普通にまとめるだけだと引っ詰めた感じになり、ペタッとボリュームダウンしてしまうポニーテール。とくに丸顔さんは、縦にボリュームを出すことで輪郭カバー効果が得られます。

そこで、PearLの代表 MATSUさんが教えてくれるのは、ひと手間でふんわりボリュームが出せるポニーテールの作り方です。

「40代のひとつ結びは、きっちりまとめると老けた印象になってしまうので、ふんわりとしたボリュームを出すことが大切です。手軽にボリュームを出すには、一度ハーフアップを作っておくのがオススメ。自然とボリュームが出せるうえ、ふんわり感がキープできますよ」(MATSUさん)

また、下準備として軽めのジェルタイプのスタイリング剤を、根元からしっかりなじませておくことも重要なのだそう。「スタイリング剤をなじませておくだけで、自然な束感やニュアンスが出ますし、くずれにくさもアップします。適度なツヤと立体感が出せるタイプを選ぶのが、大人の女性にはおすすめです」(MATSUさん)

それでは簡単ひと手間でボリュームのあるポニーテールを作る方法をご覧ください。

ハーフアップを仕込むだけ!ふんわりボリュームのあるひとつ結びで、ナチュラル×ドレッシーに

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

宇野泰子さん(38歳/会社員)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ(細→太)★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

MATSUさんが提案してくれたのは、ハーフアップを仕込んで作るひとつ結び。

「2回に分けて結ぶことで、トップが自然とボリュームアップできます。スタイリング剤をオールバックになじませてから、ハチ上の髪をハーフアップにすると、ふんわり感が出せますよ」(MATSUさん)

アレンジ前
アレンジ前

■1:スタイリング剤を全体になじませる

グロスジェルタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、オールバックになるように手グシで根元からなじませる。
グロスジェルタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、オールバックになるように手グシで根元からなじませる。

■2:ハチ上の髪をハーフアップに

ハチ上の髪をゆるくまとめ、ハーフアップにする。
ハチ上の髪をゆるくまとめ、ハーフアップにする。

■3:ひとつにまとめて結ぶ

ハーフアップにした髪と、残りの髪をまとめてひとつに結ぶ。
ハーフアップにした髪と、残りの髪をまとめてひとつに結ぶ。

■4:結び目に毛束を巻きつけて留める

ひとつに結んだ髪から細く毛束を取り、ゴムの上に巻きつけてピンで留める。
ひとつに結んだ髪から細く毛束を取り、ゴムの上に巻きつけてピンで留める。

■5:トップを引き出して整える

トップの毛束を少しずつ引き出し、ふんわりボリュームを出して整える。
トップの毛束を少しずつ引き出し、ふんわりボリュームを出して整える。

「ジェルタイプのスタイリング剤をなじませておくことで、潤いとツヤが出るので40代の方にはオススメです。少しサイドに寄せて結ぶと、よりドレッシーな雰囲気に仕上がります」(MATSUさん)

代官山の美容室・PearLの代表 MATSUさん。サロン営業のあとは、スタッフとごはんを食べることが多いそう。「恵比寿の焼き鳥屋さんなら、全部行った自信があります!おすすめのお店をご紹介しますので、ぜひ聞いてください」
代官山の美容室・PearLの代表 MATSUさん。サロン営業のあとは、スタッフとごはんを食べることが多いそう。「恵比寿の焼き鳥屋さんなら、全部行った自信があります!おすすめのお店をご紹介しますので、ぜひ聞いてください」

問い合わせ先

PearL
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-32-3 トラッドゴード代官山C
TEL:03-6455-3038
営業時間:月・火・木11:00~21:00 金13:00~22:00 土10:00~20:00 日・祝10:00~19:00
定休日:水曜、第1・3火曜

1粒のパールのように、どんなシーンでも気分を上げてくれる、特別で心地の良いデザインを提案するサロン。

 

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
高嶋佳代
EDIT&WRITING :
山本二季
DIRECTION :
青木 笑