寒い冬に大活躍するタートルネック。大人の女性のためのタートルネックの着こなしを、ファッション誌『Precious』から厳選してお届け。黒や白、ベージュ、グレー、キレイ色などのカラー別に、タートルネックをおしゃれに着こなすヒントが満載です。タートルネックをインナーに着こなすテクも、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

レディース冬の黒タートルネックコーデ


【1】黒タートルネック×チェックコート×黒パンツ

コート・タートルニット・パンツ・バッグ『カサンドラ』(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート・タートルニット・パンツ・バッグ『カサンドラ』(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

そでぐりから後ろ身ごろへ、丸みを帯びて、ゆったりとしたフォルムがかわいい、ツイードのブルゾンに、黒のタートルネックニットと細身パンツを合わせた、マニッシュなトラッドスタイル。グレンチェックが醸し出すきちんと感に、襟元のシアリングファーの愛らしい表情が重なって、いち目おかれること間違いなし。細身のパンツだけでなく、ロングスカートでも着映えます。

【2】黒タートルネック×ベージュコート×黒パンツ

パンツ(ブラミンク)、コート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ニット(スローン)、ピアス(TASAK〈I M/G TASAKI〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、グローブ(デミルクス ビームス 新宿〈ジリオ・フィオレンティーノ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2019年
パンツ(ブラミンク)、コート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ニット(スローン)、ピアス(TASAK〈I M/G TASAKI〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、グローブ(デミルクス ビームス 新宿〈ジリオ・フィオレンティーノ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2019年

そで口にたっぷりとファーをあしらったエレガントなコートには、つま先までまっすぐ伸びるストレートラインをつくる黒のスティックパンツを。その緊張感がかっこいい! 黒&ベージュと相性のいい、アニマル柄のトッズのバッグで立体感を加えて。

【3】黒タートルネック×ネイビージレ×黒パンツ

ニット(アオイ〈ポール カ〉)、ジレ(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(チェルキ〈ステファノ〉)、ピアス・リング(ヴァン クリーフ&アーペル)、時計(ソーウインドジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(アオイ〈ポール カ〉)、ジレ(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(チェルキ〈ステファノ〉)、ピアス・リング(ヴァン クリーフ&アーペル)、時計(ソーウインドジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

程よいフィット感と厚さがインナーにも最適なリブのタートルニットに、ネイビーのジレをシンプルに重ねることで、着る人の個性を際立たせて。白ダイヤルにネイビーベルトの大ぶり時計が、ジュエリー以上の存在感で、女性の生きざまを語ります。

【4】黒タートルネック×ネイビーコート×ベージュパンツ

ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

太めリブが心地よくフィットする、リビアナ コンティの黒タートルネックニット。ネック、袖、着丈は長めで、スリット入りの袖にシルバーボタンが付いています。このニットを、ネイビートレンチにワイドパンツのマスキュリンスタイルに合わせるだけで、大人の品格と自信が感じられる装いになります。

【5】黒タートルネック×黒スカート

ニット(三喜商事〈ストラネス〉),スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ひじ下までの長いリブ、セットインスリーブの端正なシルエットを、繊細なカシミヤ糸で表現した、ストラネスのタートルネックニット。このニットをボトムインして、ウエストマーク。首元のスカーフは小さめにあしらうなど、端正さが鍵となります。

【6】黒タートルネック×グレースカート

ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ローゲージの黒のタートルネックニット×ロングスカートで、犬のお散歩コーディネート。フランネル素材のハリ感のあるスカートを選んで、コンサバに見せないのも、グレーのスカートスタイルをフレッシュに見せる秘訣。ざっくりとした黒のニットに、メタリックシルバーのボディバッグを合わせて、印象をモダンに引き締めて。

【7】黒タートルネック×ベージュコート×チェックパンツ

コート(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、バッグ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、バッグ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

黒タートルとチェック柄パンツで仕上げた、シンプル&ベーシックな装いに、パンツにもスカートにも好相性な腰が隠れる丈のトレンチコートを重ね、きりりとウエストマーク。チェーンショルダーをさりげなく手にする、こなれた女らしさの演出も差がつくポイントです。

【8】黒タートルネック×キャメルコート×黒パンツ

ダブルフェースカシミヤのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

アイコンコートの名品ぶりを堪能するなら、ベーシックなキャメルを選んで。顔と首のバランスが美しく見えるコンパクトなネックラインは、黒のタートルニットですっきりと強調。艶のあるスティックパンツでシャープに、華やかにまとめましょう。

【9】黒タートルネック×ロングネックレス

ニット(コロネット〈アバティ〉)、ネックレス・ピアス・バングル・リング(カルティエ) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(コロネット〈アバティ〉)、ネックレス・ピアス・バングル・リング(カルティエ) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

シンプルな黒のタートルは、テーラードジャケットやシャツ、ジレを重ねられる万能の冬トップス。これらに共通するのは、胸元のVライン。ならば、タートルにロングネックレスで、胸元にシャープなVラインを演出すると、上手くいきます。地金タイプのステーションネックレスなら、いっそうモダンでスタイリッシュな印象に。

【10】黒タートルネック×スカーフ

ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、バングル・リング・ピアス(ブルガリ ジャパン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、バングル・リング・ピアス(ブルガリ ジャパン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

タートルネック向きのスカーフ使いは、きちっとコンパクトにすること。「90×90cm」のスカーフを細長くバイアス折りし、中心を首の前にあてたら後ろでクロスに交差。前で軽く細結びしてみましょう。ポイントは、タートル部分が首にピチッと沿うニットを選ぶこと、スカーフの太さをタートルの高さにそろえること。

レディース冬の白タートルネックコーデ


【1】白タートルネック×ライトベージュパンツ

ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ストール(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ジョンストンズ×ハウント〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ストール(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ジョンストンズ×ハウント〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

白~ベージュのグラデーション配色に、ピンクメタリックのパンプスが映えるクリーミー配色の着こなし。ジョンストンズの厚手のチェック柄ストール、ザネラートの落ち着いた色味のバッグが、確かな審美眼を感じさせます。

【2】白タートルネック×ライトグレージャケット×黒スカート

マックスマーラのジャケット・キュロットパンツ・スポーツマックスのニット(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
マックスマーラのジャケット・キュロットパンツ・スポーツマックスのニット(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

リッチな淡ベージュ色が新鮮な極上ウールのジャケットは、丈がヒップを覆うくらい長めなので、コート感覚で颯爽と着こなせる一枚。合わせる白タートルニットは、ジャケットの存在感にも負けない、タートル部分に主張があるものにして、モード感を高めて。プリーツが入ったキュロットパンツには、ロングブーツで足元をつなげます。このカジュアルなこなれ感が、ジャケットの着こなしの鮮度を上げてくれます。

【3】白タートルネック×ライトグレーコート×グレーパンツ

和光のコート・クルチアーニのニット・ペセリコのパンツ・リンドバーグのサングラス・ブチェラッティのイヤリング・リング・マウロ・ゴベルナのバッグ(和光)、靴/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
和光のコート・クルチアーニのニット・ペセリコのパンツ・リンドバーグのサングラス・ブチェラッティのイヤリング・リング・マウロ・ゴベルナのバッグ(和光)、靴/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

高級感あふれるグレージュのコートは、肌映りがいいアイボリーのタートルニットを合わせて、女性らしく清潔感が香る着こなしに。取り外し可能で便利なボリューム感あるフォックスファーが、顔周りを華やかに演出。

【4】白タートルネック×チェックストール×ライトグレーパンツ

アルパカウール混のストール・カシミヤのニット・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、シルバーバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
アルパカウール混のストール・カシミヤのニット・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、シルバーバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

素敵な大判ストールを主役に、白のタートルネックニットとスエットパンツを合わせた、一日ゆっくりと部屋で過ごす日のコーディネート。ラメが煌きらめく赤ベースのチェックのストールを合わせるだけでパッと明るい雰囲気になり、白や淡色系のリラックスウェアが様になります。

【5】白タートルネック×カーキスカート

ニット・スカート(ブラミンク)、URSA MAJORのピアス(GALERIE VIE 丸の内店)、バッグ(showroom SESSION〈アシーナニューヨーク〉)、靴(TOMORROWLAND〈SARTORE〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ニット・スカート(ブラミンク)、URSA MAJORのピアス(GALERIE VIE 丸の内店)、バッグ(showroom SESSION〈アシーナニューヨーク〉)、靴(TOMORROWLAND〈SARTORE〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

白のスリットが入った長め丈のタートルネックニットに、上品なナチュラルカーキのフレアスカートを取り入れた、幸せ感漂う休日コーディネート。スカートには前後に斜めスリットが、ニットにもサイドに大胆なスリットが入った長め丈。これを合わせる絶妙なバランスが、大人の可憐さを引き立てます。

【6】白タートルネック×白カーディガン×グレースカート

カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

白のタートルネックニットに、トッパーカーディガン(目がギュッと詰まった編み地のガウン風カーディガン)た、ニットレイヤードスタイル。締めつけ感のないスカートを合わせ、ストレスフリーな心地よさを追求したスタイリングです。

【7】白タートルネック×ピンクマント×グレースカート

ダブルフェースカシミヤのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

量感たっぷりの贅沢なマントなら、最愛の洗練色を全身にまとってインパクトのある装いがかないます。マントはもともと、格の高さや知性を象徴するもの。薄手タートルニット&レースのロングスカートスタイルにも、さらりとまとうだけでクラス感がアップして。

レディース冬のベージュタートルネックコーデ


【1】ベージュタートルネック×ベージュジャケット×白パンツ

ジャケット(トラデュイール)ボクーのニット・トモウミオノのパンツ(チェルキ)、バッグ(モワナ メゾン GINZASIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ジャケット(トラデュイール)、ボクーのニット・トモウミオノのパンツ(チェルキ)、バッグ(モワナ メゾン GINZASIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

オフ白~グレージュでまとめた好感度の高いカジュアルは、全体をピンクがかったニュアンス色でそろえることが成功のポイント。まずはインナーのタートルとパンツをピンクがかったオフ白でつなげて、縦を強調。そこに一段濃い、ピンクみの強いグレージュ系のムートンジャケットをプラス。そで口に配したファーの色が、インのニットやパンツとリンクしているから、全体のまとまり感は完璧です。

【2】ベージュタートルネック×オレンジパンツ

ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

肩からそでにかけて、優しいブラウンのミンクファーが贅沢なラインを描くタートルニットを主役に。濃密なオレンジの細身パンツとのカラーコーディネートが、新たなグレージュの魅力を引き出します。ベーシックなアイテム同士の組み合わせに、トリコロール配色のバッグで遊びの要素をオンすることで、余裕あふれるリッチなカジュアルが実現。

【3】ベージュタートルネック×ネイビーダッフルコート×白パンツ

コート『エリザダッフル』(ゲストリスト〈グローバーオール〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ペンダント・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート『エリザダッフル』(ゲストリスト〈グローバーオール〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ペンダント・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

国内旅行でいろいろと動き回るときの白デニムスタイル。薄手のベージュのタートルニットを合わせ、グレージュのブーツとで白パンツをサンドイッチすることで、上品な雰囲気に。コートは、優雅さの漂うパープルに加え、細身でスマートになったシルエットや、着心地のいいウールベースの素材も極上。こんな新しい印象のダッフルなら、大人の旅アウターにも最適です。

レディース冬のキレイ色タートルネックコーデ


【1】ブルータートルネック×ネイビーコート×グレーパンツ

コート・ニット・パンツ(ウールン商会〈コロンボ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(ウールン商会〈コロンボ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

シーンを問わず着られるネイビーのジャケットコートは、エクストラファインウールとアンゴラ混紡のダブルフェース。ピーコート風のダブルブレストで、着こなしの幅も広く愛用できます。顔映りを明るくするスモーキーブルのタートルネックニットに、淡グレーのパンツを合わせて、颯爽と。

【2】グレータートルネック×白コート×グレーパンツ

ニット・パンツ(ブラミンク)、ピーコート(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・チャーム(アガット) グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ニット・パンツ(ブラミンク)、ピーコート(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・チャーム(アガット) グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

シンプルなローゲージニットにボリュームのあるPコート、ワイドパンツとスニーカーを合わせた、白~グレージュへのグラデーションコーディネート。バッグとスニーカーの色が淡いグレーでリンクしているのもおしゃれ。

【3】ライトグレータートルネック×ライトグレーマント×黒パンツ

マント(ミカコ ナカムラ南青山サロン〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット (リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、時計・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
マント(ミカコ ナカムラ南青山サロン〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット (リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、時計・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

動くたび揺れる贅沢な分量感と極上のカシミヤ素材のマントは、通勤アウターとしてだけでなく、休日スタイルにも大活躍。余裕のあるタートルネックニット&ワイドパンツを合わせて、ハットやバッグなど茶系の小物で味付けを。

【4】グレータートルネック×ネイビーコート×グレーパンツ

コート(マッキントッシュ青山店)、ニット・パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、手袋 (ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット・パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、手袋 (ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

透湿防水機能を備えた上質なカシミヤ生地を使用したダブルブレストコートは、ほっそりと見えるひざ下丈のシルエットが美しい。イエローゴールドトーンのアイレット付きベルトが、装いのアクセントになっています。グレー配色の知的なトラッドテイストで品よく。

【5】ネイビータートルネック×ネイビーコート×ネイビーパンツ

コート・ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年

金ボタンが印象的なノーカラーコートを主役に、タートルニット、ワイドパンツ、そしてストールとネイビーで統一。制服的な要素がどうしても強くなるベーシックカラーのワントーンは、色の調子をくずさずに、まじめな印象を壊す工夫を。たとえば、濃淡プリントのネイビーストールをさらりと肩がけしたら、リュクスなこなれ感が加わって、大人のトラッドになります。

【6】グレータートルネック×グレースカート

ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)、スカート・ニット(ピーチ〈ラスパイユ〉)、サングラス(アイヴァン7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)、スカート・ニット(ピーチ〈ラスパイユ〉)、サングラス(アイヴァン7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

端正な黒のスエードブーツで、グレーニットのセットアップに優しげなメリハリを。タイトスカートとロングブーツですっきりとしたラインがかないます。

【7】グレータートルネック×白スカート

ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ひんやりと冷たい風が吹き始めたら、ウールダブルフェースのスカートで、温もり感のある装いに。ミディ丈のAラインスカートに合わせるべきは、人気再燃中の端正なフォルム&ナチュラルな艶が美しい乗馬ブーツ。こっくりとしたコニャック色が、秋のトラッドスタイルに奥行きをもたらします。

【8】グレータートルネック×スカーフ

カシミアニット (ADORE)、ピアス (エスケーパーズ〈モダン ウィーヴィング〉)、バッグ (ジャンニ キアリーニ 銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤニット (ADORE)、ピアス (エスケーパーズ〈モダン ウィーヴィング〉)、バッグ (ジャンニ キアリーニ 銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

襟ぐりが程よくゆったりしたタートルニットを選んで、首元に差し込むようにあしらった小ぶりのスカーフ。茶系のニットと相性のいいブルーやオレンジ、赤をのぞかせて、秋らしいシックな華やぎを。バッグの色をスカーフの柄で使われているネイビーに合わせて、すっきり仕上げて。

【9】キャメルタートルネック×グレーパンツ

ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ふんわりとしたカシミヤのニットとウールパンツのベーシックスタイルこそ、シック配色でセンスよく。重心を軽やかに見せる白スニーカーは、履き口にあしらわれたキャメルのレザーがポイントに。

【10】グレータートルニット×ネイビージレ×グレーパンツ

ニット(VINCE 表参道店)、ジレ(ADORE)、パンツ(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ハイブリッジ ショーケース 六本木店〈Amb〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年
ニット(VINCE 表参道店)、ジレ(ADORE)、パンツ(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ハイブリッジ ショーケース 六本木店〈Amb〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ゆるやかな着心地のグレージュのカシミヤタートルニットに、カシミヤファーを前身ごろに用いたミディアムグレーのロングジレを重ねて。後ろ身ごろはグレージュのウール混地だから、自然になじむうえ、すっきりとしたたたずまいに。

タートルネックをインナーに着たコーデ


【1】黒タートルネック×黒カーディガン×白シャツ×グレーパンツ

ニット・カーディガン・シャツ・パンツ・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット・カーディガン・シャツ・パンツ・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ボディに程よくフィットし、高めのネックはふたつ折りしてもスマートな黒タートルに、白シャツをレイヤードした上半身は、キャサリンのアイコンスタイルとも言える組み合わせ。カーディガンにはそでを通さず、無造作に肩に引っかけるのが気分。ワイドパンツに太ヒールのブーツを合わせて、颯爽とスタイリッシュに。

【2】グレータートルネック×白ワンピース

ワンピース・ニット(ブラミンク)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ワンピース・ニット(ブラミンク)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年

オーバーサイズのワンピース×薄手タートルニットとのレイヤードに、ストールや帽子まで、白に近いバニラホワイトで統一。引き締め役として投入したグレージュ色は、靴とバッグで上下に分散。上品なホワイトトーンの一体感がくずれることなく、旬のカジュアル感が加わります。

【3】白タートルネック×ブラウンカーディガン×カーキベスト×ベージュパンツ

ベルト付きカーディガン・ベスト・ニット・パンツ・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ベルト付きカーディガン・ベスト・ニット・パンツ・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

タートルニット×ダブルジップのダウンベストといった完成されたカジュアルに、さらに上からマルサラブラウンのロングカーディガンをふんわりはおって。これぞ冬レイヤードの楽しさ全開! バッグや靴にいたるまで、ニュアンスあるブラウンの濃淡を、ていねいに重ねた着こなしで、冬カジュアルを満喫したい。

【4】グレータートルネック×カーキニット×黒スカート

ニット/Precious創刊15周年記念コラボ商品・中に着たノースリーブのラメ入りタートルニット・スカート・靴( ブルネロクチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ニット/Precious創刊15周年記念コラボ商品・中に着たノースリーブのラメ入りタートルニット・スカート・靴( ブルネロクチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

深くて広いニットのVネックラインは、下にタートルニットやシャツを重ねやすいデザインなので、レイヤードスタイルにも重宝。ニットインで着こなして、ボトムにシースルーシフォンのフレアスカートを合わせると、品よくドラマティックな印象になります。

関連記事