2005年にパリに拠点を移してから温め続けてきたという、待望のファースト・アルバム「COLOMENA」を2019年9月18日(水)リリースする勝沼恭子さん。

アーティストの勝沼恭子さん。撮影/十文字美信
アーティストの勝沼恭子さん。撮影/十文字美信

作曲家であり、多彩な楽器をあやつる演奏家でもあるアーティスト、三宅 純さんのヴォーカリストのひとりとして、またナレーター、モデルとして、独特の個性を放っています。

そんな彼女の「内側の声」を探し求めた旅の記録だという、このアルバムの魅力と、ゆったりと秋の夜長を楽しむのにぴったりな、ふたつのイベントをご紹介します。

自然に心に入り込む「未知の言葉」

勝沼恭子+三宅純「COLOMENA」PCD-26073 ¥2,600(税抜)P-VINE RECORDS
勝沼恭子+三宅純「COLOMENA」PCD-26073 ¥2,600(税抜)P-VINE RECORDS

ファースト・アルバム「COLOMENA」の収録曲、大半で唄われるシラブルは、特定の言語ではなく、彼女が「内側の声」を探す旅で見た風景をできるだけ歪みのない形で表現した、言葉にできない波動、言霊のようなものだといいます。

聴き手にとって未知の言葉であるはずのそれは、驚くほど自然に心に入り込み、さまざまな記憶や感情、風景や色彩を呼び起こしてゆきます。

「『内側の声』として静かに存在しているはずの記録、その声を実際耳にしたらどんな響きがするのでしょう?」という勝沼さんの問いかけの答え、アルバムを聴いて探してみたくなりました。

異次元感覚を孕みつつ、ポップなサウンド

紛れもない三宅純ワールドである変幻自在なサウンド・メイキングも聴きものです。名盤「Stolen from strangers」や「Lost Memory Theatre 」の世界観に通ずる異次元感覚を孕みつつ、いつになくポップな浮遊感を湛えたサウンドが新鮮です。

その三宅さんの作品のアートワークを手がけた、シャネルの20年に渡るイメージメーカー、ジャン=ポール・グードとタッグを組む、ヤン・スティーブさんがグラフィックデザインを担当。

勝沼さんの自作曲を中心に、三宅さんによる楽曲や共作、カヴァーによって構成された全12曲。両名ともパリ在住ということで、多様なバックグラウンドを感じる音も魅力です。多彩な表情を見せる「内側の声」との親密な交感をぜひ体験してみてください。

上質な音と超豪華アーティストでアルバムを再現する2つのイベント

■1:先行試聴会@代官山【9月16日】

アルバムの発売に先駆け、2019年9月16日(月/祝)に先行試聴会が代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で開催されます。楽曲の背景、三宅純さんのアレンジ手法、多彩な参加ミュージシャン、様々な角度から作品の魅力に迫ります。

当日は、親交の深い画家・寺門孝之さんをホストに迎え、勝沼恭子さんと三宅 純さんが登壇。作品の魅力を最大限に引き出すハイグレードな音響装置と音量で、最新アルバムの曲を再生します。

■2:発売記念ライブ@渋谷【10月24日】

2019年10月24日(木)には、発売記念ライブが渋谷「WWW」にて開催されます。超豪華布陣で、このアルバムがどのように再現されるのか期待が高まります。

秋の足音を感じ始めると、師走の忙しさが迫ってくるようで、息苦しく感じることもあります。そんな時はちょっと足踏み。時の流れの速さを切なく感じる秋の夜長は、別世界へ旅させてくれる、こんな素敵な音楽を聴いたり、スペシャルなイベントに出かけて、ゆっくり過ごしてみるのはいかがでしょうか?

勝沼恭子さん
ヴォーカリスト/モデル/ナレーター
神奈川県出身、5歳よりピアノ、7歳より合唱を学ぶ。10歳の時、在籍合唱団の選抜により、NHKみんなの歌にてレコードデビュー。15歳で海外公演(ギリシャ)を経験する。昭和音楽大学短期大学部ピアノ科卒業と同時にCM音楽制作会社に入社。音楽制作を学びつつ、ヴオーカリスト、ナレーターとして三宅純、菅野よう子、中川俊郎、近田晴夫、鈴木慶一らの作品に参加。2005年9月よりパリに拠点を移し、2007年には楽曲制作を開始。音楽活動以外に、ヴィム・ヴェンダース監督による3Dインスタレーション『もし建築が話せたら・・・(日本バージョン)』のナレーションや、CM出演多数、アートカルチャーマガジンSOME/THINGS Magazine のモデルを担当するなど活躍の場を広げている。
公式サイト

イベント/ライブ情報

■先行試聴会 勝沼恭子ファースト・アルバム「COLOMENA」Talk & Listening Session with & Jun Miyake & Takayuki Terakado

会場/代官山 晴れたら空に豆まいて
日時/2019年9月16日(月/祝)
時間/開場 18:00 開演 19:00
料金/前売り 3,000円、当日 3,500円 ※共に1ドリンク代別
出演/勝沼恭子、三宅純、寺門孝之
TEL:03-5456-8880
住所/東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2

■アルバム発売記念ライブ 勝沼恭子ファースト・アルバム「COLOMENA」 ライブ

会場/渋谷 WWW
日時/2019年10月24日(木) 
時間/開場 18:30 開演 19:30
料金/前売り 5,600円、6,100円 ※共に1ドリンク代別。一部座席あり。
8月5日チケット発売(e+ / ローソンチケット/ チケットぴあ/ WWW店頭)
出演/勝沼恭子(voc)、 三宅純(Rhodes, piano, flugelhorn) 、青葉市子(guitar, choir) 、渡辺等(basses) 、伊丹雅博(guitars)  、ヤヒロトモヒロ(percussion) 、zAk (sound)
TEL:03-5458-7685
住所/東京都渋谷区宇田川町13−17 B1F シネマライズビル

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
神田朝子