大人のデニム選び、成功の鍵は「ブラック」にあり!

晩夏から初秋にかけて、軽やかな着こなしを目指すときに、真っ先に取り入れたいのが、合わせるアイテムを選ばず、シンプルな着こなしを今の気分で仕上げてくれる「ブラックデニム」。

洗練カジュアルを目指す大人のワードローブに寄り添い、シーンレスで楽しめる最旬のブラックデニム・スタイルを、人気スタイリスト・髙橋リタさんのスタイリングでご紹介します。

■1:スモーキングジャケットを合わせ、ハンサムな女性らしさを堪能

デニム_1,秋コーデ_1,大人コーデ_1
デニム¥23,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ジャケット¥84,000(カオス丸の内)、カットソー¥6,800(スローン) ピアス¥465,000・ネックレス¥1,890,000・バングル/上から¥655,000・¥695,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ¥117,000(JIMMY CHOO)、靴¥95,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

品よく、潔く、シーンレスで映える辛口なデニムスタイルに

ウォッシュ加工が施されたブラックデニムがあれば、初秋に映える、軽やかなモノトーンスタイルが完成します。足元は、華奢なバーサンダルで、女らしいエッセンスを。

ブラックデニムは…upper hights(アッパーハイツ)

「シンプル&スタイリッシュ」をコンセプトにもち、心地よさを追求する東京生まれのブランド。着用したブラックデニムは、紡績や染色などを一貫して行う「カイハラ社」のストレッチ素材を使用。

■2:クリーンな白を効かせて、清潔感あふれる着こなしに

デニム_2,パンツ_1,秋コーデ_2,大人コーデ_2
デニム¥29,000(サザビーリーグ〈マザー〉)、シャツ¥39,000(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、ピアス¥68,000・スカーフ¥56,000・レザーブレスレット¥86,000・エナメルブレスレット各¥39,000・靴¥106,000(エルメスジャポン)

独自に開発したデニム地は、一度知ったら虜になるほど、ソフトでフィット感が抜群! 端正な着こなしを目指したい日は、清潔感のある白シャツを合わせます。エルメスのスカーフやブレスレットで、品格を添えるのも忘れずに。

ブラックデニムは…MOTHER(マザー)

デニム業界で活躍するふたりが立ち上げた、L.A.ブランド。ブランド名には、「あらゆるジーンズのマザー」という意味が。着用のデニムは、切りっぱなしの裾が軽やかな印象。

■3:華やかなトップスと相性がよく、すっきりとした着こなしを実現

デニム_3,パンツ_2,秋コーデ_3,大人コーデ_3
デニム¥28,000(マインド〈マインデニム〉)、トップス¥46,000(オットデザイン〈ルーム エイトブラック〉)、ピアス¥621,000・ブレスレット/上から¥680,000・¥300,000・リング¥241,000(TASAKI)、時計¥1,920,000(A.ランゲ&ゾーネ)、バッグ¥145,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)、靴¥144,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

こっくりと深みのあるカラートーンが、洗練をもたらして

ワンウォッシュで黒の深みを生かしたデニムなら、女性らしい着こなしにもよく似合います。マットブラックのメタルボタンなど、細部にもこだわりが光ります。

ブラックデニムは…MINEDENIM(マインデニム)

デニムの風合いを生かしつつ、スタイリッシュなディテール使いで、大人の女性にもフィット。岡山のデニム生産地と共同で、生地や加工の開発にまで取り組んでいます。

■4:心躍るきれい色のニットと、ウォッシュドデニムで軽やかに

デニム_4,パンツ_3,秋コーデ_4,大人コーデ_4
デニム¥32,000(エージー ジャパン)、ニット¥40,000(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、カットソー¥6,800(スローン)、ピアス¥161,000・ネックレス¥591,000・ブレスレット/上から¥680,000・¥300,000(TASAKI)、バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥100,000(J.M. WESTON 青山店)

色落ち加工を施した、グレーみを帯びたやわらかな印象がもち味。顔色を明るく照らすピンクニットの襟元や裾から、白のカットソーをちらりとのぞかせ、カジュアルな装いにメリハリをつけています。

ブラックデニムは…AG(エージー)

L.A.を中心に展開するデニムブランド。経年変化を加工でつくり出す技術に長け、着用のデニムは、16年間はき続けた色落ち感を表現しています。

■5:オーバーサイズのブラウスと合わせて、旬の着こなしを楽しむ

デニム_5,パンツ_4,秋コーデ_5,大人コーデ_5
デニム¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ブラウス¥75,000(ブラミンク〈ブラミンク〉)、サングラス¥32,000(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉)、イヤリング¥584,000・バングル¥1,195,000・リング¥729,000(フレッド)、バッグ¥275,000(ロエベ)、靴¥99,000(クリスチャン ルブタン ジャパン)

シンプルに徹したブラックデニムで、新しい季節を迎えて

伸縮性があるだけでなく、復元力にも優れ、美しいシルエットをキープする秀逸なブラックデニム。花のように鮮やかなロエベの「ハンモック ドローストリング バッグ」で黒の装いにリズムをつけています。

ブラックデニムは…RED CARD(レッドカード)

日本人の体型をベースに、素材から加工、縫製まで“メイド・イン・ジャパン”にこだわる。メンズデニムを手がけてきたプロデューサーだからこその、ユニセックスな雰囲気が魅力。

■6:ライダースジャケットの印象を、色落ちデニムがやわらげる

デニム_6,パンツ_5,秋コーデ_6,大人コーデ_6
デニム¥39,000(アマン〈アトリエ ノティファイ〉)、ジャケット¥150,000(ジョン ローレンス サリバン)、ニット¥27,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、バングル/上から¥56,000・¥1,930,000・¥172,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ¥116,000(トッズ・ジャパン)、靴¥99,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

音楽を楽しむ夜は、ハンサムな黒の装いに

ウォッシュ加工が施されたデニムは、立体的に見える陰影がついているぶん、脚がほっそり見えます。さりげなくきいたセンタープレスが、品よく見せるのです。華奢なヒールのバックストラップ靴で、色香を漂わせます。

ブラックデニムは…Atelier Notify(アトリエ ノティファイ)

テーラリングのスピリットを反映したパリ発のブランド。

■7:チャーミングな色やディテールを、ブラックデニムが引き立てる

デニム_7,パンツ_6,秋コーデ_7,大人コーデ_7
デニム¥42,000(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、ブラウス¥60,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス¥30,000(プロポデザイン)、バングル/上から¥26,000・¥17,000(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ¥343,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴¥65,000(JIMMY CHOO)

週末時間は、ジャッキー・スタイルで過ごして

アシンメトリーにフリルを施した、程よく可憐なデザインで、ほんのり甘いノースリーブブラウスは、細身シルエットのデニムで受け止めて、すっきりとしたバランスに。スリムなシルエットのブラックデニムで、バランスよく見せて。

ブラックデニムは…JACOB COHËN(ヤコブ コーエン)

イタリアならではのサルトリア気質が宿る、立体裁断によるデニムづくりに定評がある。

■8:シックな色合わせでミラネーゼのような着こなしに

デニム_8,パンツ_7,秋コーデ_8,大人コーデ_8
デニム¥26,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、カーディガン¥31,000・ニット¥21,000(スローン)、バングル/上から¥55,000・¥63,000(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ¥49,000(アマン〈ア ヴァケーション〉)、靴¥152,000/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店)

ノンウォッシュのブラックデニムなら、ニットアンサンブルを合わせた定番のトラッドスタイルも、軽やかにアップデートされて。ペイズリー柄の旬バッグでトラッドスタイルに鮮度を。ごくベーシックなシルエットのブラックデニムがこなれ感をもたらします。

ブラックデニムは…Current Elliott(カレント エリオット)

アメリカン・クラシックなムードが漂う、L.A.ブランド。色落ちやシルエットから理想の一本が見つかる「パーマネントコレクション」がカジュアル通の大人に好評。

■9: パウダーベージュのブラウスとミニマルなデニムで上品に

デニム_9,パンツ_8,秋コーデ_9,大人コーデ_9
デニム¥27,500(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、ブラウス¥72,000(ドゥロワー 丸の内店)、ネックレス¥41,000(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バングル¥15,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ソコ〉)、バッグ¥170,000(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴¥48,000(アマン〈ペリーコ〉)

フェミニンなテイストを加え、話題のレストランへ

シルクブラウスの甘さをブラックデニムで中和させて、旬の気分を取り入れた、エレガンスを完成。体型を選ばず旬の印象がかなう隠れ名品デニム。着席シーンで顔を明るく照らすパールを添えて。

ブラックデニムは…Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)

計算し尽くしたシルエットで脚のラインがすっきり見えると、絶大な支持を集める北欧ブランド。

※掲載した商品は、すべて税抜です。


手持ちのベーシックワードローブに合わせやすく、インディゴよりも上品に仕上がるのがブラックデニムの魅力。最愛の一本を見つけて、大人のライフスタイルに寄り添う、洗練されたコーディネートを楽しみましょう。

問い合わせ先

PHOTO :
生田昌士(hannah)
STYLIST :
髙橋リタ
HAIR MAKE :
野田智子
MODEL :
高橋里奈
COOPERATION :
バニラビーンズ みなとみらい本店、アニヴェルセル みなとみらい横浜、インターメカニカ東京
EDIT&WRITING :
川口夏希、遠藤智子(Precious)