パテック フィリップ史上最大級のエキシビションが、マリーナベイ・サンズで開催

シンガポールのマリーナベイ・サンズ・シアターで過去最大規模となる「第5 回ウォッチアート・グランド・エグジビション」を開催するパテック フィリップ。

ジュネーブのパテック フィリップ・ミュージアム所蔵の多数の歴史的タイムピースに加え、シンガポールとその近隣諸国への敬意を表した特別展示も行われます。

このエキシビションでは、ローヌ通りの歴史的本店サロン、プラン・レ・ワットの本社工房、そしてパテック フィリップ・ミュージアムを実際に訪れているかのように、パテック フィリップの世界を体験することができます。

ミュージアムやプライベート・コレクターから特別に貸与されたタイムピースの展示もあるため、これまでにない規模の、数々のタイムピースが一堂に集まる、最初で唯一の機会だそうで、ジュネーブ最後の独立した家族経営の時計マニュファクチュールであるパテック フィリップの本質に迫れる、またとない機会になること間違いなしです。

期間は、2019年9月28 日(土)から10月13日(日)まで。

パテック フィリップによる、シンガポールと東南アジア近隣諸国へのオマージュ

同イベントは、過去、2012 年のドバイ、2013年のミュンヘン、2015年のロンドン、2017年のニューヨークにて開催されてきましたが、今回はラッフルズ卿の上陸200年を記念し、シンガポールで開催されます。

東南アジアの都市国家とその近隣諸国に敬意を表する歴史、文化、芸術、およびパテック フィリップが深い関わりを持つこの地域の、自然環境を表現したタイムピースを鑑賞することができます。

以下で、その一部をご紹介します。

展示されるパテック フィリップのタイムピースの数々!

七宝細密画により広東港を描いた懐中時計。1830年頃、中国市場から発注。極東とヨーロッパ間の貿易の中心地としてのシンガポールの役割を表しています。ジュネーブ製作。『S-112』
微細な銀箔を埋め込んだクロワゾネ七宝による装飾。東南アジアとその近隣諸国の建築装飾や伝統的な織物に着想を得ているそう。『パテック フィリップ・ドーム・テーブルクロック《タイの装飾》(20074Mモデル)』
1810年頃、中国市場向けにジュネーブで製作された桃の形をしたペアのペンダント・ウォッチ。東南アジアとその近隣諸国の動植物のユニークさを際立たせています。『S-303A-B』
クロワゾネ七宝による装飾。海底世界を表現。『パテック フィリップ・ドーム・テーブルクロック《トロピカル・アイランド》(20087Mモデル)』
シャム(現在のタイ)国王ラマ5世が所有していたパテック フィリップ懐中時計。『P-1457』
シンガポールの独立50周年を記念して2015年に作られたこのテーブルクロックは、将来性溢れる東南アジアの伝説的なダイナミズムを体現し、東南アジアの文化的な独自性を強調。『パテック フィリップ・ドーム・テーブルクロック(1677Mモデル)』

パテック フィリップ・ミュージアム所蔵品から、かつてない量の出展

世界で最も優れた時計博物館のひとつと名高い、2001年に開館したジュネーブのパテック フィリップ・ミュージアム。今回のエキシビションでは、その希少な所蔵作品の一部を鑑賞することができます。

これだけの量のパテック フィリップ・ミュージアム所蔵品が、海外での展示のためにジュネーブから搬出されるのは、これが初めてとのこと。ジュネーブのパテック フィリップ・ミュージアムと同じく、ミュージアム・ルームのセクションを2つに分けるそうです。

第1のセクションはオールド・コレクションであり、1548年にニュールンベルクで製作されたドラム型時計(S-892/ドイツ)、七宝細密画で豪華に装飾された懐中時計、ミュージカル・オートマトン(自動人形)、ヨーロッパの最も天分あふれる時計師たちの創作した技術的なタイムピースなど、16世紀中頃に始まる、携帯可能な時計の歴史を振り返ることができます。

1548年にニュールンベルクで製作されたドラム型時計。『S-892』

第2のセクションは、1839年の創業以来、今日に至る、パテック フィリップの輝かしいタイムピースのハイライトです。パテック フィリップを代表する、最も著名で複雑なタイムピースを間近で見ることができます。

アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックが30歳の誕生日に購入した懐中時計。『P-1』
スイス最初の腕時計。『P-49/1868』
文書に残る最初の永久カレンダー搭載腕時計。1925年制。『P-72』
25年以上世界で最も複雑な機械式携帯時計として知られている『キャリバー89』
21の複雑な機能を持つ『スターキャリバー2000』

10 のテーマ・ルーム

上記でご紹介した展示品の他にも、10のテーマ・ルームに分かれた、さまざまな展示が予定されています。

1:映画上映ルーム
パテック フィリップの歴史を概観した映画がここで上映されます。

2:現行コレクション・ルーム
パテック フィリップの現行コレクションを展示。現行コレクション・ルームの内装デザインは、ジュネーブ・ローヌ通りのパテック フィリップ・サロンに準拠しているそう。

3:ナポレオン・ルーム
ジュネーブ・ローヌ通りの著名なパテック フィリップ・サロンの店内が再現されています。レマン湖の風景をイメージしたライブ・ショーも。東南アジア市場向けに創作された、限定製作タイムピースも展示されるそう。

4:ミュージアム・ルーム
ジュネーブのパテック フィリップ・ミュージアムと同じく、ミュージアム・ルームは2 つのセクションに。第1 のセクションはオールド・コレクション、第2 のセクションはパテック フィリップの歴史的コレクションを展示。

5:希少なハンドクラフト・ルーム
職人たちが、腕時計やドーム・テーブルクロックに用いられる、七宝などの高度な装飾技術を実演。世代を超
えて伝えられた、希少な工芸技術によるタイムピースが展示されたこのルームでは、パテック フィリップの希少
なハンドクラフトへのこだわりを感じることができます。

6:ウォッチメーカー・ルーム
パテック フィリップのマスター・ウォッチメーカーたちが、機械式タイムピースの内部の機構を見せてくれます。

7:グランド・コンプリケーション・ルーム
パテック フィリップの、最も複雑で技術革新にあふれたタイムピースをまとめて見ることができます。グランド・コンプリケーションは、マニュファクチュール パテック フィリップを代表するコレクションのひとつです。

8:ムーブメント・ルーム
基本的なキャリバーから、世界で最も複雑なタイムピースのいくつかのために創作された、グランド・コンプリケーションまで、パテック フィリップの多岐にわたるタイプのムーブメントを展示する特設ルームです。

9:インタラクティブ・ルーム
マニュファクチュール パテック フィリップの世界と、ムーブメントの仕組みを深く学べます。

10:シンガポールと東南アジア・ルーム
200年の豊かな歴史、文化、芸術、自然に恵まれたシンガポールと東南アジア全域の偉大な遺産へのオマージュを表現。


訪れたい方は、事前のネット予約を忘れずに!

料金は無料ですが、前もって予約が必要です。また、希望により、英語または北京語のナレーション付きオーディオガイドが利用可能です。金曜日と土曜日は、22:00まで開催時間が延長され、子供向けのコンテンツの提供があるファミリーデーが、日曜日(2回)に予定されています。

パテック フィリップによる、これだけの規模のエキシビションは今後、もうないかも知れません。開催期間中にシンガポールに滞在されるご予定にある方は、ぜひ、足を運んでみてください。

ウォッチアート・グランド・エグジビション概要

期間/2019年9月28 日(土)~2019年10月13日(日)
時間/10:00~19:00(日曜日~木曜日)※入場締切は18:00
なお、以下の日程はスケジュールが異なります。
・10月4日(金)、10月5日(土)、10月11日(金)、10月12日(土)は10:00~22:00。※入場締切は21:00
・10月6日(日)、10月13日(日)は10:00~17:00。※入場締切は16:00、子供向けコンテンツの展開もあり
オーディオガイド/英語または北京語のナレーションが利用可能
料金/無料 ※要予約
予約URL:https://jp.marinabaysands.com/entertainment/events/patek-philippe-watch-art-grand-exhibition.html

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。