イギリスには、長い歴史を刻んだブランドがたくさんある。とりわけ、英国王室御用達。王室メンバーから授与された「ロイヤルワラント」ホルダーのブランドは、別格の存在として国内はもちろん、世界に愛されている。商品のクオリティ、ブランドの信頼性や継続性、適正価格などがロイヤルワラントの認定基準だが、サビルロウ界隈の老舗のテーラーを見れば、その価値が十分にわかる。私は、そんなテーラーに仕立ての凄みを感じる一方で、ウイットに富んだ商品にあふれる優れたステーショナリー&レザーグッズの「ロイヤルワラント」ホルダー“スマイソン”に一目置く。

スマイソンを象徴する「ナイルブルー」

スーツのポケットに収まる小さなサイズから、ダイアリー仕様まで、様々な種類をそろえる手帳。「ナイルブルー」の紙の色は、何か心が安らぐ気持ちになる。

 紙製品や文房具づくりから始まった“スマイソン”は、淡く優しいブルーの紙製品が象徴的である。「ナイルブルー」と呼ばれるその紙を使った手帳は、周囲の仕事仲間も結構愛用者が多い。同業者のひとりは、ポケットに収められる小さいサイズが気に入り、もう何年も“スマイソン”の手帳一辺倒だそうだ。

 そもそも、小さな手帳は、書斎のデスクに置く大きなダイアリーを持ち運びに便利なサイズに替えてつくられた。手帳の種類には、自分が飲んだワインを記せるワインノートや狩猟用のシューティングノートまでもある。いうなれば、生活をいかに楽しもうかとするユーモアがにじんでいるのだ。

アイコン的存在のカレンシーケース

今や“スマイソン”のアイコン的存在のカレンシーケース。ケースの表と裏で計4つのポケットをデザインする。紙幣だけでなく、パスポートを入れるのも便利だ。

 トラベルグッズも豊富である。1887年の創業当初から、創業者であるフランク・スマイソンは洒落た旅行用品となる、グルーミング一式を詰め込めるモニターバッグなども開発した。そのものづくりから広がった、現在にもつながるアイディア満載のトラベルグッズが面白い。

 私が使い始めたばかりの“スマイソン”のトラベルグッズは、カレンシーケース。4つのポケットをデザインしたカレンシーケースは、本来の使用目的である、旅行用に各国の紙幣を仕分けして収納するのとは別に、旅先でもらった名刺や領収書入れにも私は利用している。ケースひとつで、紙片類がすべて収まるため、本当に重宝している。

 かつて、ロンドンの本店でカレンシーケースに偶然出合って以来、幾度となく本誌『メンズプレシャス』の誌面でも紹介してきたが、今、カレンシーケースを前述のように旅先の小道具として活かしている。

新クリエイティブディレクターのルーク・ゴダディン氏が描いた、新商品の明るいイラストレーション。

 これらの商品は、“スマイソン”を語るうえではほんのひとかけら。長い歴史のブランドには、多くのアーカイブを備える。2019年秋冬から新しくクリエイティブディレクターに就任したルーク・ゴダディン氏が打ち出すコレクションは、さらなるアーカイブの研究から生まれたものが多い。ブランドのヘリテージを継承しつつ、革新的なアイテムをつくり始めているのだ。

 たとえば、ベストセラーのひとつである先に紹介したカレンシーケースは、「マルチジップコレクション」として、機能性豊かなボディバッグやミニサイズの小物入れなどに進化。他にも、ニューヨーク発信のステンレスボトルブランド、“スウェル”とコラボレートし、レザーのボトルホルダー&ボトルセットを限定で生産した。

スマイソンとスウェルがコラボした、限定ボトルホルダー&ボトルセット

“スマイソン”と“スウェル”の限定販売ボトルホルダー&ボトルセット。ライムイエローのホルダーは、絶妙な鮮やかさ。旅先にこんなアイテムがあると楽しくなりそうだ。 限定ボトルホルダーセット¥62,800 (SMYTHSON〈スマイソン〉)※税込価格

 ボトルホルダーのアイディアは、ルーク・ゴダディン氏が“スマイソン”のアーカイブ資料から見つけ出したコップのセットである。1920年代に発表されたそのセットは、レザーのホルダーにシルバーコーティングされたボトルがぴったりと収まっていた。それをゴダディン氏は、見事に洗練されたボトルホルダーにつくり替えたのだ。

 老舗のブランド力に安住することなく、常にユーモアあふれる商品をつくる“スマイソン”。私は、日本で新しい商品情報を得ることに加え、ロンドンの本店でも、珍しい商品に触れる喜びを味わいたい、といつも思っている。

スマイソンのボトルホルダー&ボトルセットを抽選でプレゼント

問い合わせ先

この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク