髪の毛の長さごとに、愛されヘアと華やかアレンジ方法をまとめました。可愛いだけでなく、大人のお悩みもカバーする洗練された髪型ばかりなので、愛され系を気にしない方でも参考になること間違いなしです。

【目次】

ロングの愛されヘア&モテるヘアアレンジ


若々しい印象の「S字カールパーマヘア」

顔まわりのゆるっとカールで華やかさ、色気も手に入る!ロングならではのアンニュイパーマ
顔まわりのゆるっとカールで華やかさ、色気も手に入る!ロングならではのアンニュイパーマ

「毛束を巻きつけてウェーブを作るパーマではなく、それぞれの段にS字カールをつけてウェーブっぽく見せたパーマスタイル。髪の表面、中段、下段に分け、それぞれにS字カールをつけると、S字カールが上中下と重なり、ウェーブっぽい質感に仕上がるんです」(MAGNOLiA Aoyama店のデザイナー・CHINATSUさん)

『巻きました感』のない自然なニュアンスが魅力的なS字カールのパーマヘア。ナチュラルなボリューム感で面長顔をカバーしつつ、今っぽいこなれた印象になれるのも魅力です。これはぜひ真似したい!

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「ベースは毛先にウエイトを持たせた重めのロング。毛先が軽いとダメージが目立ちやすく、パーマをかけても美しいカールに見えません。毎日コテで巻いているという方や、ストレートに飽きたという方にチャレンジしていただきたいですね」(CHINATSUさん)

古臭いウェーブパーマは老け見えに!若々しい印象を叶える「S字カール」のパーマヘアとは?

美人度が上がる「柔やか内巻きヘア」

細い毛束がふわっと動く、柔らかい印象の内巻きスタイル
細い毛束がふわっと動く、柔らかい印象の内巻きスタイル

毛先と表面の毛束に動きをつけた、ラフな印象の巻き髪スタイル。ウェーブをつけるように巻いてしまうと古臭い印象になってしまうので、毛先はワンカール、表面の細い毛束を数カ所だけ巻いています」(ABBEYスタイリスト・小口瑛李奈さん)

この巻き方は、輪郭や頭の型をカバーすることも可能なのだそう。

「髪の表面を巻くことで、トップ、サイド、顔まわりに動きが出ます。毛束がふんわりと動くことで輪郭が強調されにくくなる効果が。頭の型も綺麗に見えるのでハチ張り、絶壁の方にもオススメです」(小口さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「ベースはワンレングス。表面を巻いた時にしっかりと動きが出るよう、表面に少しだけレイヤーを入れています。レイヤーを入れることで、トップをボリューミーに見せる効果もあります」(小口さん)

「縦巻き」をやめるだけで若返る!老け見えしないロングヘアの巻き方2ステップ

若見え小顔も叶う「ふんわりひし形ヘア」

顔周りのボリュームで華やぎエレガントを実現
顔周りのボリュームで華やぎエレガントを実現
左:サイド、右:バック
左:サイド、右:バック

【How to style】

「根元がつぶれやすいロングは、セット力のあるカールアイロンでゆるいカールをつけることが、ひし形ふんわりヘアへの近道に。面長の場合は、アイロンの側面を使ってサイドの根元に立ち上がりをつけたあと、毛先から根元までしっかり巻き込んで大きめのカールを。前髪のみ斜め下に引っ張って外巻きにすると、耳横にボリュームのある横長のひし形シルエットが完成します」(美容室Belle・堀之内大介さん)

面長さんは「ひし形ふんわりロングヘア」にするだけで若返って見える!

老け見えしない「ひとつ結びアレンジ」

ルーズすぎない絶妙な「ゆるっと感」。色っぽさと優雅な印象を併せ持つ、大人のひとつ結び
ルーズすぎない絶妙な「ゆるっと感」。色っぽさと優雅な印象を併せ持つ、大人のひとつ結び
サイド
サイド
バック
バック

【How to アレンジ】

アレンジ前
アレンジ前
1: 1対2で髪を分ける
左右どちらが多くてもOK。アシンメトリーに分ける。
左右どちらが多くてもOK。アシンメトリーに分ける。
2: ハチ上の毛束を左右に分けてねじり、ねじった毛束をツイストさせる
ハチ上の毛束を2つに分けてねじる。ねじったら双方の毛束をツイストしながら編んでいく。1で分けた毛束、左右ともねじってツイストさせたらゴムでひとつ結びにする。
ハチ上の毛束を2つに分けてねじる。ねじったら双方の毛束をツイストしながら編んでいく。1で分けた毛束、左右ともねじってツイストさせたらゴムでひとつ結びにする。
3:ねじった毛束をつまんで崩す
爪で少しだけつまみ、細かく引き出す。片手でゴムの結び目を抑えるとやりやすい。
爪で少しだけつまみ、細かく引き出す。片手でゴムの結び目を抑えるとやりやすい。
4:ゴムを隠すように毛束を巻きつける
ひとつ結びにした毛束から少しだけ髪をとり、ゴムに巻きつける。巻きつけたらピンで留める。
ひとつ結びにした毛束から少しだけ髪をとり、ゴムに巻きつける。巻きつけたらピンで留める。
5: こめかみの後れ毛を細く出す
こめかみを細くとって引き出す。
こめかみを細くとって引き出す。
6:耳後ろの後れ毛も引き出す
こめかみよりも少し太めの毛束を引き出す。
こめかみよりも少し太めの毛束を引き出す。

ロングヘアの簡単ひとつ結び|老け見えしない後れ毛の出し方とは?

ミディアムの愛されヘア&モテるヘアアレンジ


顔周りのカールが可愛らしい「ボリューミーヘア」

うねって広がる髪を落ち着かせ、薄毛カバー効果も
うねって広がる髪を落ち着かせ、薄毛カバー効果も

一定の方向ではなく、あちこちの方向にカールしていると髪が広がって見えるもの。「髪がやわらかく、クセのある髪質だからこそできるスタイルがあります。それは指でクルクルねじる巻き髪。指で巻くと毛束感も出るので、髪の横への広がりも抑えられます」(Rougyヘアデザイナー・二階堂雪さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「顔周りからサイドはハサミでレイヤーを入れて、広がりを抑えるようにカットしています。後頭部には、髪の重みで広がりを抑えられるように、レイヤーを入れていません。レイヤーを入れて顔の周りを軽くするだけで、フェイスラインが引き締まって見えるため、小顔効果も狙えます」(二階堂さん)

【薄毛&髪が広がる女性必見】薄毛に見せないコツは、前髪の乾かし方にあった!

長め前髪で若返る「大人のミディアムヘア」

長め前髪とゆるやかなウェーブがマッチ。ほんのり色気のある上品なミディアムヘア
長め前髪とゆるやかなウェーブがマッチ。ほんのり色気のある上品なミディアムヘア

「優雅な印象や大人の色気を表現しやすいのが長め前髪の特長です。外巻きにして肌を見せると、若々しさ、活発なイメージにも繋がります。頰に前髪がかかることで小顔効果も!」(Joemi by Un amiトップスタイリスト・赤井希望さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「癖毛でうねる髪質なので、広がりすぎないようにトップは重めにカットしています。毛量が多いと、野暮ったく見えやすいので、軽さや動きが出るように毛先にだけレイヤーを。まとまりやすいけど、重すぎない、大人のレイヤースタイルに仕上げました」(赤井さん)

若返りの秘訣は「長め前髪」。老け顔に見えない大人のミディアムヘア

上品セクシーの「立ち上げワンレングス」

大人のエレガントさが宿る洗練ヘア
大人のエレガントさが宿る洗練ヘア

「毛先を内巻きにするだけでなく、前髪だけ縦にリバース巻きすると大人のエレガントさが生まれます。このちょっとした巻きを加えるだけで、顔が小さく見える効果もあるんですよ」(air-GINZA店長・長門政和さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「もともと彼女の髪質はトップにボリュームをつくるのが難しいんです。ベースはワンレンですが、トップが立ち上がりやすいようにレイヤーを入れています。ミディアムからロングの丈になると、カットの回数を減らす方が多いですよね。長さを整えて手入れすることで、貧相に見えないベストバランスが保てます。長さは重要なんですよ」(長門さん)

貧相に見えない、40代にふさわしいミディアムヘアの長さとは?

上品さと色気を併せ持つ「くるりんぱアレンジ」

セットした髪に差し込むだけでアレンジ上級者になれる「コーム」がオススメ。
セットした髪に差し込むだけでアレンジ上級者になれる「コーム」がオススメ。
サイド
サイド
バック
バック

【How to アレンジ】

アレンジ前
アレンジ前
1:耳上ラインの髪をひとつにまとめてゴムで結ぶ
耳上の髪を手ぐしで集めて耳の中間くらいの高さで結ぶ。
耳上の髪を手ぐしで集めて耳の中間くらいの高さで結ぶ。
2: 結んだ毛束に穴を開けて毛先を通す
結んだ毛束を穴に通してくるりんぱする。
結んだ毛束を穴に通してくるりんぱする。
3: ゴムを持ちながらトップの毛束を引き出す
結んだ箇所を抑えながらトップの毛束を引き出す。中央付近の毛束を2〜3箇所引き出して。
結んだ箇所を抑えながらトップの毛束を引き出す。中央付近の毛束を2〜3箇所引き出して。
4: 残りの髪をひとつ結びにして、2と同様にくるりんぱする
くるりんぱした上の毛束を留めておくとやりやすい。結んだら、中央に穴を開けて毛先をくるりんぱして。
くるりんぱした上の毛束を留めておくとやりやすい。結んだら、中央に穴を開けて毛先をくるりんぱして。
5:くるりんぱした耳下の毛束の穴に、上の毛束の毛先を入れる
下のくるりんぱの穴に下から指を通して、上の毛束を掴むとやりやすい。
下のくるりんぱの穴に下から指を通して、上の毛束を掴むとやりやすい。
6:上の毛束と下の毛束の毛先をまとめてゴムで結ぶ
上下の毛束がバラつかないように結んで。
上下の毛束がバラつかないように結んで。
7:結んだ毛先を上のくるりんぱの穴に収める
上のくるりんぱの穴に入れてお団子にする
上のくるりんぱの穴に入れてお団子にする
8:収めた毛先をピンで留める
うまくまとまらない場合はピンで数カ所留めても◎。お団子になるよう固定する。
うまくまとまらない場合はピンで数カ所留めても◎。お団子になるよう固定する。
9:最後にコームを上から差し込む
お団子の上から根元に向けてコームを差し込めば完成。
お団子の上から根元に向けてコームを差し込めば完成。

お団子にコームを差し込むだけ。上品さと色気を併せ持つ、簡単くるりんぱアレンジ

ショートの愛されヘア&モテるヘアアレンジ


ラフなのにこなれる「長め前髪ショートボブヘア」

ツヤと束感でこなれ感アップ!決めすぎないラフさも魅力
ツヤと束感でこなれ感アップ!決めすぎないラフさも魅力

「輪郭の角を目立たせないためには、毛先の角度を顎ラインに沿うようにカットすることが大切。顎ラインの延長線上に毛先のラインを合わせることで、輪郭の角がなじみ、ベース型を卵型に見せることができるんです」(GARDEN omotesandoマネージャー・高橋俊友さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「ワンレンベースのグラデーションボブ。分け目を起点に表面にだけレイヤーを入れつつ、毛先に向けてブラデーションを。すると、毛先に丸みが生まれ、収まりのいいスタイルになります」(高橋さん)

長め前髪で骨格矯正!ベース型が理想の卵型になる「ニュアンスボブ」

毛先を遊ばせた「くびれショートヘア」

襟足にくびれを作ってスタイルにメリハリをつけた小顔見せヘア
襟足にくびれを作ってスタイルにメリハリをつけた小顔見せヘア

「分け目を作らず、生えぎわを覆うこのスタイルなら、白髪が目立ちにくいメリットもあります」(sui ヘアデザイナー・中村育美さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

トップにボリュームをつくるために、「トップにレイヤーを入れ、立ち上がりやすくしています。レイヤーを入れすぎると、まとまりにくくなるので加減が必要です」(中村さん)

白髪カバーと小顔見せが同時に叶う!毛先を遊ばせた「くびれショートヘア」

シャープな輪郭がやさしい印象になる「前下がりショート」

襟足をタイトに収めると頭頂部に丸みが生まれ、頭の型が綺麗に見える効果も
襟足をタイトに収めると頭頂部に丸みが生まれ、頭の型が綺麗に見える効果も

「スタイリングで大切なのは、トップのボリューム感と、顔まわりでふんわり動く毛束を作ること。頭頂部に高さを作りながらサイドに動きをつけて全体のシルエットに丸みをつける。するとシャープな印象から柔らかい女性らしい印象になります」(ZACC raffineスタイリスト・伊藤塁さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「前下がりのベースにレイヤーを入れて、巻いた時に軽い印象になるよう仕上げています。リバース巻きにすることで、前下がりの毛流れの中に後頭部へ流れる毛束が混ざり、全体的に立体感が。360度どこから見ても美しいシルエットになります」(伊藤さん)

逆三角顔必見!シャープな輪郭がやさしい印象になる「前下がりショート」

コテで巻くショートヘアの「エレガントアレンジ」

ペタ髪に自然なボリューム感が!ニュアンスの効いたエレガントショート
ペタ髪に自然なボリューム感が!ニュアンスの効いたエレガントショート
サイド
サイド
バック
バック

【How to アレンジ】

アレンジ前
アレンジ前
1: ハチ上をダッカールで止めて髪の内側の毛先をすべて外ハネにする
コテは26mmを使用。毛束をランダムにとってワンカールする。
コテは26mmを使用。毛束をランダムにとってワンカールする。
2: つむじ前のトップの毛束をフロントに巻く
毛束をとって毛先から根元まで巻き込む。
毛束をとって毛先から根元まで巻き込む。
3: つむじ後ろの毛束も巻く
つむじ後ろの毛束も毛先から根元までしっかりと巻き込む。フロントではなく、後頭部の方へ巻くのがポイント。
つむじ後ろの毛束も毛先から根元までしっかりと巻き込む。フロントではなく、後頭部の方へ巻くのがポイント。
4:前髪を巻いて完成
前髪も毛先から根元まで巻き込み、ふわっとさせれば完成。
前髪も毛先から根元まで巻き込み、ふわっとさせれば完成。

老け見えしない!コテで巻くショートヘアの正解アレンジ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。