肌を露出させる季節になると、どうしても気になってしまう各所のたるみ。二の腕などの人目に触れる部分などは特に気になるのではないでしょうか?

しかし、洋服などでカバーすることが可能な分、どうしても引き締めに関して後回しになってしまうのがお腹周り。お腹周りは、この季節の薄手の洋服のせいで、自分が思っているよりもそのたるみが周囲に気づかれてしまうことも!

そこで今回は、ボディメイクサロンBriller(ブリリー)のオーナーで骨格メイクRe:style考案者、日本インナービューティーインストラクター協会の代表理事も務める松 葉子さんに、お腹周りの引き締めメソッドについてお聞きしてきました。

松 葉子さん
スポーツトレーナー/エクササイズクリエイター、株式会社ブリリー代表取締役、骨格メイクre:style method®︎考案者、一般社団法人 日本インナービューティーインストラクター協会 代表理事
(まつ ようこ)妊娠出産時に23kg増。運動の必要性を感じ運動でのボディチェンジを成功したことから有酸素系インストラクターになる。人気インストラクターとなるが、単なる運動だけでは、体重は減っても体形のアンバランスがでることと、痛みが出ることを実感し、YOGAやピラティスなどあらゆる資格を取る中で、骨格メイクRe:style method®を考案。お客様から絶大な支持を得るエクササイズとして、全国展開している。また、ボディーワーカーの過酷な仕事事情を改革すべく、彼らたちのトータルサポートをする日本インナービューティーインストラクター協会を設立。心と体の繋がりの講座や、ビジネス講座、ブランディング相談などを提供している。
ボディメイクサロンBriller(ブリリー)

お腹周りがたるんでしまう原因は日常にあり!

--松さん、本日はよろしくお願いします。早速ですが、お腹周りがたるんでしまう原因というのはどういったところにあるのでしょうか?

松 葉子さん(以下、松)「よろしくお願いします。実はお腹周りだけではなく、ヒップや二の腕など、原因は共通していることが多いのです。

一つは『骨盤が正しい位置に置かれていないこと』そしてもう一つが『正しくインナーマッスルを使えていないこと』です」

--その二点が起こってしまう日常の行動としてはどのようなものがありますか?

松「まずは、パソコンやスマホを使う人が多くなって、姿勢がどんどん悪くなっていることですね。パソコンなどを使っていると、どうしても背中が丸まって首が前に出てしまうので、骨盤をキレイに立たせたまま座ることができないのです。

あとは、たるみが気になるという人は、立った時に重心が前に傾いているという人が多いですね。体の重心をずらしてしまうことで、本来使うべき筋肉ではなく、姿勢が悪いまま“自分自身が使いやすい筋肉”を使ってしまっています。

また、現代はどんどん便利になってきていて、筋肉そのものを使う機会が減ってしまっていますよね。それも、そもそもとしてたるみを引き起こす原因ですね」

--なるほど。たるみの原因は日常の中に潜んでいるのですね。

松「ことお腹周りに関して言えば、骨盤が正しい位置にきていないことで、内臓も本来の位置からずれてしまって下垂し、いわゆる“ポッコリお腹”になってしまう、というものもありますね」

お腹周りを引き締める! そのメソッドとは?

「正しい筋肉を使えているという感覚を、日常に取り入れることが大切」と語る松さん。

さっそく、その方法をお教えいただきました。

■1:まずは動かすべき筋肉を確認

しっかりと骨盤の位置を意識。

お腹の引き締めを正しく行うため、しっかりと使うべき筋肉を確認しましょう。

松「まず、しっかりと骨盤の両端、恥骨の三角形が床と平行になるように膝を立てて横になります。この際に、腰が反ってしまう人がいるのですが、それではこの三角形が床と平行になりません。腰を反らさず、腰元を床につけるイメージで横になってください。」

■2:腸腰筋の場所を把握する

腸腰筋を使えている感覚を掴んで!

松「寝姿勢を整えたら、骨盤のすぐ内側を触ってみてください。ここに腸腰筋という筋肉があるのですが、この筋肉を意識的に動かすことがお腹の引き締めにつながります」

この時にお腹を平らにして、意識的に腸腰筋の部分に力を入れてみましょう。触った手に筋肉がぽこっと動いたような感覚があるはずです。

■3:左右の脚を開く、閉じる

常にお腹を平らにする感覚を意識。

松「腸腰筋に力を入れたまま、ゆっくりと左右の脚を片方ずつ、開く閉じるを繰り返してください。この時、必ずお腹を平らにしたままにしておくことを意識してください。トイレを我慢するような感覚でお腹に力を入れると上手にそれがキープできます。左右の足、それぞれ10回程度行うと良いですね」

簡単そうに見えますが、腸腰筋に力を入れながらお腹を平らにすることをキープするのはなかなかの重労働。意外にもじっとりと汗が出ます。

ちなみに、これはエクササイズでもありますが、一番大切なことは普段から腸腰筋を意識的に使うこと。腸腰筋を使っている感覚を覚えさせる“練習”なのです。

■4:多裂筋の使用感を覚える

松「お腹周りの引き締めは、前面と背面、両方の筋肉を使う感覚を覚える必要があります。というのも、前面だけのインナーマッスルだけ使っていては、筋肉のバランスが崩れて猫背の原因になります」

使用するのは家にあるバスタオルでOK!

松「まずは、バスタオルなどを丸めてそこに腰を乗せて横になります。この際、先ほどと同じように骨盤をしっかりと床と平行にすること、お腹を平らにすることを意識しましょう」

左右の脚を均等に行いましょう。

松「膝を抱えて、ぐっと自分側に引き寄せます。これを左右の脚でおこなってください」

普段どれだけ多裂筋を意識していないかが分かります。

松「ストレッチが終わったらうつ伏せになり、腰元の背骨の両脇、ちょうどこの手が置かれている部分ですね。ここにある多裂筋に力を入れてみてください」

この多裂筋に意識的に力を入れるという感覚、意外に掴むのが難しい!

多裂筋がぽこっと盛り上がった感覚を掴めたら成功です。

多裂筋を意識したままゆっくりと!

松「そのまま、両脚を開く、閉じるを繰り返してください。もちろん多裂筋を動かしている感覚を持ったままでいることを意識的に行なってくださいね」

■5:日常的にインナーマッスルに意識を向ける

座り姿勢一つにも意識を働かせて!

松「腸腰筋や多裂筋の筋肉を使っている感覚を覚えたら、それを日常の中でも必ず意識するようにしてください。例えばこのように座った状態でも、常に意識できるようになると良いですね。この際、腰を反らさず、骨盤をしっかりと地面と垂直になるように置くのがポイントです」

メソッドに沿ったエクササイズを行うことも大切ですが、一番は筋肉の使い方を覚えて日常の中に取り入れることなのだそう。これができれば、普段生活しているだけでも、お腹周りの引き締めを行うことができますね。

腸腰筋の意識の仕方がわからない! そんな時は?

松さん曰く、そもそも腸腰筋の力の入れ方がわからない、うまくいかない、という人も多いのだそう。そんな人には以下の方法がおすすめです。

脚裏が床につかないように!

まずは先ほどの1〜2と同じ要領でしっかりとお腹を平らに、そして骨盤を床と平行にすることを意識して膝を立てて横になります。

松「そのまま、両脚を揃えてゆっくりと上げ下げしましょう。下げる時に脚が床につかないようにしてくださいね。もちろん、お腹を平らに、そして骨盤を床と平行にすることは忘れないでおきましょう」

膝を折りまげるよりも効いているのが分かります。

松「このように脚を伸ばした状態で行うのもおすすめです。繰り返すことで、腸腰筋の意識の仕方がわかってくるはずです」

こちらも、10回程度行うと良いのだそう。たった10回でもかなり効いているのが分かります。普段なかなか意識していない筋肉を動かしているため、初めは筋肉痛になることも!

引き締めのためのメソッドと聞くと、毎日行わなければならない、と気負ってしまいますよね。松さんは「今日出来なかったら明日やればいいくらいの感覚で気負わずにやって欲しい」と言います。

というのも、松さんのメソッドはエクササイズで使うべき筋肉を把握して、日常的にそれを動かすということを重視しているためです。

「洋服で隠せるし……」そう後回しにしていたお腹周り、今年は毎日の心がけで引き締めを行なってみませんか?

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
Rina Onodera