2019年12月8日(日)に、高級食パン専門店「やさしく無理して」が静岡県静岡市にオープンします。

ベーカリープロデューサーである岸本拓也氏がプロデュースした、ちょっと変わった店名は「無理してでも食べたくなる、とろけるようなおいしさの食パン」をイメージしたネーミングなんだそう。

パン_1,手土産_1
カリスマベーカリープロデューサーの岸本拓也氏

岸本氏は連日行列ができ、テレビなどでも取り上げられる「考えた人すごいわ」「ねえぇほっとけないよ」などの高級食パン専門店を手掛ける、カリスマベーカリープロデューサーです。

パン_2,手土産_2
店舗外観

静岡市葵区近隣のファミリー層に向けて、一度食べればわかる、“無理してでも食べ続けたくなってしまう食パン”を販売するそうですよ。

販売する食パンは2種類のみ!

厳選した小麦粉を独自の方法で精製し、オリジナルの製法で絹のような白くきめ細かい生地をつくっている「やさしく無理して」の食パン。耳までやわらかで「ふんわり×くちどけのよさ」という、今までになかった食パンを体感できます! 

■1:「ソフトリー」で極限の柔らかさを体験!

パン_3,手土産_3
「ソフトリー」2斤¥800

耳が薄くしっとりふわふわで、文字通り「ソフトリー」なプレーン食パン。小麦粉以外にも生クリーム、バター、蜂蜜なども国産にこだわってつくっています。2斤の大きさの食パンをそのまま手でちぎって食べられるほどの柔らかさは衝撃的!

口に入れると、深みある香りとコクのある甘さがふわっと広がる「ソフトリー」。素材にこだわった生地は、耳までふんわりやわらかな食感で、絹のような口溶けと豊潤な味わいを楽しめます。2斤での販売。

 ■2:サンマスカットレーズンを贅沢に練りこんだ「フルーティー」

パン_4,手土産_4
「フルーティー」2斤¥980

ミルキーなコクとほんのり甘みのある生地に、甘酸っぱいサンマスカットレーズンがふんだんに練りこまれているレーズン食パン「フルーティー」。オーストラリア産の芳醇な香りのサンマスカットレーズンを使用していて、みずみずしい食感を味わえます。

朝食やおやつの他に、お土産にもぴったりのデザート食パンになっていますよ。こちらも2斤での販売です。

保存は冷凍で

パン_5,手土産_5
こころゆくまでふんわり感を楽しんで

どちらの食パンも、購入当日はトーストせずに、そのまま生で食べるのがおすすめ。ぜいたくにちぎって、食パンとは思えない耳の薄さと、ふわふわ感、やさしい食感を楽しみましょう。

翌日以降はやや厚めの25㎜程度にスライス。ほんのりきつね色になるまでトーストしてカリッとさせると、新たな味わいが登場! まるでクロワッサンのようなサクサク感が楽しめます。お好みでオリーブオイル&塩や蜂蜜&塩など、シンプルなトッピングをするだけで、極上の朝食になります。

パン_6,手土産_6
「やさしく無理して」のユニフォームとパンの袋。デザイン性のある内袋と紙袋は手土産にもぴったり

残った場合は、厚めにスライスして1枚ずつラップで包んでから、冷凍保存専用袋に入れ、冷凍するとおいしさを保てます。食べるときは、ラップを取って凍ったまま、予熱したトースターに入れ、表面が小麦色になるまで焼けばOK!


やさしいふんわり感と裏腹に、無理してでも食べ続けたくなってしまう「やさしく無理して」の食パン。こんな食パンがあったら、朝から気分が上がること間違いありません! ぜひ、味わってみてくださいね。2019年12月8日(日)はオープン記念で、先着100名様にパンナイフがプレゼントされます。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: