大人のストレートは、「自然の成り行き任せでただ髪を伸ばしただけ」ではダメ。

FIX-UP銀座店のディレクター、中山みほさんによると、「顔まわりは短くレイヤーを入れて、グラデーションをつけること。顔まわりに髪がかかりすぎると重たく見えて、フェイスラインも締まらなくなります。毛先も伸ばしっぱなしにはしないで、厚みをとって、自然に内に入るようにカットにすると全体のバランスもきれいにまとまります」とか。

大人のストレートをさっそくチェック!

【お悩み】ボリュームが多くてうねる髪だけれどストレートヘアを楽しみたい!

今井美緒さん(40歳/看護師)のお悩みを解消するには…

■髪型:顔まわりにレイヤーを入れて軽さを出す

完成
サイド
バック

今井さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★★
  2. ボリューム(少→多) ★★★
  3. 髪の太さ (細→太) ★★★
  4. うるおい (乾→潤) ★★
  5. 白髪の量 (多→少) ★

髪が硬くボリュームもある今井さんの髪。「毛量は髪の表面ではなく、内側で調整しています。クセもかなりあるのでストレートパーマをかけています。が、ピンと伸ばしすぎると大人の髪には不自然なので、ほどよくツヤが出る程度の強さがおすすめです」(中山さん)

■スタイリング:髪の内側と表面にヒートブラシを通すだけでストレートに!

アイロンが上手く使えない…という人におすすめなのが、ブラシにヘアアイロンのような電熱を内蔵したヒートブラシ。「毛束の毛先を引っ張りながらブラシを通すだけなので、とても簡単。うねりやすい方、ブローが苦手な方におすすめしたいですね」(中山さん)

スタイリング前

■1:髪の内側から毛束の根元から毛先に向かってヒートブラシを通す

片手で手束の毛先を軽く引っ張りながらブラシを通すと、より真っ直ぐに。

■2:髪の表面も同様にしてヒートブラシを通す

内側と同じように毛先を軽く引っ張りながらブラシを通すこと。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■ストレートパーマをかけるときは、ピンと伸ばしすぎに注意
  2. ■野放図にただ伸ばすのではなく、顔まわりにレイヤーを入れて軽さを出す
  3. ■うねりが出やすくツヤが欲しい髪はヒートアイロンでケア

今井さんは白髪の量が全体の50%と多めなのに、カラーリングはしていないとか。「そう頻繁にサロンへいらっしゃれない方も多いですよね。濃いめの色で染めてしまうと根元との差がハッキリ出てしまうので、ブラウンの色味をベースにマニキュアをしています。白髪が伸びてきても、そんなに気になりませんよ」(中山さん)

FIX-UP銀座店 ディレクター・中山みほさん。ゆで卵が大好物で、茹で方にもこだわりが。「3分半茹でて、火から下ろして8分。この茹で方がベストですね」

問い合わせ先

FIX-UP銀座店
住所/東京都中央区銀座4-2-2 第一弥生ビル6F
TEL:03-6228-7277
営業時間:11:00~20:00 土・日・祝日10:00~19:00
定休日:月曜・火曜(定休日は祝祭日の場合は営業)

それぞれの髪質と個性に合わせたスタイルを提案してくれる頼れるサロン。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑