまうことで太くなってしまうということも大きな原因です。

しかしこれも元をたどれば、『正しく筋肉を使えていない』ということになります、例えば普段の立ち姿で、変に重心が前のめりになっていないかなどを見直す必要がありますね。重心が前に傾くことで太もも前面の筋肉が変に発達してしまうのです」

--やはり骨盤などの、骨の位置を正しい場所に戻すということが大切なのですね。

松「そうですね。本来使うべき筋肉を意識的に使うということが大切です。太ももに関しては内ももとお尻がどれだけしっかり使えるかが重要です。内ももとそりの筋肉の使い方が習得でき、骨格が整うと太ももは必ず細くなります。内ももに関して言えば、たるみが引き起こりやすい箇所でもあるので、今回は内もものたるみに効く、筋肉の意識の仕方が分かるエクササイズをお教えしますね」

「ながらエクササイズ」でもOK! 太ももの引き締めメソッド

やはり内ももがすっきりしていると、脚がキレイに見えるものです。。

今回、松さんが紹介するエクササイズは、テレビを観ながらでもできるもの。しっかりと筋肉を動かす感覚を意識しましょう。

■1:寝転がったら即エクササイズ開始!

この時に動いている筋肉を意識して。

松「まずは横になって寝姿を整えましょう。床から遠い方の脚を前に出して組み、手で押さえます。この時に頭を支える腕は少し倒してくださいね。完全に肘を立てて頭を支えてしまうと、背骨を歪ませた状態になってしまいます。

そして、床に近い方の脚の甲を前に向けて、脚をゆっくりと内側に上げ下げします。この時、内ももの筋肉に力が入っている状態で行ってください。」

この脚の上げ下げで、内ももに力が入る感覚をしっかりと覚えておきましょう。

左右の脚を、それぞれ10回程度行ってください。    

2;足の甲の向きを少し変えてもう一度

少し角度を変えるだけで使う筋肉に変化が!

松「次は、足の甲の向きを少し変えましょう。今度は、足の甲を床側に、足の上を上に向けるような角度にして、先ほどと同じように脚を上げ下げします。これで、先ほどよりも少し後ろ側の筋肉を上手に動かすことができます」

3:座ってエクササイズしたいならこれ!

ながらエクササイズならこれ!

松「座って行いたい場合には、片方の脚を伸ばしてもう片方の脚でまたがせるように脚を組みます。

そして、両方の足を内側に振るように動かします。これを何度か繰り返してください。もちろん、これも両方の脚を組み替えて、均等に行ってくださいね」

このエクササイズは、ふと思い立った時にできるのが最大のメリット。

テレビを観ながら、本を読みながらなど、まさに「ながらエクササイズ」が可能です。ただ、しっかりと骨盤を床と垂直に立たせて行うことは常に意識してくださいね。

「気がついた時に、太ももをつまんで揺らすのも引き締めには効果的です。一度ほぐしてあげることでたるみが取れやすくなります」と話す松さん。

今回、太ももが太くなってしまう理由は筋肉にある、という意外な事実も発覚しましたが、その大元は他の部分にたるみが出る原因と同じです。

しっかりと正しい筋肉を使うことを意識して生活することが、たるみの解消においても、筋肉太りを解消するにも大切なことなのですね。

松さんは自身のメルマガでも『10日間美脚レッスン』を配信しています。より美しいレッグラインを目指すなら、ぜひ見てみてくださいね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
Rina Onodera