アウターとロングスカートのおすすめコーディネートを、ファッション誌『Precious』から集めました。ボリュームたっぷりの存在感のあるロングスカートに合わせるべきアウターとその着こなしを、ぜひ取り入れてみてください。

【目次】

ロングスカートにコートを合わせたコーデ


【1】黒ロングスカート×キャメルコート

コート・バッグ(ロエベ ジャパン)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(マディソンブルー)、ピアス(TASAKI)、手袋(真下商事〈デンツ〉)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート・バッグ(ロエベ ジャパン)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(マディソンブルー)、ピアス(TASAKI)、手袋(真下商事〈デンツ〉)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

モヘア混ニットプルオーバーにストレッチのきいたスカートを合わせて、動きやすく暖かい着こなしで。

【2】グレーロングスカート×キャメルコート

コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

知的なたおやかさを表現できるグレー×ブラウンの着こなし。好感度バツグンのウォームリッチな配色です。

【3】白ロングスカート×ベージュ柄コート

コート・スカート・チョーカー・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・スカート・チョーカー・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

コットンサージに「トワル ドゥジュイ」をスクリーンプリント、さらに後染め加工で奥行きを表現。ディオールらしいフェミニンシルエットのトレンチ風コートに、神秘的な陰影と迫力を授けています。チュールスカートを合わせて女性らしい装いに。

ロングスカートにジャケットを合わせたコーデ


【1】グレーロングスカート×グレージャケット

ジャケット・スカート・トップス・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・トップス・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

今季注目のヒップラインにかかる長めのジャケットを、チェックプリント地にチュールが重ねられたスカートと。着こなしをドラマティックに見せると注目のチュールスカートも、ボリュームを抑えたこんな一着なら大人顔。重くなりがちな秋の装いを軽やかに見せてくれます。

【2】白ロングスカート×ネイビージャケット

ジャケット・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ブランドニュース〈リーフェ ジュエリー〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ブランドニュース〈リーフェ ジュエリー〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

上質なテキスタイルを扱うイタリア「メンキ」社の、ハリとしなやかさを併せもつリネンを使用。

ロングスカートにその他のアウターを合わせたコーデ


【1】黒ロングスカート×白マント

マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、バングル(ウィム ガゼット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、バングル(ウィム ガゼット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

一枚で様になる、ウールカシミヤのタートルネックのローゲージニットは、肌寒いときの救世主アイテム。ニットの上にクロスがけしてバッグを持つときは、かさばらないマントが活躍します。

【2】グレーロングスカート×ファージレ

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ヘアアレンジなしでもおしゃれが決まるニットキャップは休日に活躍。頭を温めて体温アップにつながる万能アイテムと知ってからは、ますます欠かせない冬のマストアイテムに! ニットとブーツに黒をつなげてキレ味よく仕上げましょう。

【3】グレーロングスカート×白カーディガン

カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ニットレイヤードに締めつけ感のないスカートを合わせて。着こなしもストレスフリーな心地よさを追求しましょう。

【4】黒ロングスカート×ファージレ

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、ピアス・バングル・リング(TASAKI) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、ピアス・バングル・リング(TASAKI) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

リラクシングな時間に寄り添うのは、優しげなグレージュ色のゆったりとしたニット。カシミヤファーのジレを重ね、穏やかに艶めくパールジュエリーを添えれば、上品でこなれた着こなしが叶います。

【5】ブラウンロングスカート×ニットジレ

ファー付きニットジレ(edit & co〈. edit &co. Cowichan〉)、タートルニット・スカート(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)、ピアス・バングル(アガット)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈レナール・ビジュー〉)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ファー付きニットジレ(edit & co.〈edit &co. Cowichan〉)、タートルニット・スカート(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)、ピアス・バングル(アガット)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈レナール・ビジュー〉)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

カナダを発祥の地とするカウチンニットは、朴訥な表面感とエスニックな柄が印象的。全体をシックなブラウンで統一すれば、余裕を感じさせる遊び着に。マキシスカートとの優雅なバランス感も見逃せません。

【6】グレーロングスカート×グレージレ

前がフォックスファーで後ろ身ごろが薄いムートン素材のジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、カシミアのタートルニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、スカート(ebure)、ピアス(エストネーション〈ガラ イズ ラブ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)70 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
前がフォックスファーで後ろ身ごろが薄いムートン素材のジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、カシミヤのタートルニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、スカート(ebure)、ピアス(エストネーション〈ガラ イズ ラブ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)70 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

優しいグレージュのフォックスファーをたっぷりあしらったジレを主役に。コーディネートのトーンはそろえて、グレーでほんの少し色をずらすだけ。でも異素材の質感はドラマティックに変えるのがポイント。プリーツスカートのしなやかさと、ファーのふんわり感の差が、それぞれの魅力を際立たせて、贅沢なグレージュ・グラデーションが実現します。

ロングスカートにアウターを合わせたコーデの関連記事